2015年09月17日

平成27年秋場所 5日目○荒鷲

5日目 ○御嶽海(押し出し)荒鷲●

1回目の立ち合いが不成立で、2回目の立ち合いで立った両者。荒鷲は得意の形にしようとまわしを取りに来たが、御嶽海はそれをさせまいと突き放す。そのまま一気に押し出した御嶽海が4勝目を挙げた。

昨日今場所初黒星を喫し、さらに1回目の立ち合いが不成立だったということでちょっと心配していたが、そんな心配を吹き飛ばすような素晴らしい相撲だった。突き押しが得意な御嶽海とまわしを取っての相撲が得意な荒鷲、どっちが自分の形を作るかというのがポイントだったが、御嶽海は相手に何もさせなかった。御嶽海は相手の形を作らせないのがとてもうまいと思う。先場所もケガするまではほとんど自分の形に持っていけていた。

序盤戦終わって4勝1敗。予想以上に順調だと思う。4勝1敗という成績もそうだが、なにより内容がいい。勝った4番はすべて良い内容で勝てている。これから好調な力士とも当たるだろうが、今場所もいいところまでいけるのではないだろうか。

ちなみに、5日終わった時点で全勝は豊響と松鳳山の2人。御嶽海の他、阿武咲、明瀬山、正代が1敗で続く。幕内経験豊富なベテラン2人を、幕内経験のない4人が追う展開だ。

明日の相手は貴ノ岩。貴ノ岩はモンゴル出身の25歳。しこ名に貴があることから分かるように貴乃花部屋の力士で、貴乃花部屋としては初めて誕生した関取である。その後新入幕も果たし、最高位は西前頭11枚目。先場所も幕内にいたが、負け越して十両転落となった。今場所は西十両2枚目で、ここまでは3勝2敗。実績はまだそれほどでもないが、十両ではしっかり勝ち越す力のある力士だ。取り口は今日の荒鷲と同じくまわしを取って力を発揮するスタイル。今日と同じように突き放していけるか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 21:36 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成27年秋場所 4日目●松鳳山

4日目 ●御嶽海(掬い投げ)松鳳山○

立ち合いは五分に見えた両者。御嶽海はまず押していこうとするが、松鳳山も簡単には押されず、左を差す。御嶽海はここで思わず引くが、逆にまともに呼びこんでしまい、松鳳山が一気に攻め込んで最後は掬い投げ。3連勝同士の対戦を松鳳山が制し、御嶽海は今場所初黒星となった。

立ち合いは五分だと思ったのだが、御嶽海によると立ち遅れたらしく、確かによく見ると松鳳山の方が姿勢がいいように見える。御嶽海は少し押し込んだのだが、松鳳山が左を差していた。そこで思わず引いてしまったが、左を差している状態の松鳳山はそれでは落ちず、逆に攻め込むきっかけを与えてしまった。もしかしたらそれでも勝てる相手もいるのかもしれないが、三役経験もある実力者の松鳳山には通じなかった。今日はちょっと実力差を感じた。3連勝していたけど十両上位はそんなに甘くないということか。

さて、今日の相手は荒鷲。モンゴル出身、29歳のベテラン力士である。2002年九州場所で初土俵を踏んだが、その後は長らく十両に上がれない日々が続く。2011年、八百長問題で多くの力士がいなくなったことで、負け越しながら新十両に昇進するも負け越し。十両で初めて勝ち越したのは昨年の初場所のことだった。その後は新入幕も果たし、西前頭8枚目まで上がったが、先場所再び十両に転落。先場所は勝ち越し、今場所はここまで2勝2敗としている。まわしを取る相撲が得意のようなので、御嶽海はまわしを取らせないようにするのがいいだろうか。連敗を避け、1敗で序盤を終えられるか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 14:07 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じゃんけん大会2015 振り返り&予想答え合わせ

今年のじゃんけん大会は藤田奈那の優勝で幕を閉じた。全部終わったので、あらためて大会を振り返る。

続きを読む
posted by K at 01:52 | Comment(2) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする