2015年09月12日

9月12日 巨人6-3DeNA

初回、梶谷のタイムリーでDeNAが先制。2回にはピッチャーの砂田が自らタイムリーを打ち2-0、ここで巨人の先発高木勇は早くもマウンドを降りる。巨人はその裏、加藤のタイムリーで1点を返すと、5回、坂本の犠牲フライで同点に追いつく。そして6回、村田のホームランで巨人が勝ち越すと、さらにアンダーソンの3ランで突き放した。DeNAは8回に筒香のタイムリーで1点を返すが、巨人が逃げ切って2連戦の初戦を取った。

先発の高木勇は2回途中2失点。やっぱりDeNA戦で結果を残せなかったが、元から相性が悪いのは分かっていたわけで、どうにかしてずらせなかったのかという気はする。おそらく菅野をヤクルト戦で投げさせないための調整なんだと思うが、結果中継ぎをたくさん使ってしまったので微妙なところだ。

しかし、その中継ぎが奮闘。2番手の京介が3回1/3を無失点に抑えて流れを作り、戸根、田原とつないだ。戸根は今シーズン41試合目の登板で念願のプロ初勝利。1年目から非常によく頑張ってくれている。一方で8回に登板した山口が失点し、結局澤村が登板することになってしまった。山口はここ6試合中4試合で失点しており、マシソン同様今の山口を信頼するのは厳しい状態。今日好投した京介や戸根を試してみてもいいのではないだろうか。

打線は6回に2ホームランで勝ち越し。好調だった阿部がノーヒットだったが、不調気味になっていた立岡が猛打賞だったり、村田が勝ち越しホームランを打ったりと明るい材料は多かった。今日の活躍を見ると、アンダーソンは来季もいてもいいんじゃないかと思う。他の助っ人野手と比べて信頼度が全然違う。

これで阪神・ヤクルトとは1ゲーム差。明日の結果次第では3チームがゲーム差なしで並ぶ可能性があり、この優勝争いは最後の最後までもつれそうだ。残り試合数が一番少ない巨人としては、とにかく勝つしかない。

明日の先発は巨人が大竹、DeNAが井納。前回2勝目を挙げた大竹だが、雨で試合が中止になった影響で2週間ぶりの登板となる。間隔が開いたのが吉と出るか凶と出るか。対する井納とは今季2度目の対決。5月8日以来の対戦で、確かに今年はあんまり見ていない。また井納自身も7月31日以来久々の1軍マウンドとなる。5月の対戦時は4回途中4失点と打ち崩しており、打線の調子も上向きな今、しっかりと勝ちたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 22:06 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする