2015年08月02日

現チーム千秋楽、新チーム初日が決定

本日さいたまスーパーアリーナで行われた、『AKB48真夏の単独コンサートinさいたまスーパーアリーナ〜川栄さんのことが好きでした〜』の初日公演にて、現チームの千秋楽と新チームの初日の日程が発表された。

日程は以下の通り。
     千秋楽/初日
チームA:8月23日/11月25日
チームK:8月26日/11月30日
チームB:8月27日/11月27日
チーム4:8月24日/11月21日
チーム8:8月15・16日/9月5日「会いたかった公演」

チーム8を除くと8月末が現チーム千秋楽、11月末が新チーム初日となる。千秋楽はA→4→K→Bの順番で、初日は4→A→B→Kの順番となる。8のみ新公演が発表されており、A2ndの「会いたかった公演」となる。もっちーは8月17日で卒業するので、「倉持チームBの千秋楽なのに倉持不在」という事態になる。またたかみなは12月8日をめどに卒業することを発表しているので、新チームの公演にはほとんど出ないことになる。

ということで8以外は3ヶ月空くことになるのだが、いったいなぜ3ヶ月も空くのか。考えてみたが、一応3つ理由が思い浮かんだ。

1.この11月末までに新公演を完成させる説
実はAKBの4チームの新公演のめどが立っており、11月末からなら始められるというもの。過去の公演なら今日の時点で公演名を発表していてもいいので、実は新公演なんじゃないか?という理由。しかしAKBより早く始まる予定だったチームS、チームHの新公演がまだ始まっていないので、期待度は非常に低い。

2.ドラフト生を初日に間に合わせる説
組閣発表後、AKBは卒業発表が多かった。とくに多かったのが新チームBと新チーム4で、この2チームは兼任メンバーを除くと公演ができる16人ギリギリになってしまう。なので、少しでも公演に出られるメンバーを多くするためにドラフト生を仕上げる期間を設けた、という説。正規メンバーなら1ヶ月もいらないだろうが、ドラフト生を公演にフルで出せるようにするにはこれくらいかかるだろう。個人的にはこの説を推す。

3.新たに兼任メンバーが入るから説
2と同じく、やっぱりメンバーが足りないので、他のグループから新たに兼任メンバーを入れるという説。すでに発表されているメンバーはレッスンできているが、新たな兼任メンバーのレッスン期間のために3ヶ月空けた、と考えれば不思議ではない。ただ個人的にはあんまり兼任メンバーを増やしてほしくないので、これじゃない方がうれしい。ちなみにもしこの説が当たっていれば、明日にも新兼任メンバーが発表されるだろう。

このほかに、後で書く企画が先に決まっていたから説もあるが、そうでなければいいなと思う。やっぱりちゃんとした公演が大事だと思うし。

さて、この3ヶ月の間公演はチーム8しかやらないのかというとそうではない。この間は、著名人4人が考えたセットリストで特別公演を行う。著名人4人は評論家の田原総一朗、落語家の春風亭小朝、元サッカー日本代表の岩本輝雄、ヤンキースに所属する田中将大で、いずれもAKBのファンとして知られた4人である。ちなみにメンバーはシャッフルでやるらしい。

小朝さんだけファンなことをあまり知らなかったが、結構前からファンのようで、昔は優子が推しメンだったみたいだ。ちなみに小朝さんのブログには数日前、参考資料としてリクアワ2014の1位から100位まで聴いた、これからAKBのスタッフと打ち合わせだ、という記事が載っており、これのためだったのかもしれない。

個人的には人選も含め、そんなに悪くないと思う。もっと楽曲に詳しい有名人もいると思うが、これくらいの知名度にしないと「有名人がセットリストを作った」というニュースにできないんだろう、たぶん。どういうセットリストになるかは不安もあるが、ちゃんと公演曲も入っているだろうか。というか、他の3人はいいとしてマー君はシーズン中なのにいいのだろうか。

メンバーをシャッフルするというのは良いと思う。公演に出られるメンバーを優先的に使えるし、今みたいに公演がほとんどできなくなるという事態も避けられるだろう。あと、この3ヶ月は卒業は無さそうか。さすがに「○月○日のテル公演で卒業」とかは無いだろう。生誕祭はやらないとどうしようもないのでやるはずだけど。

なんにせよ、ようやく千秋楽と初日が決まった。新体制に向けて動き出すAKBを今後も見ていきたい。ちなみに明日は2公演あるが、もっちーとりっちゃんの卒業セレモニーみたいなものがあるはずなので、サプライズは無いかもしれない。

タグ:AKB48
posted by K at 00:49 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする