2015年08月12日

8月12日 巨人8―7DeNA

4回、ロペスのタイムリーでDeNAが先制。その裏、巨人は阿部、長野のタイムリーで逆転すると、さらに満塁で代打堂上がプロ初となる満塁ホームラン。5点差をつける。DeNAは5回に白崎のホームラン、6回には嶺井の2点タイムリーで3点を取り、2点差に迫るが、巨人は7回、長野の2点タイムリーが出て再び4点差とする。しかし諦めないDeNAは8回、筒香、バルディリスのホームランで一気に3点を取り、1点差に。最後までどちらが勝つか分からない展開だったが、最後は澤村がキッチリと抑え、巨人が連勝。カード勝ち越しを決めた。

先発の内海は6回途中4失点。これだと合格とまではいかないかなあ。3失点までにとどめるか、もしくは6回を投げ切るかしてほしかったところ。しかし、今日は打線が頑張ったおかげでようやく今季初勝利がついた。内海にとってはこれまでで最も苦しいシーズンになっていると思うが、まだ試合は残っている。この勝利をきっかけに、またチームに貢献してほしい。初勝利おめでとう。

内海もいまいちだったとはいえ、7回終了時点では4点差がついていた。しかしそれを1点差にしてしまったのが京介とマシソン。個人的には京介が出てきた時点で、「4点差とはいえマシソンを出すべきでは?」と思っていて、実際ホームランで交代した時にはやっぱりと思ったのだが、ただマシソンのピッチングを見ると難しい判断だったのも分かる。今のマシソンは信頼できる状態ではない。一回10日だけ落としてみても、とも思うが、代わりに誰を上げればいいかというとこれもあんまり思いつかない。個人的には田原とか見てみたいけど、成績は飛び抜けていいわけではないし。7回を宮國、8回を山口にして、先発には何が何でも6回までは投げてもらうというのが現実的かなあ。

打線は久々の8得点。いつ以来か分からないほど久しぶりに、打線が投手陣を助けるという試合になった。調べてみたところ、相手に7点取られて勝ったのは昨年の9月17日以来。今年は6点取られたら必ず負けていたので、久しぶりに感じるわけだ。インパクトがあったのはやはり堂上で、プロ初の満塁ホームラン。これを見るとやっぱりスタメンで見たいという気になる。守備は不安だけど、今のアンダーソンをスタメンにするよりは…という気がする。あとは長野。今日は5番に下がって3安打3打点の大活躍だったが、長野は内海の日によく打ってる気がする。この前も打ったし、あとは内海の最多勝を決めた代打逆転満塁サヨナラホームランの印象が強いのもあるが、相性がいいんだと思う。

最後までヒヤヒヤしたが、なんとか勝ち切ってこれで連勝。広島戦の流れは断ち切ったと思う。阪神とヤクルトも勝っているのでここはついていきたい。明日の先発は巨人が菅野、DeNAが石田。7月30日と同じ顔合わせ。前回は6回途中4失点と珍しく悪かった菅野だが、2試合連続で悪いということはほとんどないし、またDeNA戦は3試合で2勝0敗、防御率0.82と得意にしていることもあり、明日は期待できる。対する石田とは今季3度目の対決。石田は明日がプロ5試合目だが、うち巨人戦が3回とよく当たっている。ここまでは1勝1敗、防御率2.16と上々で、前回の中日戦で8回1失点でプロ初勝利を挙げている。巨人も前回は6回無失点に抑えられており、今日の勢いを持続させたいところだ。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:29 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする