2019年05月20日

令和元年夏場所 9日目○北勝富士

9日目 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●

立ち合いは互角。北勝富士ののど輪で御嶽海の体がのけ反ったが、御嶽海は下から押して応戦。北勝富士が引いたのに乗じて前に出て、そのまま一気に押し出し。御嶽海は同学年のライバルを退け、6勝目を挙げた。

押し相撲同士の真っ向勝負で勝つのは見ていて気持ちいい。単純なパワーは互角ではないかと思うが、今日に関しては御嶽海のほうが下から押すことができたので、北勝富士を引かせることができた。でもちょっとタイミングや判断を間違えればやられる力を持っているし、今後もライバル関係は続いていきそう。

明日の相手は栃ノ心。御嶽海にとっては最後の三役以上との対戦となる。過去の対戦は3勝7敗で、先場所は上手投げで栃ノ心が勝利した。2場所連続の負け越しで関脇に転落した栃ノ心だが、大関復帰をかけて臨んだ今場所はここまで好調。8勝1敗とすでに勝ち越しを決め、大関復帰となる10勝まではあと2勝。優勝争いでも鶴竜、朝乃山と並んでトップに立っている。ただ、昨日初黒星を喫し、今日は貴景勝の休場により不戦勝で相撲を取らなかった。これが吉と出るか凶と出るか。もし1日休みがあったのが悪いほうに出れば、御嶽海にもチャンスが広がる。非常に相性の悪い相手だが、勝てば10勝が見えてくる。とにかく捕まらないようにしたい。

過去の対戦
28夏 ○御嶽海(押し倒し)栃ノ心●
28名 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
29名 ●御嶽海(寄り倒し)栃ノ心○
29秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30初 ●御嶽海(吊り出し)栃ノ心○
30春 ●御嶽海(肩透かし)栃ノ心○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
30秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30九 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
31春 ●御嶽海(上手投げ)栃ノ心○


昨日再出場した貴景勝は1日で再休場ということになった。まあ、出続けたとしてもあの感じだと勝ち越しは厳しいだろうし、ケガが悪化するリスクを考えれば休むのはしょうがない。しかし再出場の判断が甘かったというのは言われても仕方ないだろう。今日の相手の栃ノ心が不戦勝になったので、優勝争いにも多少影響を与えてしまったし。今度こそしっかり治してから出てきてほしい。

優勝争いは、1敗の鶴竜、栃ノ心、朝乃山がいずれも勝利。2敗で炎鵬、琴恵光が追いかける形となっている。これから上位同士の対戦が始まるので、3敗までだったらまだ可能性は残っているかなと思う。炎鵬は新入幕でこの成績、素晴らしいと思う。目標にしている技能賞獲得も見えてきている。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:48 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

5周年

このブログの最初の記事を書いたのが2014年5月19日。ということでこのブログは5周年を迎えた。

もともとファンだった巨人とAKBのことを書きたくて始めたブログだったが、その翌年にNGTが誕生してきたりえが移籍。また同じ年に御嶽海が角界入りしてすぐに十両に昇進したことでブログで記事にするようになり、この2つが中心になった。

そのうちの一方から離れることにしたため、今後は開始当初から続けている巨人と御嶽海の記事、たまにAKBの記事という形になると思う。とりあえず今持っている大きな目標は、来年の東京五輪の日本の獲得メダルを完全に的中させること。メダル数だけでなく、誰が何色のメダルを獲るかを当てることを目指す。これからの1年で各競技の日本代表が続々と決まっていくと思うので、いろんなスポーツを見て情報を収集していきたい。
ただ東京五輪の本番まではまだ1年以上あるので、これから1年の目標としては巨人の日本一と御嶽海の大関昇進を見届けること。要するにただの応援だが、どちらにもそろそろ達成してほしい。

これからも当ブログをよろしくお願いします。

posted by K at 23:59 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和元年夏場所 8日目●豪栄道

8日目 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○

立ち合いはほぼ互角。御嶽海はいきなり豪栄道に左上手を取られるが、構わずに前に出る。しかし豪栄道はこれを凌ぎ、上手を引いて寄っていきそのまま寄り切り。御嶽海は連勝がストップし、5勝3敗で前半戦を終えた。

立ち合いの当たりは決して悪くなかったように見えたが、いきなりまわしを取られてしまったのが痛かった。それでも構わずに出ていったときは勝機もあったように見えたが、やっぱりまわしを取られると厳しいということか。ただそれはそれとして、どうしても1個だけ言いたい。

伊之助さんどいて!

明日の相手は北勝富士。過去の対戦は5勝4敗(不戦敗1つ)で、先場所は押し出しで北勝富士が勝利した。先場所新三役に昇進した北勝富士だったが、7勝8敗と惜しくも負け越し、今場所は東筆頭。ここまでは上位戦が続き3勝5敗だが、明日の御嶽海戦で三役以上との対戦はすべて終わりとなる。北勝富士が力をつけてきたことで対戦成績も拮抗してきている。御嶽海が苦手としている後半に入ってくるが、重要なのは明日。明日勝てれば連敗を回避して「今場所も中だるみか…」という流れを変えられる。真っ向勝負で勝ちたい。

過去の対戦
29初 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29名 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29秋 ●御嶽海(寄り切り)北勝富士○
29九 ●御嶽海(押し出し)北勝富士○
30初 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
30春 ○御嶽海(叩き込み)北勝富士●
30九 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
31初 ■御嶽海(不戦)北勝富士□
31春 ●御嶽海(押し出し)北勝富士○


優勝争いは大きく動き、全勝で来ていた鶴竜、栃ノ心がともに敗れるという波乱があった。昨日まであんなに強かったのにわからないものだ。これで優勝争いはさらに面白くなった。また今日から再出場となった貴景勝だったが、碧山の立ち合いの変化についていけず叩き込みで敗れた。まあ碧山が変化するというのも予想外だったが、貴景勝が変化に弱いイメージはないので、あんなにあっけなく落ちてしまうというのはやっぱり状態は良くないんだろうなという気はした。出続けるのか、また休むのかわからないが、今のまま出続けて目的が達成できるかというと厳しい気がする。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:43 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.05.19 巨人4-5中日

初回、坂本、亀井のタイムリーで巨人が2点を先制。しかしその裏、福田の内野ゴロの間に中日が1点を返す。5回、ビシエドの2点タイムリーで中日が逆転。6回には堂上のタイムリーで1点を追加する。7回、岡本のタイムリーで巨人が1点差とするが、8回、大島のタイムリーで中日が再び2点差に。9回、巨人は大城のホームランで1点差とし、さらに1アウト1,3塁のチャンスを作るが、岡本がダブルプレーで試合終了。巨人は連勝ストップとなった。

先発の山口は6回途中4失点。四死球は2と山口としては少なくしたものの、代わりに被安打10。菅野に続いて山口も調子が落ちている。先発が安定しているというのが巨人の最大の強みであるはずだが、その両エースが苦しんでいる。

打線はあと一歩及ばず。最後は岡本のダブルプレーで試合終了となったが、岡本は今日もタイムリーを打って3試合連続打点を挙げており、調子は上がってきている…と信じたい。

火曜日からはDeNAとの3連戦。巨人の主催試合だが、火曜日はひたちなかで行われる(水曜・木曜は東京ドーム)。6連戦となるため、高橋、菅野ともう1人誰か、ということになる。中5日でヤングマンよりは2軍から今村あたりを上げたほうが良さそうな気はする。確実に勝ちこして、広島との3連戦に向かいたい。



タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:07 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

2019.05.18 巨人5-1中日

2回、ゲレーロの2ランホームランで巨人が先制。3回には丸、岡本の連続タイムリーと亀井のダブルプレーの間の1点で計3点を追加、5点のリードを奪う。中日は8回にビシエドのタイムリーで1点を返すが、反撃はその1点のみ。巨人が連勝でカード勝ち越しを決めた。

先発のメルセデスは7回無失点。2回に2アウト2,3塁のピンチを迎えたが、そこを切り抜けるとその後は連打を許さない好投を見せた。味方が早い段階で大きくリードしてくれたのも良かったかもしれない。

打線は序盤にリードを奪った。マルティネスの代わりに一軍に戻ってきたゲレーロが2試合目でさっそくホームランを打った。外国人枠は、ヤングマン、メルセデスは外せないだろうが、残り2枠は今一軍にいるアダメスも含めて安泰ではない。生き残りのためにも活躍を続けていってほしい。

明日の先発は巨人が山口、中日が清水。ここ3試合勝ちがない山口。先週の登板は制球が乱れ、3回で降板した。中日戦は今季1度登板し、7回1失点で勝ち投手になっている。その時の再現を見せてほしい。対する清水とは今季初対戦。清水は高卒2年目の投手で、まだ19歳。ルーキーイヤーの昨年も一軍で2試合に登板。今季は先週初登板を果たし、5回2失点のピッチングで見事プロ初勝利を挙げた。昨日もプロ初登板の勝野に苦戦するなど相変わらず初物に弱い巨人打線だが、ここは3連勝で4連敗した分を返したい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:24 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする