2015年08月04日

8月4日 巨人5-3ヤクルト

3回、立岡のタイムリーで巨人が先制。4回には村田のタイムリーで1点を追加する。ヤクルトは6回、畠山のタイムリーで1点を返す。しかし7回、巨人は吉川のタイムリー、片岡のタイムリーで3点を追加。ヤクルトは8回に川端のタイムリーで、9回に今浪のタイムリーでそれぞれ1点を返すが、凌いだ巨人が先勝。単独首位に立った。

先発のマイコラスは6回1失点。今日も実に安定したピッチングだった。これで6連勝、8勝目となり、最多勝争いにも加わってきた。また規定ギリギリとはいえ、防御率も2.06と1点台間近。さらに現状勝率もトップであり、シーズンの規定に乗れば投手3冠もありえる成績になってきた。本当に心強い一方、マイコラスの試合は絶対落とせない。今日も勝てて良かった。

打線は5得点。今日は坂本が体調不良でスタメンを外れるというアクシデントの中、代わりにショートで出た吉川が2安打1打点の活躍。吉川はサードで出ることが多いが、ショートも無難にこなせていたと思う。ちなみに今日の打点がプロ3打点目となる。坂本は心配だが、試合中はベンチで笑顔を見せていたし、大丈夫かな。

連敗しなかったのは良かった。次はこのカード勝ち越しを決めたい。明日の先発は巨人が小山、ヤクルトが小川。小山は5月に中継ぎで4試合投げたが、先発は今季初となる。二軍での防御率は2.95とまずまずだが、最後の登板では5回8失点と炎上しており、若干の不安が残る。しかしやっと回ってきたチャンスなのでここはぜひモノにしてほしいところ。対する小川とは今季5度目の対決。巨人は小川には意外と相性がよく、今季は小川から見て0勝2敗、防御率3.46。前回の対戦でも6回5失点と打っている。坂本が戻っているかもポイントになりそうだ。

posted by K at 22:34 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする