2018年10月14日

2018.10.14 CS1stステージ第2戦 巨人4-0ヤクルト

2回、長野のホームランで巨人が先制。4回には、マギーのホームラン、亀井の2ランホームランが出て3点を追加する。早い段階で4点の援護をもらった菅野は6回まで1人のランナーも出さないパーフェクトピッチング。7回2アウトから、21人目のバッターである山田に四球を与えパーフェクトは途切れるが、後続のバレンティンを三振にとると、続く8回は三者凡退。そして9回、28人目のバッター坂口をセンターフライに打ち取りゲームセット。菅野がノーヒットノーランを達成し、巨人が2連勝でファイナルステージ進出を決めた。

先発の菅野は9回無失点、無安打。菅野自身にとって初、そしてCSでも史上初のノーヒットノーランを達成した。なお、実は日本シリーズでもノーヒットノーランを達成した投手はおらず(継投ならいる)、ポストシーズンで初めてノーヒットノーランを達成した投手となった。シーズン終盤の神がかり的なピッチングから、完投、完封は期待していたが、まさかシーズンでもやったことなかったノーヒットノーランをここでやるとは。本当にとんでもない投手だ。

打線はホームラン攻勢。長野、マギー、亀井が一発を打った。試合の前半でリードを奪えたことで、菅野も楽になったのではないかと思う。心配な点としては、岡本、阿部がまだヒットを打っていないところか。岡本は打点はついているし、阿部は経験豊富なので大丈夫だと思いたいが、ファイナルステージでは早い段階で1本打っておきたい。

投打がかみ合い、いい形でファイナルステージ進出となった。ファイナルステージは相性が絶望的に悪いマツダでの広島戦となるが、この勢いを止めないように進みたい。菅野を中4日で回すとしたら第3戦で先発することになるので、その前の2戦で1勝はしておきたい。初戦に投げるであろうメルセデスに期待。

posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

2018.10.13 CS1stステージ第1戦 巨人4-1ヤクルト

初回、岡本の犠牲フライで巨人が先制。2回、中村のタイムリーでヤクルトが同点とするが、直後の3回、坂本のホームランで巨人が再び勝ち越す。5回、ヤクルトが2アウト2塁のチャンスを作ったところで、巨人は先発の今村から上原にスイッチ。その上原が山田を抑えピンチをしのぐと、さらに6回も三者凡退で抑える。すると7回、陽、亀井のタイムリーで巨人が2点を追加。このリードを畠、山口俊のリレーで守り、1stステージ初戦を巨人が制し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。

先発の今村は5回途中1失点。まず、初戦に今村を抜擢したのに驚いたが、後半戦では菅野、メルセデスに次ぐ安定感を見せていたこと、4日前のシーズン最終戦にメルセデスが先発、菅野が抑えで登板したこと、相手の先発が巨人の天敵である小川であることなどを総合的に考えたうえで今村になったのだろう。今村の役割は試合を壊さないことだったと思うが、その役割は果たせたと思う。できれば5回を投げ切ってほしかったが、一応リードしたままで後につないだので最低限の仕事はできた。

今日はリリーフ陣が頑張った。特に見事だったのが今村の後を受けた上原。ピンチの場面で山田から三振を奪い、次のイニングではクリーンナップを三者凡退。これで流れを巨人に持ってきた。こういう大事な場面で実力を発揮するのがさすが百戦錬磨の上原だ。

打線は大量点とはならなかったが、今季0勝4敗、防御率1.53と完全に抑え込まれてきた小川から4点を奪った。まず勝ったというのが明日以降に弾みをつけられる。

最大3試合という短期決戦で初戦を取ったのは非常に大きい。しかも、菅野とメルセデスを残して、小川に勝ったというのがでかい。しかし明日負けると神宮での試合ということもあり、一気に流れが変わる。この勢いのまま、明日一気に決めたい。

明日の先発は巨人が菅野、ヤクルトが原。満を持して菅野が先発。今月4日の広島戦で完封、そこから中4日で1イニングリリーフ、さらに中4日で明日の先発となる。リリーフも1イニングなので、体力は問題ないだろう。今日リリーフをしっかり使ったので、上原も言っていたが1人で投げ切るつもりで行ってほしい。対するのは原。今季の対戦は1勝1敗、防御率3.13だが、直近の対戦である8月16日は完封された。簡単な相手ではない。今日のように少しずつでも点を取っていって、菅野を楽にしたいところだ。

posted by K at 22:10 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

NGT48「新章NGT48宣言!!〜世界の人よ、共に歌おう〜」まとめ

9月15日に日本武道館で行われた、「世界の人へ」のリリースイベント、「新章NGT48宣言!!〜世界の人よ、共に歌おう〜」のまとめ。


「新章NGT48宣言!!〜世界の人よ、共に歌おう〜」
出演メンバー:荻野由佳、柏木由紀、加藤美南、佐藤杏樹、清司麗菜、高倉萌香、橋真生、太野彩香、西潟茉莉奈、西村菜那子、山田野絵(以上チームN3)、小熊倫実、角ゆりあ、日下部愛菜、菅原りこ、中井りか、中村歩加、奈良未遥、長谷川玲奈、本間日陽、村雲颯香、山口真帆(以上チームG)、安藤千伽奈、佐藤海里、高橋七実、對馬優菜子、藤崎未夢、大塚七海、小越春花、川越紗彩、小見山沙空、曽我部優芽、高沢朋花、寺田陽菜、富永夢有、羽切瑠菜、古澤愛、古舘葵、真下華穂、三村妃乃、諸橋姫向、山崎美里衣、渡邉歩咲(以上研究生)


セットリスト

ライブパート
01.ナニカガイル
02.やさしさに甘えられない/チームN3
03.逆上がり/チームG
04.MaXとき315号
05.Soft Serve/新潟SHOWROOM選抜
06.泣きべそかくまで/にいがったフレンド!選抜
07.心に太陽/チームN3
08.カーテンの柄/チームG
09.今日は負けでもいい/研究生
10.青春時計
11.世界はどこまで青空なのか?
12.春はどこから来るのか?
13.世界の人へ

企画パート
『にいがったフレンド!』特別編


イベントはライブパート、企画パート、そしてその後の握手会の3パートに分かれて開催。まず最初のライブパートでは代表曲を披露した後に4thシングルのカップリングを披露。その後これまでのシングルをおさらいして、満を持して「世界の人へ」を披露した。

企画パートでは『にいがったフレンド!』の特別編を行った。MCのロッチも登場したが、街ブラするわけにもいかないのでN3とGに分かれてゲームで対決した。個人的にはこういうスタジオ収録のバラエティも見てみたいのだが、かといって今の『がたフレ』がなくなるのも嫌なので、もう一個番組を作ってくれれば全部解決。

ちなみに、実は自分も見に行った。これだけNGTのことを書いておきながら現場に行くのは初めてだったが、一番好きな「世界はどこまで青空なのか?」も聞けたし、「世界の人へ」をはじめ4thシングルの曲がどれもほんとにいい曲で、心の底から行って良かったと思った。




モデルプレスの記事
ライブパート
https://mdpr.jp/music/detail/1792867

企画パート
https://mdpr.jp/music/detail/1792910







posted by K at 23:28 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

「NGT48 研究生お披露目ライブ 〜お待たせしました!私たちも新潟の女です!〜」まとめ

今更ながら、9月2日に行われた「NGT48 研究生お披露目ライブ 〜お待たせしました!私たちも新潟の女です!〜」のまとめ。


「NGT48 研究生お披露目ライブ 〜お待たせしました!私たちも新潟の女です!〜」
出演メンバー:安藤千伽奈、佐藤海里、高橋七実、對馬優菜子、藤崎未夢、大塚七海、小越春花、川越紗彩、小見山沙空、曽我部優芽、高沢朋花、寺田陽菜、富永夢有、羽切瑠菜、古澤愛、古舘葵、真下華穂、三村妃乃、諸橋姫向、山崎美里衣、渡邉歩咲

先輩メンバー:荻野由佳、加藤美南、佐藤杏樹、山田野絵、小熊倫実、中村歩加、長谷川玲奈、本間日陽
ゲスト:篠田新潟市長、星野社長(新潟交通)


セットリスト(カッコ内はセンター)
01.会いたかった(安藤)
02.NGT48(對馬)

MC
チームN3メンバー(荻野、加藤、佐藤、山田)登場
自己紹介
篠田市長、星野社長登場
チームGメンバー(小熊、中村、長谷川、本間)登場
くす玉割り
市長、社長、先輩退場

03.言い訳Maybe(諸橋)
04.LOVE修行(羽切)
先輩再登場
05.MAXとき315号/1期生含む全員
感想(諸橋、羽切)


全5曲を全力でパフォーマンスした。当たり前だけども初々しかった。ダンスはまだ発展途上のメンバーも多く、当然1期生のほうがうまいと思うが、一方で3年間活動してきた今の先輩たちには出せない、今だけのキラキラ感というのもあって、そのへんはとても魅力的に感じた。ちょうど「Maxとき315号」を出したころのような感じ。

センターは4人のメンバーが担当した。ドラフト3期からはあんどぅーとツナマヨ、2期からはやひことるんちゃんが選ばれた。2期生でセンターや前のほうに選ばれるというのは、今の時点でのパフォーマンス力が高いということだと思うので、特にセンターに選ばれた2人は早めの公演デビューも期待していいかもしれない。

2期生はこの後のじゃんけん大会で準優勝に輝き、それを記念してのイベントも行われるので、この勢いのまま突き進んでほしい。そしてドラフト3期生もその勢いに負けないように頑張ってほしい。






モデルプレスの記事
https://mdpr.jp/music/detail/1790180

タグ:NGT48
posted by K at 23:02 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

NGT48「世界の人へ」初週売り上げ14.3万枚でオリコン週間シングルランキング2位

NGT48の4thシングル「世界の人へ」が初週14.3万枚を売り上げ、10/15付のオリコン週間シングルランキングで2位となった。

オリコンのページ
https://www.oricon.co.jp/rank/js/w/2018-10-15/

1位はKis-My-Ft2で19.5万枚。2作連続の首位獲得とはならなかったが、初週売り上げは前作「春はどこから来るのか?」から約3.4万枚伸ばした。握手会のスケジュールの関係で、2週目以降は前作ほど伸びないかもしれないが、まずは前作の累積売り上げを上回ることを期待したい。

また、ビルボードのほうでも週間セールスが発表され、こちらでは16.7万枚で同じく2位となっている。ビルボードでは前作を5万枚以上上回っている。

ビルボードの記事
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/68540/2



posted by K at 23:12 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする