2019年09月20日

2019.09.19 巨人1-2DeNA 09.20 巨人9-4DeNA

19日 6回、坂本のホームランで巨人が先制。しかしその裏、福田のタイムリーで中日が同点に。そして8回、再び福田のタイムリーで中日が勝ち越し。このリードを守った中日が勝利。巨人は3試合連続1点どまりで3連敗。

20日 初回、坂本の2ランホームランで巨人が先制。しかしその裏、ロペスのタイムリーと押し出し四球でDeNAがすぐに同点とする。巨人は2回、亀井のタイムリーで勝ち越すと、3回には大城のホームランで1点、6回には重信のホームランで1点、7回には岡本のタイムリーと阿部の犠牲フライで2点を追加し、5点差とする。DeNAはその裏、大和の2点タイムリーで3点差とし、さらに満塁のチャンスを迎えるが、ここは巨人が凌ぐ。すると9回、坂本、岡本のホームランで巨人がダメ押しの2点を追加。巨人が勝利し、優勝へのマジックをついに2とした。

先発は2試合とも試合を作った。メルセデスは勝てなかったが6回1失点と好投したし、山口は自分が移籍した際の人的補償である平良と投げ合ったが7回途中まで投げた。山口はこれで15勝目となり、勝ち星、勝率、奪三振の3項目で単独トップに。最多勝と最高勝率のタイトルはほぼ確実となった。

打線は3試合連続1点の大不振から今日は5ホームラン。もうちょっと安定して打ってほしいが、大事な今日打ったので良しとしよう。

これでマジック2。明日、DeNAに勝てばその瞬間に優勝が決まる。その明日の先発は巨人が戸郷、DeNAが上茶谷。優勝が懸かった一戦、先発に選ばれたのはなんとドラフト6位の高卒ルーキー、戸郷。高卒ながらすでに二軍では11試合で投げており、防御率3.00とまずまずの成績を残している。本人もまさかこんな場面で大役が回ってくると思っていなかっただろうが、こうなったからには自分が決めてやるくらいの気持ちで最初から全力で行けるところまで行ってほしい。対する上茶谷とは今季2度目の対戦。前回の対戦は5回3失点で勝ち負けつかず。試合はDeNAが逆転勝ちしている。ルーキー対決となったが、打線は戸郷を援護してあげてほしい。そして優勝を決めてほしい。

posted by K at 22:58 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和元年秋場所 13日目○妙義龍

13日目 ○御嶽海(押し出し)妙義龍●

立ち合いからお互いに突き合う展開に。御嶽海は妙義龍を中に入れないように激しく突っ張る。思わず妙義龍が引き、そこを一気に出た御嶽海が押し出し。御嶽海も土俵に倒れ込んだため、同体ではないかと物言いがついたが、妙義龍の足が先に出ており、軍配通り御嶽海の勝ち。御嶽海は優勝した昨年名古屋場所以来の10勝目を挙げ、優勝争いでも再び先頭に並んだ。

3連敗中と嫌な相手ではあったが、攻めの姿勢を貫いた。相手が引いたところで前に出て、前傾になりすぎてしまったために落ちてしまったが、前に出る圧力が強かったぶん、相手が先に土俵を割った。強気に攻めたのが良い結果を生んだ。

これでついに10勝目。この数場所ずっと目標にしていた数字にようやく到達した。まずは良かった。これで大関挑戦の足掛かりを作った。しかし、大関昇進の目安は3場所で33勝。つまり1場所当たり11勝が必要となる。この場所を起点とするならば、1つでも多く白星を積み上げておきたい。

明日の相手は大関・豪栄道。過去の対戦は6勝9敗(うち不戦勝が1つ)で、直近の対戦である夏場所は寄り切りで豪栄道が勝利している。今場所かど番だった豪栄道は12日目にかど番を脱出。今日は貴景勝を破って4敗を維持し、優勝争いに復活してきた。自力優勝はないものの、3年ぶりの優勝に向けて気迫十分で来るものと思われる。御嶽海は昨日、今日と立ち合いから良い流れを作れている。明日も立ち合いで勝って、突き放すかもろ差しの形になりたい。

過去の対戦 ※直近10戦
29秋 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
29九 ○御嶽海(叩き込み)豪栄道●
30初 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
30春 ○御嶽海(浴びせ倒し)豪栄道●
30名 ○御嶽海(送り出し)豪栄道●
30秋 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
30九 □御嶽海(不戦)豪栄道■
31初 ○御嶽海(掬い投げ)豪栄道●
31春 ●御嶽海(送り出し)豪栄道○
元夏 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○


上記のとおり豪栄道が貴景勝を破ったため、唯一2敗だった貴景勝が3敗に後退。御嶽海、隠岐の海、剣翔と並んだ。4敗で豪栄道、朝乃山、宝富士、明生、豊山の5人が追っている。この9人には全員にチャンスがある。誰が勝ってもおかしくない。ちなみに明日は3敗同士、4敗同士の対戦はない(3敗御嶽海と4敗豪栄道の対戦はある)ため、14日目終了時点で9人が並ぶ可能性すらある。誰にも読めない優勝争いを誰が制するのか。


3敗・4敗力士の明日の取組

御嶽海(3敗)ー豪栄道(4敗)
貴景勝(3敗)ー妙義龍
隠岐の海(3敗)ー遠藤
剣翔(3敗)ー琴勇輝

朝乃山(4敗)ー友風
宝富士(4敗)ー阿炎
明生(4敗)ー大栄翔
豊山(4敗)ー阿武咲

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:56 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和元年秋場所 12日目○栃ノ心

12日目 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●

立ち合いが2度合わず、3度目の立ち合い。当たりは互角だったが、すぐに御嶽海が左を差す。栃ノ心にまわしを与えずに一気に寄っていき、最後はもろ差しの形になって寄り切り。御嶽海は9勝目で、7場所ぶりの2ケタ勝利に王手をかけた。

もっと突き放す形になるかと思っていたので差した形になったのは意外だったが、立ち合いの当たりもその後の攻めの速さも素晴らしかった。立ち合いが合わなかったことで不安もあったが、成立した立ち合いはバッチリだった。

これで10勝に王手。あと3日で1つ勝てばようやく2ケタ勝利に手が届く。残りの相手は、明日は妙義龍と発表されており、まだ豪栄道、遠藤との対戦がないので残り2日はその2人だろう。14日目が豪栄道、千秋楽が遠藤になると思われる。

ということで、明日の相手は妙義龍。過去の対戦は2勝3敗で、実は妙義龍が3連勝中。直近の対戦である春場所は寄り切りで敗れた。今場所西6枚目の妙義龍は、7日目の隠岐の海戦で肉離れとなり、中日から休場。その後11日目から再出場しており、ここまで6勝4敗2休。3連敗中ということで、平幕の中でも嫌な相手と組まれたが、10勝を決めるならば明日だと思う。明日負けると残り2人が大関・小結ということで変にプレッシャーがかかる。明日決めたい。

過去の対戦
28春 ○御嶽海(寄り切り)妙義龍●
30秋 ○御嶽海(押し出し)妙義龍●
30九 ●御嶽海(寄り切り)妙義龍○
31初 ●御嶽海(押し出し)妙義龍○
31春 ●御嶽海(寄り切り)妙義龍○


優勝争いは、2敗だった明生が3敗の隠岐の海に敗れて後退。もう1人の2敗である貴景勝はあっさり勝利し2敗をキープ。そしてこれで10勝目となり、来場所の大関復帰を決めた。貴景勝が単独トップ、3敗で御嶽海、隠岐の海、明生、そして宝富士と剣翔の5人が追う。番付、そして内容を見ても、貴景勝が絶対的に有利なのは間違いない。大関復帰を決めたのが、プレッシャーから解放されてさらに強くなるのか、気が抜けすぎて弱くなるかで変わってくるが、大事なのは明日の豪栄道戦だろう。貴景勝が勝てば優勝をぐっと引き寄せるが、豪栄道が勝つと4敗にもチャンスが出てくる。豪栄道自身も4敗で、明日勝たなければ優勝が完全になくなる。今場所を大きく左右する一番になるだろう。また、今日御嶽海に敗れた栃ノ心は7敗目となり、勝ち越しに向けて後がなくなった。残り3日間で3連勝しない限り、来場所は関脇転落となる。まだ豪栄道戦も残っている中で大逆転を起こせるか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 01:27 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

AKB48「サステナブル」初日売り上げは133.8万枚

9月17日付のオリコンデイリーシングルランキングが発表され、AKB48のニューシングル「サステナブル」が1位に初登場。初日の売り上げは133.8万枚だった。

オリコンのページ
https://www.oricon.co.jp/rank/js/d/2019-09-17/

初日ミリオンは9作連続で、37作連続38作目のミリオン。初日売り上げの133.8万枚は、前作「ジワるDAYS」の初日119.0万枚から大幅増。昨年同時期のシングル「センチメンタルトレイン」の初日139.4万枚からは少し下がっている。AKBは今年に入り、NGTの件は言うまでもなく、『AKB48 SHOW!』や『AKBINGO!』の終了など、あまり良い話題がなく、総選挙もなかったためシングルも半年ぶりとなる。ただ売り上げに関しては久々なのがむしろプラスに働いたか。

初週売り上げは多くても140万枚ほどになると思われる。

posted by K at 01:05 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和元年秋場所 11日目●竜電

11日目 ●御嶽海(押し出し)竜電○

立ち合いは互角。差そうとする竜電に対し、御嶽海は突き放す。徐々に御嶽海が押し込んでいくが、竜電は下からあてがいながら耐え、隙をついて右を入れ、抱え込むような形になる。御嶽海は離れようとするが、そこを攻めた竜電が押し出し。御嶽海は3敗目となり、優勝争いから一歩後退した。

一気に押し切ることができない中で、それでも攻める姿勢は良かった。ただ、背の高い竜電のほうが下から手が出ていて、それが押し切れない原因にもなったし、最後に中に入られてしまう原因にもなった。御嶽海は下からの突き押しが持ち味なので、それをもっと徹底しなければいけないということだろう。

明日の相手は大関・栃ノ心。過去の対戦は3勝8敗で、栃ノ心が3連勝中。直近の対戦である夏場所では寄り切りで敗れている。その夏場所で10勝を挙げて大関に復帰した栃ノ心だが、先場所は1勝もできずに途中休場。かど番の今場所も連敗スタートとなり、ここまで5勝6敗。厳しい戦いが続いている。長いリーチでまわしを取られてしまうため御嶽海が苦手としている相手だが、今場所の状態であれば乗り越えなければいけない相手だと思う。まわしを取られたら終わりなのは今場所も変わらないので、立ち合いで勝って突き放し、一気に勝負を決めるくらいのつもりで行ってほしい。

過去の対戦 ※直近10戦
28名 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
29名 ●御嶽海(寄り倒し)栃ノ心○
29秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30初 ●御嶽海(吊り出し)栃ノ心○
30春 ●御嶽海(肩透かし)栃ノ心○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
30秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30九 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
31春 ●御嶽海(上手投げ)栃ノ心○
元夏 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○


2敗で5人が並んだ優勝争いは、御嶽海のほかに朝乃山と隠岐の海が敗れて3敗に後退。貴景勝と明生は勝利し、この2人がトップとなった。3敗の宝富士と剣翔はともに勝利し、3敗は5人。貴景勝は大関復帰となる10勝に王手をかけた。明日は過去負けたことのない妙義龍が相手。明日まず大関を決めて、そのまま優勝へと向かうか。
タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 00:27 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする