2017年11月18日

中井りかが太田プロダクションに事務所移籍

NGT48の中井りかが、太田プロダクションに事務所移籍することが発表された。自身のSHOWROOMにて本人の口から発表された。先輩(北原里英、柏木由紀)を除くNGT48メンバーが事務所移籍をするのは荻野由佳に次いで2人目となる。




事前に告知して、わざわざSHOWROOMのスタジオから配信していたので絶対何かあるだろうと思っていたし、事務所移籍もその事務所が太田プロだという予想も見かけたので、発表された瞬間もそこまで驚きはなかった。でもすごいことだ。

太田プロはダチョウ俱楽部や有吉弘行さんなどの芸人、高島礼子さんなどの俳優・女優、具志堅用高さんなどの元ボクシング世界王者など、さまざまなジャンルの有名人が所属する大手芸能事務所。そしてAKBとは切っても切れない大きなつながりがある。現役メンバーではNGTのキャプテン北原里英のほか、指原莉乃、横山由依、入山杏奈といったグループの中心メンバーが所属。元メンバーでは前田敦子、大島優子、野呂佳代、小野恵令奈(のち事務所移籍)などが所属しており、過去9回の総選挙のうち8回で、この太田プロ所属のメンバーが1位を獲得している(残り1回は尾木プロ所属の渡辺麻友)。AKBにおいては一番影響力が強いのではないかともいわれる事務所に、りかちゃんが移籍することになった。太田プロからすると、今所属しているメンバーはみんな人気もあるけど、全員結構キャリアが長くなってきていて、あと2,3年の間に全員卒業してもおかしくない。そんな中で将来を見据えて取ったのかなと思う。

10月からりかちゃんのレギュラーが2本増えたけど、今考えればそのころにはもう話がだいぶ進んでたのかなと思う。そのときに「ポストさしこにでもするつもりか」なんて書いたのだが、ほんとに同じ太田プロに入るとは。でも太田プロは芸人さんもいっぱいいるし、りかちゃんの主戦場もたぶんバラエティになると思うから、バラエティ力をさらに鍛えていってほしい。

おぎゆか、りかちゃんと事務所移籍が続いたが、ここで一区切りになるのではないかと思われる。今年目立ってたのはこの2人だし。もちろん、卒業後も芸能活動をするなら他のメンバーもいずれは移籍してほしいと思うけど、まだ焦る必要はない。地道に結果を出していけば、いつか他のメンバーにも声がかかると思う。

posted by K at 01:28 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

平成29年九州場所 6日目○阿武咲

6日目 ○御嶽海(叩き込み)阿武咲●

立ち合いは互角。しかし阿武咲が引いてしまい、それに乗じて御嶽海が土俵際まで押し込む。ここで今度は御嶽海が引き阿武咲の反撃を受けるが、阿武咲がまたも引いて御嶽海が再び土俵際まで追い込む。そして再び御嶽海が引くと阿武咲が突っ込んできたが、御嶽海が土俵を割る前に阿武咲が落ち、決まり手は叩き込み。4連勝とし、これで今年の勝ち星が50勝となった。

押し合いというよりも引き合いという感じだったが、御嶽海のペースだったと思う。押し込んでも押し出すことができないのは足の不安が関係しているのか、単に戦略か。前者ならしょうがないけど、できればそのまま押し出してほしいところではある。今日は叩き込みが決まったけど、対応されるパターンだってあるだろうし。

内容は会心とはいかないが、これで5勝1敗と大きく白星先行。今年の勝ち星は50勝に達した。ちなみに昨年は47勝だったのですでに超えている。年間最多勝争いでも単独トップに立っている。

年間最多勝争い(6日目時点)

50勝 御嶽海
48勝 白鵬、高安
47勝 貴景勝、日馬富士(休場)

白鵬と高安が2つ差に迫っているため、トップを守るのは簡単ではないが、現時点でトップに立っているだけですごい。まずは年6場所勝ち越しを達成して、それからこの最多勝も狙えるのであれば狙っていってほしい。

明日の相手は玉鷲。過去の対戦は8勝1敗で、初顔から8連勝と最も得意にしていたが、先場所ついに押し出しで敗れた。玉鷲は2場所連続7勝8敗で、今場所前頭筆頭に下がったが、ここまでは稀勢の里と高安に勝つなど4勝2敗。すでに横綱・大関戦は終わっており、大勝ちの可能性もある。御嶽海としては、連勝は止まったものの、相性が良いのは間違いない。自分の攻めを貫きたい。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(叩き込み)玉鷲●
28初 ○御嶽海(押し倒し)玉鷲●
28秋 ○御嶽海(寄り切り)玉鷲●
28九 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
29初 ○御嶽海(突き出し)玉鷲●
29春 ○御嶽海(上手出し投げ)玉鷲●
29夏 ○御嶽海(掬い投げ)玉鷲●
29名 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
29秋 ●御嶽海(押し出し)玉鷲○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:34 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年九州場所 5日目□照ノ富士

5日目 □御嶽海(不戦勝)照ノ富士■

御嶽海と照ノ富士の7度目の対戦となるはずだったが、照ノ富士が左膝外側半月板損傷により今日から休場。御嶽海の不戦勝となった。照ノ富士は今場所10勝すれば大関復帰となったが、それもかなわなかった。御嶽海は4勝1敗で序盤戦を終えた。

場所中に1日相撲を取らない日があるというのが良いのかわからないが、御嶽海は今足の親指を痛めていて、取組後に足を気にする様子も見られていたので、1日休めると前向きに捉えていいかもしれない。なお、序盤戦4勝1敗というのは幕内に上がって13場所目でいちばん良いペース。横綱・大関と当たるのは終盤だと思われるので、そこまでに勝てるだけ勝っておきたい。

照ノ富士に関しては、土俵に上がったところでとても勝てるような状態には見えなかったので休場も仕方ない。1場所での大関復帰はなくなってしまったが、これを機に休んでしっかり治すというのもありだと思う。照ノ富士なら治しさえすればすぐ戻って来られるだろう。治るならば、だけど。

明日の相手は阿武咲。過去の対戦は2勝1敗(幕内では1勝1敗)で、先場所は阿武咲が叩き込みで勝っている。先場所、初日で阿武咲に負けたのが調子が上がらなかったすべてのきっかけのような気がするので、そのリベンジをする絶好の機会だ。阿武咲は新入幕から3場所連続2ケタ勝利を挙げ、今場所はついに新小結まで上がってきた。今場所は初日に日馬富士を破ったものの、そこから4連敗。しかも負け方が突き落とし、引き落とし、叩き込み、叩き込みと非常に悔しい負けが続いている。ただこういう負け方をしているということは前に出ているということで、そのパワーは怖い。消極的な引きや叩きは避けたい。

過去の対戦
27秋 ○御嶽海(引き落とし)阿武咲●
29名 ○御嶽海(押し出し)阿武咲●
29秋 ●御嶽海(叩き込み)阿武咲○


さて、九州場所も序盤戦が終わった。土俵外が騒がしすぎて本場所の話題が少ないのが残念だが、日馬富士と貴ノ岩の問題に決着がつくのは場所後になると思うので、場所が終わってから改めて考えたい。5日目が終わって全勝は横綱・白鵬、大関・豪栄道、平幕・安美錦の3人。1敗で大関・高安、関脇・御嶽海など6人が追う。ここまでの内容を見ると白鵬が強いなと思うが、まあまだわからない。最年長で返り咲き入幕、そして5連勝の安美錦はほんとにすごい。これは三賞もあるな。稀勢の里は3勝2敗。春場所で負ったケガの状態はもうだいぶ良さそうだが、相撲勘の問題なのか他の何かが原因なのか、いまいちキレがないように感じる。今日も松鳳山相手に土俵際ギリギリで勝った。この相撲を続けていては身が持たない。稀勢の里ではなく、見てるこっちの。このままいけば千秋楽は白鵬と稀勢の里の対戦となるので、稀勢の里もそこまでついていってほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:39 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

NGT48「大人になる前に」のMV(Short ver.)が公開

12月6日発売のNGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」のType-Aに収録される、リアル学生選抜「大人になる前に」のMVのショートバージョンが、You Tubeの公式チャンネルで公開された。



「ナニカガイル」がフルで、「大人になる前に」がショートバージョンなのは「ナニカガイル」はフルじゃないと意味がない(全員の自己紹介が見られなくなる)からだろう。今回のMVはドラマ風で、出ているところまでのストーリーだとつぐみんが超能力者になった夢を見た…みたいな話か。とにかくつぐみんがかわいいMVに仕上がっている。ちなみに万が一わからない人がいた時のために説明しておくと、MVの中でみんながしている(振り付けにも入っている)人差し指を上げるしぐさは、つぐみんが自己紹介で「人差し指と人差し指でつぐつぐー!」と言うときにやる「つぐつぐポーズ」である。なぜ人差し指と人差し指でつぐつぐなのかは本人にもわからない。

ダンスシーンやMVでの扱いを見た感じ、センターつぐみんの脇を固めるのはこの中では最年長のひなたんとのえピーか。ひなたんは別にセンター曲があるからかのえピーの方がより扱いが良く、のえピーは今までのMVで一番映っているかもしれない。それにしても、当たり前だけど全員制服姿に違和感がない。これがリアル学生か…!

MVの監督は戸塚富士丸さん。乃木坂の個人PVや、昨年の総選挙のオープニング映像を作った方らしい。NGTと関わるのはたぶん初めて。

作編曲は「丸山マナブ」さんとなっているのだが、この人の情報が調べても出てこない。ガーデンリフォームのプロと群馬県をモチーフにした漫画を描いてる方しか出てこない。新人さんなんだろうか?よく似た名前の「丸谷マナブ」さんは売れっ子作曲家で48グループとの関わりも深く、AKBの最新シングル「11月のアンクレット」の作曲もされているのだが、もしかして名前を間違ってるのだろうか。間違っているならばいずれ訂正されるだろうと思うが、丸谷さんも今のところツイートとかしてないしなあ。どうなんだろう。

振り付けは井上さくらさん。「純情よろしく」と同じ方。「純情よろしく」と同じく、呂善(ヨソン)さんも振り付けを担当している。

「大人になる前に」が収録された「世界はどこまで青空なのか?」は12月6日発売。

【追記】You Tubeのページの作編曲の欄が訂正され、やっぱり「丸谷マナブ」さんであることがわかった。本人もツイートしている。丸谷マナブさんはAKB「永遠プレッシャー」「ハート・エレキ」「ラブラドール・レトリバー」「11月のアンクレット」などの作曲を手掛けている。作曲数はそこまで多いわけではないが表題曲への起用が多く、AKBのシングル表題曲の作曲数は井上ヨシマサさんに次いで多い。NGTには初提供となる。


世界はどこまで青空なのか?(Type-A)(DVD付) - NGT48
世界はどこまで青空なのか?(Type-A)(DVD付) - NGT48

posted by K at 15:29 | Comment(2) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017紅白歌合戦 出場者発表

今年の紅白歌合戦の出場者が発表されたので、さっそく紹介(午前中発表とは思わなかった…)。
初出場は☆、返り咲きは○が名前の後についている。

【総合司会】
内村光良・桑子真帆アナウンサー

【紅組】司会・有村架純
AI
E-girls
石川さゆり
市川由紀乃
AKB48
丘みどり☆
倉木麻衣○(12年ぶり)
欅坂46
坂本冬美
椎名林檎
SHISHAMO☆
島津亜矢
Superfly○(2年ぶり)
高橋真梨子
天童よしみ
TWICE☆
西野カナ
乃木坂46
Perfume
松たか子○(18年ぶり)
松田聖子
水森かおり
Little Glee Monster☆


【白組】司会・二宮和也

五木ひろし
X JAPAN
エレファントカシマシ☆
関ジャニ∞
郷ひろみ
三代目 J Soul Brothers
SEKAI NO OWARI
Sexy Zone
竹原ピストル☆
トータス松本☆
TOKIO
氷川きよし
平井堅○(6年ぶり)
福田こうへい
福山雅治
Hey! Say! JUMP☆
星野源
三浦大知☆
三山ひろし
山内惠介
ゆず
WANIMA☆


【昨年出場して今年不出場の歌手】
絢香
いきものがかり
宇多田ヒカル
大竹しのぶ
香西かおり
PUFFY
miwa

桐谷健太
KinKi Kids
THE YELLOW MONKEY
AAA
V6
RADWIMPS
RADIO FISH


以下、感想。

続きを読む
posted by K at 13:02 | Comment(2) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする