2018年01月19日

平成30年初場所 5日目○玉鷲

5日目 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●

立ち合い、まず攻めたのは御嶽海。玉鷲の体を起こし、相手を押し込む。ここで一度叩き、玉鷲に押し返されるが、再び攻めに転じた御嶽海はハズ押しのような形になり、力強く押し出し。御嶽海は幕内では自身初となる5連勝で序盤戦を終えた。

今日は御嶽海の押し相撲に一段と力強さが見られた。最近は上位に突き押し相撲の力士が多いが(御嶽海、玉鷲、阿武咲、貴景勝、北勝富士、嘉風等)、玉鷲はその中でもパワーはトップクラスだと思っている。しかし今日の御嶽海はその玉鷲を真っ向勝負で押し出した。力がついているのが分かる。

これで序盤戦が終了し、無傷の5連勝。御嶽海の初日からの5連勝は新十両優勝をした平成27年名古屋場所以来(このときは8連勝まで伸ばした)で、幕内に昇進してからは初めてとなる。そして、すでに関脇・小結との対戦は終わり、あとは横綱・大関と平幕との対戦のみとなっている。これは大チャンスだ。

しかし、平幕と言っても油断できない相手ばかり。同期のライバル北勝富士、今場所2横綱を破った嘉風、先場所敗れている逸ノ城、さらに今場所5連勝と絶好調の栃ノ心などとの対戦がまだ残っている。明日以降も気を引き締めていきたい。本人のコメントを見る限り心配なさそうだが。

明日の相手は北勝富士。過去の対戦は2勝2敗で、現在北勝富士が2連勝中。北勝富士は先場所、1横綱2大関を破るなど11勝4敗と活躍し、今場所は自己最高位の東前頭筆頭。今場所はここまで1勝4敗だが、その1勝は横綱の白鵬から挙げ、4場所連続の金星となった。これは1999年の土佐ノ海以来、昭和以降で2人目らしい。このように急激に力をつけている北勝富士だが、御嶽海も今場所は調子がいい。突き押しで互角以上に戦えるはず。ライバルに勝ってさらに勢いをつけたい。

過去の対戦
29初 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29名 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29秋 ●御嶽海(寄り切り)北勝富士○
29九 ●御嶽海(押し出し)北勝富士○


序盤戦が終わって、幕内の全勝は御嶽海の他、横綱・鶴竜、平幕の栃ノ心、朝乃山の4人。1敗で豪栄道、高安の両大関などが追う。鶴竜は2場所しっかりと休んだのが功を奏したのか、内容も良く5連勝。この調子なら、まず引退ということにはならないだろう。現在、優勝争いの筆頭候補だ。そして先ほども書いたが非常に調子がいいのが栃ノ心で、昨日は高安を、今日は豪栄道を破った。鶴竜や御嶽海ともこれから当たるので、ダークホースとなりそうだ。一方で鶴竜以外の2横綱は試練となった。白鵬は最初の2日は良かったが、3日目、4日目と連敗。そして4日目に足を痛め、今日から休場となってしまった。白鵬は場所前に、立ち合いの張り差しやかち上げに苦言を呈され、今場所は立ち合いでそういったことをしていなかった。連敗したのも立ち合いで悩んでいるのかなという気もするが、白鵬ならばこれも難なく対応してきそうに思う。まずはケガをしっかり治してほしい。そして稀勢の里は初日に敗れ、2日目は勝ったものの、そこからなんと3連敗。序盤、1勝4敗という非常に苦しいスタートになった。まだ関脇以上との対戦はすべて残っており、今場所の勝ち越しは非常に厳しいと言わざるを得ない。どうしてこんな状態になってしまったのか、そしてどうすればこの状態を抜け出せるのか、もうわからない。今場所終了後に進退を問われるということはないようだが、このまま出続けて負け越しても、途中休場しても、次に出る場所は間違いなく進退をかける場所になる。それならば、次の場所で勝ち越せるようになるにはどうするのが一番良いかというのをよく考えて、出続けるのか、休むのか、決断してほしいと思う。横綱の責任とかはいったんおいといて、復活するための最善の手段を選んでほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:50 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

NGT48 2ndシングル個別握手会の第11次応募受付がスタート

NGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」。その個別握手会の第11次応募受付がスタートした。

フォーチュンミュージックのページ(購入には会員登録が必要)
https://fortunemusic.jp/ngt48_201712/

第11次応募受付は1月17日の14:00から18日の14:00まで。買える枚数は1回の申し込みにつき、1人15種類まで、1種あたり20枚まで(最大300枚まで)。最大5回まで申し込みが可能。

この11次から、『当日メンバー指名参加券』というものを申し込めるようになった。

詳細はこちら
http://ngt48.jp/news/89277

つまり、とりあえずこの券を買っておいて、握手会当日にどのメンバーのどの部に参加するか選べるということだ。おそらく完売やそれに近い部は選べないと思うが、それでも結構な数のメンバーから選べることになる。NGTの場合、握手会のちょっと前まで受付をしているのでこの券はそんなにいらないようにも思えるが、それでも締め切り後に急に気になってきたメンバーがいるとか、あるメンバーをお試しで1枚だけ買って参加したら良かったのでもう1回握手したいとか、そういうときに使えるのではないかと思う。どこの会場でも使えるということではなく、ある日程の券を買ったらその日しか使えないので買うときは注意。


第10次までで完売した部は以下の通り。

2月10日:名古屋
荻野由佳…1,3,4部
小熊倫実…3部
北原里英…2,3部
西潟茉莉奈…2,3,4部
本間日陽…全部(1,2,3,4部)
奈良未遥…3部

2月11日:東京
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
小熊倫実…3部
柏木由紀…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…2,3,4部
中井りか…4,5部
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

2月12日:長岡
荻野由佳…5部
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

3月17日:東京
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…2,3,4,5部
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

3月25日:新潟
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
柏木由紀…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…全部(1,2,3,4,5部)
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

4月15日:神戸
荻野由佳…1,2,3,4部
太野彩香…4部
西潟茉莉奈…2,3,4部
本間日陽…2,3,4部


第10次で新たに完売した部

2月10日:名古屋
荻野由佳…1,3部
小熊倫実…3部
本間日陽…1部
奈良未遥…3部

2月11日:東京
中井りか…4部

2月12日:長岡
荻野由佳…5部
西潟茉莉奈…1部
本間日陽…1部

3月25日:新潟
荻野由佳…2部

今回、完売が大きく増えた。年が明けて握手会が近づいてきたのが大きいと思う。2月の握手会まではもう1ヶ月を切っているので、スケジュールもだいぶわかってきただろうし、受付の締め切りが近いというのもある。実際3月以降より2月の方が完売した部が多いし。今回、2月の握手会の受付が最後という発表もないので、おそらく次回(第12次)も応募はできるんじゃないかと思うが、心配な人は今回のうちに申し込んだ方が良いだろう。

posted by K at 01:07 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

NGT48応援日記 Vol.072

・TDCホール、NGT48メンバー出演のコンサートの公式ツイッターレポ
AKB48グループのコンサートが続いているTDCホール。NGTは13日の夜に単独コンサートを行ったが、その後もNGTメンバー出演のコンサートがあった。

14日朝 「フレッシュオールスターズコンサート」…本間日陽(高倉萌香休演)
14日夜 「成人式コンサート」…太野彩香、本間日陽、村雲颯香、奈良未遥、西村菜那子、宮島亜弥
15日  「中井りかソロコンサート」…中井りか

公式ツイッターでは簡単なレポートがあったので紹介。












フレッシュコンサートはおかっぱが休演となり、NGTからはひなたん1人が出演。ひなたんは今回のメンバーで最年長、そして昨年の総選挙では最上位ということで、センターの曲も何曲かあった。ユニット曲ではAKBのせいちゃんと一緒に「アボガドじゃね〜し…」を披露し、中心メンバーとして活躍したようだ。ひなたんはNGTで1人だけだったのでいろいろ背負っていたかもしれないが、よく頑張った。

成人コンサートは6人が出演。NGTとしては「幼稚園の先生」を披露し、他にりかちゃんが「Hell or Heaven」に、あとの5人が「僕とジュリエットとジェットコースター」に参加した。公式ツイッターにはたぶん「幼稚園の先生」の時のものと思われる画像が上がってるが、園児のコスプレ似合う子と似合わない子の差が激しいな。アヤカニとかは似合うけど、ななこはすごいことになってる。

りかちゃんのソロコンサートは1人で26曲を披露。初披露の曲も多い中で、ただ1人3日連続のコンサートというとんでもないスケジュールの中でよくやり切ったと思う。太田プロの芸人さんも出たようだが、せっかく事務所入ったんだからどんどん人脈を使っていけばいいと思う。あとはセットリストが面白かった。1曲目の「黒い天使」は昔からある曲だけど曲名だけで面白いし。これからも自分を貫けばいいと思う。

中井りかソロコンサートの記事
https://www.oricon.co.jp/news/2104045/full/


・リクアワの個人的願望
上の話題に関連して、あさってからはTDCでリクエストアワーが開催される。今年は金曜夜に1公演、そして土曜に3公演という形で開催される。NGTは今回唯一2連覇の可能性があるグループだが、前回から対象曲が大幅に増加し、分散する可能性が高い。正直、1位は厳しいのではないかとちょっと思っている。そのうえで個人的な希望は、

・100位以内に10曲ランクイン
・トップ10に複数曲、またはトップ5に1曲ランクイン

この2つ。曲の人気やメンバーが推していたのを考えると、「Maxとき315号」、「みどりと森の運動公園」、「青春時計」、「下の名で呼べたのは…」、「世界はどこまで青空なのか?」の5曲は入ると思っているので、シングルのカップリングと「誇りの丘」公演からあと5曲くらい入ってるといいなと。そのうえで、最上位だと予想している「Maxとき」ともう1曲トップ10に入っていればいいなと思う。

1位争いはなんだろうな…。NGTが分散するとしたら、普通に考えれば昨年2位の「47の素敵な街へ」が本命だろう。昨年のNGTと同様に持ち曲が少ないSTUも一気に来る可能性はあるが、NGTが昨年2回目の参加だったのに対してSTUは今年初参加、つまりまだ1年目のグループなので、1位まで押し上げられるかは未知数。あとは珠理奈のところも毎回強いし可能性はある。このへんと「Maxとき」が争うのかなと思っている。


・ななこ出演の駅伝番組の感想
ななこが出演したNHKの番組『駅伝のオールスターゲーム 全国女子駅伝・男子駅伝スペシャル』が13日に放送された。

増田明美さんや宗茂さんなど陸上界のそうそうたるメンバーがいる中で、ななこは男子駅伝における地元長野県の強さなどを解説した。話を振られてないところで喋る、いわゆるガヤ的なものはほとんどなかったが、NHKの番組なのでそれでいいと思う。駅伝はだいたい寒い時期にやるので今後は少なくなっていくのだが、今回の番組を機に今シーズン、さらに来シーズン以降も仕事が増えると良いなと思う。ちなみに自分も駅伝好きなので、番組自体も普通に面白かった。あと長野県民として上野裕一郎が取り上げられたのが嬉しかった。今年は出ないっぽいのが残念。


・きたりえ写真集、本日発売
NGT48キャプテン、北原里英のファースト写真集『そして』が本日発売となった。



さっそく買ってみた。一通り読んで思ったのは、そんなにエロくはないなと。これは良い意味で。もちろん写真集なのでセクシーなカットもそれなりにあるんだけど(バックがTになってるやつとか)、写真集の全体的な方向性はそっちではないように感じた。26歳の大人の女性になったきたりえの、自然体の美しさや可愛らしさが出ている。この写真集で魅せるいろんな表情はもう女優に近いが、たまに出てくるあどけない感じがまだアイドルらしさを残してて、まさにアイドルから女優になろうとしている今を表した写真集なのではないだろうか。これならつぐみんが見ても大丈夫、だと思う。きたりえのファンはもちろん、そうでない人にも見てほしい写真集だった。

北原里英 ファースト写真集 『 そして 』 -
北原里英 ファースト写真集 『 そして 』 -

posted by K at 23:55 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年初場所 4日目○貴景勝

4日目 ○御嶽海(引き落とし)貴景勝●

立ち合い、御嶽海は左で貴景勝の前まわしを取る。貴景勝はこれを切り、突き押しの攻防となる。一度貴景勝が押し込むが御嶽海も押し返し、貴景勝の体が起きてきたところで手を引くと貴景勝が前に落ち勝負あり。御嶽海は幕内昇進後初の初日からの4連勝となった。

御嶽海はこれまで、貴景勝をやりづらい相手だと思っていたんじゃないかと思う。独特の突き押しによって相手のペースになり、自分の展開にできなかった。そこで今回は立ち合いを変え、まわしを取りに行った。まわしは切られたが、この攻めが成功した。貴景勝の立ち合いの勢いはなくなり、互角の突き押し勝負に持ち込むことができた。その後の展開は、ある程度自分の展開に持ち込めた御嶽海と持ち込めなかった貴景勝の気持ちの余裕の差ではないかと思う。今後も何度も対戦するであろう貴景勝に、今回こうやって勝てたのは今後にもつながるし、良い勝利だった。

明日の相手は玉鷲。過去は8勝2敗と御嶽海が大きくリードしているが、直近2場所は玉鷲が連勝している。玉鷲は先場所、1年守った三役の座から落ちたものの、金星を含む11勝4敗と活躍し、1場所で関脇に復帰。ここまでは2勝2敗となっている。最近は御嶽海、阿武咲、貴景勝、北勝富士といった若手が注目されているが、この玉鷲も次の大関を狙う有力候補の1人。昨年は実際に大関に昇進した高安を除くとただ1人、三役で2ケタ勝利を達成している。御嶽海は玉鷲戦を得意にしていたが、このところ連敗。明日負けると少し嫌なイメージになってしまう。玉鷲は大きいので、御嶽海本来の相撲である下からの突き押しで攻めたい。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(叩き込み)玉鷲●
28初 ○御嶽海(押し倒し)玉鷲●
28秋 ○御嶽海(寄り切り)玉鷲●
28九 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
29初 ○御嶽海(突き出し)玉鷲●
29春 ○御嶽海(上手出し投げ)玉鷲●
29夏 ○御嶽海(掬い投げ)玉鷲●
29名 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
29秋 ●御嶽海(押し出し)玉鷲○
29九 ●御嶽海(押し出し)玉鷲○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:33 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

平成30年初場所 3日目○阿武咲

3日目 ○御嶽海(突き落とし)阿武咲●

立ち合いは互角。しかしより低く当たった阿武咲が御嶽海を下から突き起こす。御嶽海の突き押しは阿武咲を捉えられず、阿武咲が御嶽海を土俵際まで押し込む。しかしここで御嶽海が阿武咲の押しをいなすと阿武咲がバランスを崩し、それを見逃さなかった御嶽海が回り込んで突き落とし。御嶽海は劣勢からの逆転で3連勝とした。

見てる方はヤバいと思ったが、本人は冷静だった。本当は御嶽海も下から行きたいところだが阿武咲にその攻め方をされ、逆に自分の押す力はうまく相手に伝わらずで厳しい展開だったが、土俵際まで追い込まれてもまだ体勢はしっかりしていたし、いなして阿武咲が少し崩れてからの動きが非常に速かった。阿武咲が攻め急いでの自滅ではなく、御嶽海が自ら作った逆転だったと思う。

明日の相手は貴景勝。貴景勝は先場所西筆頭で11勝4敗と大活躍し、今場所は新小結に昇進。そして今場所も初日に稀勢の里、今日は玉鷲を破り、2勝1敗と好調な滑り出しを見せている。阿武咲に続き若手との2連戦。そして、関脇以下ではもっとも厄介な相手ではないかと思う。過去の対戦は1勝2敗と負け越しており、先場所は貴景勝が押し出しで勝利。御嶽海が勝った昨年秋場所も貴景勝が滑ってばったり倒れたもので、ラッキーともいえる勝利だった。つまり、貴景勝相手にはまだ有効な対策が練れていない。貴景勝は突き押し相撲だがちょっとクセがあり独特。なかなか近づくことができない。貴景勝は組む相撲は得意じゃないと思うので中に入れれば一番いいが、突き押しをうまくくぐり抜けられるか。明日勝てればさらに乗っていけると思う。

過去の対戦
29名 ●御嶽海(押し倒し)貴景勝○
29秋 ○御嶽海(引き落とし)貴景勝●
29九 ●御嶽海(押し出し)貴景勝○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:28 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする