2018年08月19日

2018.08.19 巨人6-5中日

3回、大島のタイムリーで中日が先制。5回、再び大島のタイムリーで中日が1点を追加する。その裏、重信のタイムリーで巨人が1点を返すが、8回、平田の犠牲フライ、京田、大島ののタイムリーで中日が3点を追加し、突き放す。このまま終わるかと思われた9回、巨人は四死球からチャンスを作り、陽、長野、大城、田中が4者連続タイムリーを打ち、同点。そして続くマギーもタイムリーでサヨナラ。巨人が大逆転でカード勝ち越しを決めた。

先発の今村は7回2失点。13安打を浴びながら、粘りに粘って2点に抑えた。これで3試合連続7イニング以上、2失点以下。今日は勝ちはつかなかったが、ついに覚醒するのか。

その後池田と田原が抑えられず差が広がったが、打線が9回に奮起した。完全に負け試合のパターンだったが、まさか5者連続タイムリーとは。しかも陽、長野、大城はいずれも代打。陽や長野はスタメンで出ていてほしい選手でもあるが、代打で控えていると存在感がある。よく勝った。なお、9回を三者凡退で抑えた中川がプロ初勝利。おめでとう。

火曜日からは横浜でDeNAとの3連戦。ここにきてDeNAとの差は開いてきている。勝ち越してさらに差を開き、Aクラス争いのライバルを減らしたい。

タグ:野球 中日 巨人
posted by K at 20:58 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

2018.08.18 巨人10-0中日

3回、マギーの2ランホームランで巨人が先制。さらに阿部の2ランホームラン、長野のホームラン、重信のタイムリーが出て、この回一挙6点を挙げる。巨人打線の勢いは止まらず、4回には長野のタイムリーで1点、6回には岡本の2ランホームランで2点、8回には陽のホームランで1点を追加する。巨人の先発・菅野は大量援護を受けて投げ続け、完封勝利。巨人が勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の菅野は9回無失点。今季4度目の完封で10勝目を挙げた。2四球はあったが、被安打2は見事。2試合連続で好投したので、もう大丈夫ではないかと思う。また、今日9イニング投げたことで投球回が144に達し、両リーグ通じて規定到達一番乗りとなった。

打線は5ホームランと爆発。2ケタ得点はこの間のヤクルト戦以来だが、あの時は終盤追い上げられてバタバタしたので、今日は久々の気持ちいい快勝といっていいのではないだろうか。阿部はこのペースでスタメンで出ていれば10本塁打にも届くかもしれない。

明日の先発は巨人が今村、中日が藤嶋。前回の中日戦では完封勝利を挙げた今村。明日もそのいいイメージで投げてほしい。対する藤嶋とは今季2度目の対戦。前回は先発ではなかったが、5回からリリーフでマウンドに上がり、4イニングを無失点で抑えた。その後6月から先発に挑戦し、西武戦でプロ初勝利。先週のヤクルト戦でも7回無失点と好投を見せている。今日の流れのまま打って今村を援護したい。

タグ:中日 巨人 野球
posted by K at 22:16 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

2018.08.16 巨人0-7ヤクルト 2018.08.17 巨人1-6中日

16日 初回、雄平の2点タイムリーでヤクルトが先制。4回にはピッチャー原のタイムリー、青木のタイムリー、山田の2点タイムリーで4点を追加、さらに5回にも井野のタイムリーで1点を追加する。大量リードをもらったヤクルトの先発・原は巨人打線に連打を許さず、最後まで1人で投げ切ってプロ初完封。ヤクルトがカードの勝ち越しを決めた。

17日 4回、巨人のエラーにより中日が先制。その裏、マギーのホームランで巨人が同点とする。5回、大島、ビシエドのタイムリーで中日が2点を勝ち越し。8回にはアルモンテの内野ゴロの間、平田のタイムリーで2点、9回にはビシエドのホームランで1点を追加。中日が快勝でカードの初戦を制した。

先発は、16日の山口俊が4回6失点、17日のメルセデスが8回途中5失点(自責2)。ともに四死球から失点した。やっぱり四死球は禁物。

打線は2試合続けて4安打のみ。16日はまあ序盤に失点しすぎたし多少打ったところで、という気もするが、17日は野手陣の責任が大きい。打てないだけならまだしもエラーして、しかもそれが失点につながってるわけだし。

明日の先発は巨人が菅野、中日が山井。菅野は7月6日以来勝てていない。しかし先週は7回2失点と久々にいいピッチングを見せた。自らの力で勝利をつかんでほしい。対する山井とは今季4度目の対戦。過去3試合は山井から見て0勝3敗、防御率2.86。毎回打ててはいないが、山井と投げ合うピッチャーが毎回好投をする。しかしそろそろ打線が山井を打ち崩したい。

posted by K at 23:12 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

2018.08.14 巨人5-6ヤクルト 2018.08.15 巨人11-5ヤクルト

14日 初回、バレンティンの内野ゴロの間にヤクルトが先制。ヤクルトは4回にはバレンティンの2ランホームランで2点、6回にはピッチャー小川のタイムリーで1点を追加し、4点をリードする。しかし8回、巨人は岡本のタイムリー、阿部の3点タイムリー、そして長野のタイムリーが出て、この回一挙5点を奪い逆転に成功する。だが9回、ヤクルトは満塁のチャンスを作ると、最後は川端が逆転サヨナラ2点タイムリーを打ってゲームセット。カードの初戦はヤクルトが制した。

15日 2回、亀井の2ランホームランで巨人が先制。3回には岡本の2ランホームランで2点を追加する。ヤクルトは6回、雄平のタイムリー、川端の内野ゴロの間で2点を返すが、直後の7回、大城、重信のタイムリー、マギーの内野ゴロの間、陽のタイムリーで計4点を挙げる。ヤクルトはその裏、2つの押し出しとワイルドピッチで3点を返して追いすがるが、巨人は8回にマルティネスの2ランホームラン、9回にはマギーにもホームランが出て突き放した。巨人が4本のホームランで勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発は、内海が6回途中4失点、吉川が6回途中2失点。吉川はほんとうに5回までならばしっかり抑える。なので6回もいかせてみたくなるが、実際に投げると急に打たれるという。どんなに良くても5回までって決めたほうがいいのだろうか。あるいはもっと点差がついていれば続投もありかもしれない。

中継ぎは2日間とも不安を残した。2日ともよかったといえるのは田原くらいか。澤村も無失点ではあるけど相変わらず危なっかしいし。しかし今はこのメンバーでどうにかするしかない。

打線は2日とも比較的良かった。重信、山本の1、2番が頑張っているし、今日久々にセカンドでスタメンに入った田中も猛打賞とアピールした。今日は岡本が途中交代するなど、けが人だらけでぼろぼろの状況だが、こうして若手が頑張っているのはうれしい。

明日の先発は巨人が山口俊、ヤクルトが原。ヤクルト戦はここまで2勝1敗、防御率2.35と割と相性はいい山口。明日も抑えてもらいたい。ちなみに、自身初の規定投球回到達まであと11イニングに迫っている。明日も行けるところまで行ってほしい。対する原とは先発では3度目の対戦。前回は7回1失点と抑えられた。山口の試合では負けたくない。明日も序盤から打ちたい。

posted by K at 23:39 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

NGT48 ドラフト3期生&2期生全メンバーチェックその2

2期生とドラフト3期生、計21人のプロフィールをチェックする。今回はドラフト3期生と2期生は分けて、それぞれあいうえお順で。

後半は、2期生の11人。

続きを読む
タグ:NGT48
posted by K at 00:00 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする