2015年09月13日

9月13日 巨人3-0DeNA

2回、アンダーソンの2試合連続ホームランで巨人が先制。その後は巨人・大竹、DeNA・井納の両先発の力投でなかなか点が入らない状況が続いたが、7回、その大竹の代打で出た堂上が2ベースを放ちチャンスを作ると、坂本がタイムリーを打ち、巨人に次の1点が入る。さらに8回には村田が、こちらも2試合連続となるホームランを打ち3-0。最後は4試合連続登板となった澤村が締め、巨人が3連勝。今季のDeNA戦の勝ち越しも決めた。

先発の大竹は7回無失点。2試合連続でしっかりと結果を残した。昨日中継ぎを多く使っていたので、7回まで投げてくれたのも大きかった。この調子のまま、今後も戦力になってほしい。

そして今日は8回、2点リードの場面で田原を2番手で使った。結果ピンチを作って降板し、あとを受けた山口がダブルプレーに打ち取ってピンチを脱したが、田原を使ったことは決して間違ってはいないと思う。現状、澤村以外は誰が出てもギャンブルみたいなものなので、とにかく試してみるべき。その中で誰かが適性があればいいし、誰も無ければそのとき調子のいい人から使っていくしかないし。

打線は終盤にDeNAを突き放した。本当は7回の坂本のあとのチャンスでさらに取るのが一番いいんだけど、それができないあたり、まだ復調「気味」どまりなんだろうな。

今日はヤクルトが引き分け、阪神が敗れたので、ヤクルトが単独首位に。上位3チームが0.5ゲーム差の中にいるという大混戦となっている。さらに広島も2.5ゲーム差まで迫ってきており、この3チームもまだCS確定ではない。

次は火曜日の広島戦で、これは1試合のみ。そのあと2日休みがあって、そこから大きな山場となる7連戦がある。火曜日はおそらく菅野が先発。マツダスタジアムでの試合となるが、CSに進むためにもここは負けられない。

タグ:巨人 DeNA 野球
posted by K at 23:09 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成27年秋場所 初日○旭日松

初日 ○御嶽海(叩き込み)旭日松●

立ち合いでしっかりと当たると、まず旭日松が少し引く。そこにしっかりついていった御嶽海が押していくと、旭日松はこらえ、前に出ようとする。しかし、そこで御嶽海がはたいて勝負あり。先場所優勝の御嶽海が、今場所の初日も白星スタートとなった。

まず相手の旭日松について書くと、旭日松(「あさひしょう」と読む)は平成元年生まれの26歳。初土俵から6年半かけて十両に上がると、そこから1年足らずで新入幕を果たす。しかし幕内には定着できず、ここ2年は十両暮らしとなっている。体格的には御嶽海よりも若干小さい。

そんな旭日松との取組だったが、御嶽海は非常に落ち着いていた。巡業中に股関節を痛めたらしいのだが、今日の内容を見ているとそんなに問題ではなさそうだ。相手の引きにしっかりついていけるのが御嶽海のいいところだと思う。決まり手は叩き込みだったが、今日みたいに攻め込んだ上での引きや叩きなら問題ない。

今場所、御嶽海が目標とする勝ち星は3つあると思っている。
1.4勝…これは、来場所も十両に残るために必要な勝ち星の数。単純計算なら3勝すれば大丈夫だが、そうするとギリギリになって他の力士次第になってしまうので、確実に残れる4勝が必要だ。今日の相撲を見た限り、これはすぐに達成できると思う。

2.8勝…これはもちろん勝ち越し。どんな番付にいても一番の目標はまずはこれだと思う。十両6枚目までの12人のうち、御嶽海、北磻磨、輝の3人を除いた9人が幕内経験者であり、うち2人は三役経験もある。ここで勝ち越すのは容易ではないが、やってくれると信じている。

3.11勝…これは、新入幕の可能性が大きくなる勝ち数。御嶽海は西十両5枚目なので単純計算なら10勝で上がれるのだが、あんまり番付運のよくない御嶽海なので、より可能性を高めるためには11勝したい。11勝すれば、まあ80%くらいの確率で上がれるんじゃないかと思う。12勝すればほぼ確実。

一応最初に4勝と書いたが、これはたぶん大丈夫じゃないかと思うので、今場所もまずは勝ち越しを目指してほしい。

明日の相手は里山。現在34歳のベテラン力士である。初土俵からおよそ3年で順調に新入幕を果たすが、2場所で十両に落ちると、さらに幕下に陥落。低迷が続いていたが、昨年、昭和以降最長ブランクとなる37場所ぶりに再入幕。その後また十両に落ち、先場所は再び幕内に上がったが、1場所で十両に戻ってきた。非常に小兵の力士として知られており、体重は123キロ。御嶽海とはもちろん初対戦となる。ちなみに、上位では数少ない、本名のままの力士である。十両以上では他に、高安、遠藤、石浦、正代がいる。小兵なぶん、パワーでは御嶽海が勝っているはずなので、明日は押し切っての勝ちが見たいところだ。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:09 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする