2019年03月16日

平成31年春場所 7日目●豪栄道

7日目 ●御嶽海(送り出し)豪栄道○

立ち合い、豪栄道が張り、すぐにもろ差しの形に。御嶽海は首投げで抵抗しようとするが、豪栄道は左でしっかりとまわしをつかみ、送り出し。御嶽海はいいところなく3連敗となり、黒星先行となった。

今日は完敗だった。立ち合いからずっと豪栄道のペースだった。もろ差しになりたいのはどっちかというと御嶽海のほうなのだが、張ってくるのは予想外だっただろうか。豪栄道は昨日敗れていたので、気持ち的に落ちているのではないかとも思ったが、逆にしっかり引き締めて臨んだようだ。

明日、中日の相手は魁聖。過去の対戦は1勝6敗で、直近の対戦である昨年九州場所は寄り切りで魁聖が勝利している。東筆頭の魁聖は上位戦が続き、ここまで7連敗。しかし御嶽海にとっては天敵と言ってもいいほど相性の悪い相手で、調子は関係ない。今日玉鷲が魁聖にやったように徹底して突き放して押しきることができれば勝利も見えてくるはず。番付順でいうと9日目に白鵬戦が組まれるはずで、そこを4勝4敗で迎えるのと3勝5敗で迎えるのは全然違う。苦手な相手ではあるが、乗り越えて後半戦に向かいたい。

過去の対戦
28春 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28名 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28九 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
30名 ○御嶽海(押し出し)魁聖●
30秋 ●御嶽海(寄り倒し)魁聖○
30九 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

平成31年春場所 6日目●栃ノ心

6日目 ●御嶽海(上手投げ)栃ノ心○

立ち合い、御嶽海は差されないように左を固めて突き放す。さらに押していこうとするが、ここで栃ノ心に左上手を取られ、出ようとしたところで頭を押さえられながらの上手投げ。御嶽海は連敗で3勝3敗の五分となった。

立ち合いの当たりも、その後の前に出る姿勢も悪くなかったと思うが、栃ノ心が上手を取るのが速かった。あとは立ち合いは御嶽海のほうが良かったように見えたが、栃ノ心はそれでも落ち着いていた。もうちょっと焦らせたかった。

明日の相手は大関・豪栄道。過去の対戦は6勝(不戦勝1つ含む)7敗で、先場所は掬い投げで御嶽海が勝利している。優勝から2年半遠ざかっている豪栄道。ご当地となる今場所は初日から内容良く5連勝としていたが、今日大栄翔に敗れ、初黒星を喫した。御嶽海は勝ち越しのためには、上位戦が続く前半戦を五分で乗り切りたい。そうなると明日は勝っておきたい。一気に持っていかれるのは避けて、隙をつくことができれば勝機も出てくるだろう。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(上手出し投げ)豪栄道○
28九 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
29初 ○御嶽海(寄り切り)豪栄道●
29夏 ●御嶽海(下手投げ)豪栄道○
29名 ●御嶽海(押し出し)豪栄道○
29秋 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
29九 ○御嶽海(叩き込み)豪栄道●
30初 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
30春 ○御嶽海(浴びせ倒し)豪栄道●
30名 ○御嶽海(送り出し)豪栄道●
30秋 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
30九 □御嶽海(不戦)豪栄道■
31初 ○御嶽海(掬い投げ)豪栄道●
タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

平成31年春場所 5日目●北勝富士

5日目 ●御嶽海(押し出し)北勝富士○

立ち合い、頭で激しくぶつかった両者。北勝富士が引いたところを御嶽海が出るが、北勝富士が回り込んで凌ぐ。北勝富士が頭をつけたところで今度は御嶽海が引くが、そこを北勝富士が出る。ここは耐えた御嶽海だったが、再び引いてしまい、そこを出た北勝富士が押し出し。御嶽海は3勝2敗で序盤戦を終えた。

立ち合いからの展開は良い感じだったが、引いてしまった。引くのもタイミングが良ければうまくいくが、今日は2回とも良いタイミングとは言えなかった。もったいない負け方だったと思う。

序盤5日間を終えて3勝2敗。相手がすべて三役以上と考えれば悪くない。勝った相撲は内容も良く、心配されたケガの状態も思っていたよりは良さそう。一方で負けた2番はいずれも引いて負けている。好き好んで引いているわけではなく相手に引かさせられているのだろうとは思うが、明日からは引いてしまいそうなところで我慢をしてほしい。前に出る相撲を貫けば、結果が変わる相撲もあるはず。まずは勝ち越しに向けて中盤戦頑張ってほしい。

明日の相手は大関・栃ノ心。過去の対戦は3勝6敗で、直近の対戦である昨年九州場所は寄り切りで栃ノ心が勝利した。先場所は1勝もできずに途中休場し、今場所はかど番の栃ノ心。しかし2日目は妙義龍、3日目は北勝富士に敗れ、ここまで3勝2敗。後半戦は上位との対戦が続くことが予想されるため、前半戦はもう負けたくないところだろう。栃ノ心は相撲の内容を見る限りまだ万全でないように思えるが、四つに組んでしまったら御嶽海に勝ち目はほぼない。突き放していって、そのまま押し切るか、中に入って一気に寄るか、というのが狙い目だろう。

過去の対戦
28夏 ○御嶽海(押し倒し)栃ノ心●
28名 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
29名 ●御嶽海(寄り倒し)栃ノ心○
29秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30初 ●御嶽海(吊り出し)栃ノ心○
30春 ●御嶽海(肩透かし)栃ノ心○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
30秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30九 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○

序盤戦を終えて、全勝は白鵬、豪栄道、逸ノ城、琴奨菊の4人。1敗で鶴竜、高安らが追う。全勝の2人は言うまでもなく、他の横綱・大関陣も白星を先行させており(本来それが普通なのだが)、平成最後の場所にふさわしい序盤戦になっているのではないだろうか。注目の両関脇は貴景勝が今日敗れて2敗、玉鷲は早くも3敗。関脇はこれから上位と組まれることを考えると、できれば1敗以内で行きたかったところだと思う。ただ玉鷲は今日の勝利でのっていけるかもしれないし、貴景勝は敗戦を引きずらないタイプの力士なので、ここからの巻き返しを期待したい。


タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:04 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

平成31年春場所 4日目○玉鷲

4日目 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●

立ち合いは互角だったが、御嶽海がじわじわと押し込む。玉鷲は突き放して自分のペースを作ろうとするが、御嶽海はうまく中に入ってもろ差しに。投げを打とうとする玉鷲を一気に攻めて押し出し。御嶽海は相性の良さを今日も見せ、3勝目を挙げた。

完勝だった。突き押しの中でうまく中に入って一気に勝負を決めるという得意の形だったが、立ち合いからの押し合いでも玉鷲を押し込むことができていたのはすごかった。体重の増加はケガのリスクも増すので、個人的には御嶽海はもうちょっと減量したほうがいいと思っているのだが、その分だけ突き押しの威力も増しているのだなと今日の一番を見て思った。

明日の相手は小結・北勝富士。過去の対戦は5勝3敗で、この1敗には先場所の不戦敗を含む。不戦敗前は御嶽海が3連勝していた。北勝富士は先場所、2日連続で不戦勝(6日目鶴竜、7日目御嶽海)という20年ぶりの珍事を経験し、その2勝もあって西2枚目で9勝6敗と勝ち越し、今場所は新三役。ここまでは1勝3敗となっているが、3日目には栃ノ心を破っている。学生時代からのライバルと、同じ番付で当たるというのはなんだかアツい。相性はいい相手なので、勝って序盤戦を終えたい。

過去の対戦
29初 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29名 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29秋 ●御嶽海(寄り切り)北勝富士○
29九 ●御嶽海(押し出し)北勝富士○
30初 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
30春 ○御嶽海(叩き込み)北勝富士●
30九 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
31初 ■御嶽海(不戦)北勝富士□

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:04 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKB48「ジワるDAYS」初日売り上げは119.0万枚

3月12日付のオリコンデイリーシングルランキングが発表され、AKB48のニューシングル「ジワるDAYS」が1位に初登場。初日の売り上げは119.0万枚だった。

オリコンのページ
https://www.oricon.co.jp/rank/js/d/2019-03-12/

初日ミリオンは8作連続で、36作連続37作目のミリオン。初日売り上げの119.0万枚は、前作「NO WAY MAN」の初日117.3万枚から微増。昨年同時期発売の「ジャーバージャ」の初日102.9万枚からは大きく増えている。今回はNGTの件などもあって苦戦も予想されたが、指原卒業シングルだったり、坂道シリーズ、IZ*ONEなども参加しているという話題性からか前作、昨年同時期のシングルを上回った。

初週売り上げは、伸びても125万枚くらいだろうか。

posted by K at 22:46 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする