2015年08月19日

8月19日 巨人12-3阪神

2回、マートンのホームランで阪神が先制。さらに新井の2者連続となるホームラン、鶴岡のタイムリーで3-0とする。阪神の先発・能見は4連勝の勢いのまま、4回までノーヒットピッチング。しかし5回、長野のヒットをきっかけに巨人打線が爆発。村田のタイムリー、小林のタイムリー、井端の犠牲フライで同点とし、片岡の2点タイムリーで勝ち越し。さらに坂本のタイムリー、亀井の2点タイムリー、村田のイニング2本目の2点タイムリー、そして片岡のイニング2本目の2点タイムリー。この回実に打者17人、10安打12得点と記録的な猛攻を見せた巨人が連勝。カード勝ち越しを決めた。

先発の内海は4回途中3失点。その後のとんでもない展開でもはや忘れそうになっているが、内海は良くなかった。大事な3連戦だったので結果を残してくれることを期待していたのだが、これだとまた二軍落ちかもしれない。一方で、勝利投手となった土田、そして4イニングを投げた小山は良かった。土田は一軍に上がってきてから頑張っている。二軍での成績はもともとすごかったので、その良さがようやく一軍でも出始めたというところかな。そして小山は9点差という状況で上がったもののしっかりと4イニングを抑えた。次回は内海の代わりに先発枠に入るかも。さらに4イニングを投げたため、「9点差でセーブがつく」という珍しい記録もできた。小山は初セーブとなる。

打線は5回に大爆発。本当に久しぶりにスカッとした。点を取ったのはこのイニングだけ、安打数はなぜか阪神に負ける(巨人12本、阪神13本)など問題も無いことは無いが、今日に関してはもう単純に見ていて楽しかったので良し。全員にまんべんなくヒットが出たのも良かったと思う。

これで2連勝、阪神との差は1.5ゲームに。ここまで非常にいい感じで来ているが、だからこそ明日が大切。明日勝って0.5ゲーム差にするのと、負けて2.5ゲーム差に戻るのでは全然違う。明日勝ってこそ今日の勝ちが活きる。

そんな明日の先発は巨人が菅野、阪神が藤浪。プロ3年目の同期エース対決となる。菅野は前回、完封寸前からまさかの3失点で負け投手に。今日打線がこれだけ打ってしまったので反動で打てなくなりそうな気しかしないが、エースとして明日は投げ勝ってほしい。対する藤浪とはなんと今季6度目の対決。藤浪はここまでリーグトップタイの10勝を挙げているが、巨人戦に限ると1勝3敗、防御率3.11と藤浪は苦手にしている。この相性の良さを活かして3連勝なるか。


タグ:巨人 阪神 野球
posted by K at 22:59 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする