2015年09月10日

9月10日 巨人5-4阪神

2回、アンダーソンのヒットにエラーが絡んで巨人が先制。さらに村田の犠牲フライで1点を追加する。6回には阿部の2ランが出て4-0に。巨人の先発ポレダは5回までわずか1安打に抑える快投を見せていたが、6回、鳥谷のタイムリーで1点を返されると、7回にもランナーをためて降板。その後梅野のタイムリーで1点差となる。巨人は8回、坂本のホームランで2点差とするが、その裏、阪神はダブルプレーの間に1点を返しまたも1点差。9回にも2アウト1,3塁のチャンスを作ったが、澤村がなんとか抑えた巨人が勝利、自力優勝消滅のピンチを免れた。

先発のポレダは7回途中3失点。菅野を使う選択肢もあった中で相性の良さを買われて先発したが、その役目をなんとか果たしてくれた。5回までは素晴らしいピッチングだったが、その後は疲れたか、あるいは見切られたか。とにかく勝ちもついて良かった。

そして今日の大きなポイントが継投。まず7回、ポレダがピンチを作った場面で原監督は宮國をマウンドに送った。今までだったらここはおそらくマシソンだっただろうが、昨日の結果、そしてこれまでの結果を考えて、宮國に託した。これは非常に大きなことだと思う。結果、宮國はポレダの出したランナーを返したものの、同点は許さなかった。微妙な結果ではあるが、個人的には納得できる采配だった。そしてもう1つ、8回に山口がピンチを作った場面で早くも澤村を投入した。これもダブルプレーの間に1点は取られたが、絶対に勝つという意思が見える采配だったと思う。山口も本調子には程遠いし、マシソンと同じように配置転換を考えてもいいと思う。左なら個人的には戸根をおすすめしたい。そして澤村は2日連続での2イニングだったが、よく頑張ってくれた。たださすがに疲れがたまっているはずで、できれば澤村を使わないで勝てるような展開にしたい。

打線は2本のホームランが効果的だった。阿部はここ7試合で4ホームランと、ようやく調子が出てきたか。あと1ヶ月早ければという気もするが、この調子でCSまで行ってくれるならそれもいいか。あとは、立岡がちょっと調子を落としているのが心配。甲子園が苦手なだけならいいのだが、立岡もこれだけ一軍で出続けたことが無いので疲れているのか。

負ければ終わり、といってもいい1戦を辛うじてものにした。しかし阪神とヤクルトとは依然2ゲームの差があり、さらに巨人は残り試合が少ない。負けられない試合が続く。

明日は試合が無く、あさってからはDeNAとの2連戦。先発は順番通りなら菅野と高木になりそうだが、高木がDeNAを苦手としているので、高木を飛ばして大竹でも良いんじゃないかと思う。ただ大竹も今季はDeNA戦で投げていないので賭けではあるが。あとは復調気味の打線がまた沈んだりしなければ。東京ドームでの試合なので、ここは2連勝したい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 23:12 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月9日 巨人3-4阪神

3回、鳥谷の内野ゴロの間に阪神が先制。4回、相手のエラーで巨人が同点に追いつく。その後は膠着状態が続いたが、7回、阿部の2ランで巨人が勝ち越しに成功する。しかしその裏、ゴメスのタイムリー2ベース、伊藤の犠牲フライで阪神が再び同点に。試合はそのまま延長戦に入り、11回、マートンのサヨナラタイムリーで阪神が勝利。2位以下との差を広げた。

先発のマイコラスは7回3失点。3週間ぶりの復帰登板として、決して悪くは無かった。ただ、味方が勝ち越してくれた直後に失点してしまったのが非常にもったいなかった。あそこを凌げていればおそらく勝っていたので、残念だった。とはいえ、ここで戻ってきてくれたのは心強い。残り試合も頼んだ。

今日の負け投手はマシソン。これで8敗目となった。これは巨人では先発の菅野・高木に次いで多く、セリーグでもリリーフとしては最も多い。いいかげん、配置転換を考えなければいけないと思う。今の状態のマシソンを信頼することはちょっとできない。右なら宮國や田原もいるし、今の状態を脱するまででもいいので真剣に考えてもらいたい。

打線は9回の大チャンスを活かせなかった。ノーアウト3塁という絶好のチャンスを作りながら、内野ゴロ、内野フライ、犠牲フライに十分な外野フライで3アウトと、ダメな攻撃のお手本を見せられてるような感じだった。阿部と長野の調子が上がりつつあるのはいい傾向だけど、うまくつながらないなあ。

阪神を直接たたける大事な機会だったが、落としてしまった。これで3ゲーム差。阪神との残り試合は4で、明日敗れるとついに自力優勝が消滅する。いよいよ追い込まれたと言っていい。ここからは、こだわるというのを捨ててやってほしいと思う。「4番阿部にこだわる」とか、「勝ちパターンは山口、マシソン、澤村にこだわる」とかをやめて、とにかくその時点でのベストの選択をしていってほしい。その上で負けたらもうしょうがない。

明日の先発は巨人がポレダ、阪神がメッセンジャー。中5日で菅野という選択肢もあったが、ここはポレダで来た。これは相性を考えてのことだと思う。ポレダは阪神戦4勝1敗と相性がいいが、次のカードのDeNAを苦手としている。一方の菅野はどっちにも相性がいいので、菅野をDeNAに回したんだと思う。ただこれだと来週、菅野が神宮で投げることになりそうなのが不安なのだが、そこはうまくやりくりしてほしい。対するメッセンジャーとは6度目の対決。ここまではメッセンジャーから見て2勝3敗、防御率3.90と、巨人は割と打っている方である。ただメッセンジャーが苦手なのは巨人というより東京ドームのようなので、甲子園でやる明日はどうなるか。

タグ:野球 阪神 巨人
posted by K at 00:18 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする