2015年09月19日

9月19日 巨人4-10ヤクルト

2回、加藤の犠牲フライで巨人が先制。その裏、雄平のタイムリーでヤクルトが同点。3回にはアンダーソンの2点タイムリーで巨人が再び勝ち越すが、その裏、ヤクルトはバレンティンのタイムリーで1点差に迫ると、雄平の3ランで逆転する。5回、巨人はプロ初スタメンのルーキー岡本がプロ初タイムリーを打って1点差とするが、7回、バレンティンのタイムリー、中村の犠牲フライでヤクルトが2点を追加。8回には畠山の3ランが出て巨人にとどめを刺した。ヤクルトが首位をキープした。

先発の大竹は3回5失点。今日は結果を残せなかった。ここ2試合良い感じで来ていたので今日も期待していたのだが残念。やはりヤクルトの打撃陣は強力だ。

また今日はリリーフ陣が終盤に突き放された。宮國と戸根は今季頑張ってきたが、大事な試合で打たれてしまったのは痛い。まあ先発が3回で降りて、長いイニングを投げなきゃいけなくなってしまったのも原因だと思うが、昨日の結果と合わせて考えると、勝ちパターンはやっぱり山口とマシソンでいくことになるのかな。

打線は先発の石山は攻略した。しかしこちらも強力なヤクルトのリリーフ陣を打つことができなかった。ヤクルトとはCSでやる可能性もあり、勝つには中盤までに、というか先発がマウンドにいる間にリードしなければいけないのがわかった。

できれば2連勝したかったが、神宮で1勝1敗ならギリギリ踏みとどまったと見るべきか。この間、阪神と広島が連敗したため、ヤクルトが首位、2ゲーム差で阪神と巨人、さらに2.5ゲーム差で広島という状況に変わった。巨人はとにかくまずCS出場権を取ること。残り試合数が少ない代わりに、連戦が少ないのが巨人の有利な点だと思うので、その利点を活かしたい。

明日からは中日との2連戦。中日とはこれが今季最後の試合となる(おそらくCSで戦うことも無いと思われる)。すでに今季の勝ち越しを決めている得意な相手なので、ナゴヤドームではあるができれば連勝したい。

明日の先発は巨人が高木勇、中日が若松。高木は現在8勝9敗。2ケタ勝利のためには明日の勝利が必要。中日戦は比較的苦手にしている方なので心配だが、前回の対戦では7回無失点に抑えているので、そのいいイメージのまま投げてほしい。対する若松とは今季4度目の対戦。ここまでは若松から見て2勝1敗、防御率3.15とまずまずといったところだが、前回は5回6失点と打ち崩している。こちらもいいイメージで臨んでほしい。

posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成27年秋場所 7日目○若乃島

7日目 ○御嶽海(突き出し)若乃島●

立ち合いから両者の突っ張り合いとなった相撲。両者とも突き押しが得意だが、攻めていくのは御嶽海。今場所は攻め込んでからの叩きも見られた御嶽海だが、今日は最後まで攻撃の手を緩めず突き出し。1敗を守り6勝目を挙げた。

今日は素晴らしい相撲だった。土俵下で師匠も見ていたからなのか、相手も突っ張りで対抗してきたからなのか分からないが、今場所で一番気迫が感じられた。そして突き押しならば御嶽海はそうそう負けない。ケガしていたとき以外はいまだにほとんど押し負けていない。この相撲をさらに磨いていってほしい。

明日の相手は大翔丸。大翔丸は現在24歳で、御嶽海の1つ年上。御嶽海の前の年にアマチュア横綱となった力士で、幕下15枚目格付出でデビュー。新十両まで7場所かかったが、今年の春場所に新十両に昇進。1場所で幕下に戻ったが、先場所は幕下優勝を果たし、今場所十両に戻ってきた。今場所はここまで4勝3敗。御嶽海は今場所が4場所目だが、大翔丸とは明日が3度目の対戦となり、御嶽海が今のところ最も対戦している相手である。過去2回はともに御嶽海が勝利。2度目の対戦では、これまでで唯一「上手投げ」で勝っている。ただ大翔丸も基本的には突き押しの力士なので、明日も押し合い、もしくは突き合いの展開になるのではないかと思う。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:16 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩本輝雄「青春はまだ終わらない」公演 セットリスト

本日、著名人公演の2番手、岩本輝雄「青春はまだ終わらない」公演が初日を迎えた。
セットリストは以下の通り。曲名の後のカッコはその曲の初出の公演やシングル。


01.バラの果実(31stシングルc/w)
02.さよならクロール(31stシングル)
03.真夏のSounds good!(26thシングル)
04.ラブラドール・レトリバー(36thシングル)
05.Everyday、カチューシャ(21stシングル)
自己紹介MC
06.ツンデレ!(A5th「恋愛禁止条例」):加藤玲奈・小嶋菜月・大島涼花
07.青空カフェ(32ndシングル劇場盤c/w):西野未姫・込山榛香・大和田南那・川本紗矢・小栗有以・伊豆田莉奈・岡田彩花・佐々木優佳里・岩立沙穂・野澤玲奈
08.くまのぬいぐるみ(A4th「ただいま恋愛中」)
09.ギンガムチェック(27thシングル)
10.BINGO!(A4th「ただいま恋愛中」)
MC
11.呼び捨てファンタジー(24thシングルc/w)
12.希望的リフレイン(38thシングル)
13.ハロウィン・ナイト(41stシングル)
14.心のプラカード(37thシングル)
15.君のことが好きだから(14thシングルc/w)
16.永遠プレッシャー(29thシングル)
17.好きと言えば良かった(B4th「アイドルの夜明け」)
18.大声ダイヤモンド(A5th「恋愛禁止条例」/10thシングル)
MC
19.僕の桜(B3rd「僕の桜」)

EN1.僕のYELL(16thシングルc/w)
EN2.ひこうき雲(A5th「恋愛禁止条例」)
EN3.ファースト・ラビット(4thアルバム)

なんと全22曲。小朝公演の17曲と比べて多いが、シングル曲は短めになっているので公演時間は同じくらい。
そして一目見て分かるように、シングル曲が非常に多いのが特徴。一方で公演曲は「大声ダイヤモンド」を含めても7曲と少なくなっている。

テルさんがあん誰で新規向けのセットリストと言っていたようだが、確かにシングル曲を並べてあるのであまり詳しくない人でも分かる曲が多い。公演というよりも大きなところでのコンサートとか、全国握手会のミニライブのセットリストっぽい。

そんな中でも、シングル曲以外の選曲は面白いなと思った。「ファースト・ラビット」とか「ひこうき雲」は鉄板だけど、「くまのぬいぐるみ」とかは多分他の人は誰も選ばないだろう。「青空カフェ」や「好きと言えば良かった」もコンサートではあまり披露されないので良いと思う。

シングルいっぱい並べるのは賛否あるだろうし多分否の方が多いんじゃないかと思うが、個人的にはそこまで悪いとも思わない。確かに大きなコンサートや全握と同じになってしまうかもしれないが、距離が違う。シングル曲を間近で見られるというのはまた価値があるものなんじゃないかと思う。ただ見ていて思ったのは、シングル曲って1曲1曲がキャッチーで、言いかえれば重量級の曲なので、あんまり連続するとちょっと重いというか、疲れるなと思った。自己紹介後の5曲とか、アンコール後の3曲くらいのバランスが良いと思う。

あとは、ユニット曲が実質1曲だけというのが大きな特徴だが、これは個人的には反対。普通の公演だけならまあいいんだけど、この公演で生誕祭をやるメンバーもいる。明日もさっそくさややとゆかるんの生誕祭があるのだが、特にゆかるんはセンター曲が無く、ユニットも大人数の「青空カフェ」だけなので目立つところがない。できれば全員にセンターのような目立つ場面を作るか、あるいは4人くらいまでの少人数のユニット曲をもう少し入れて、1人1人がもうちょっと目立つようにしてほしかった。セットリストの完成度としては小朝公演の方が上だと思う。

さて、現在9月いっぱいまでの公演スケジュールが発表されているのだが、未定の28日を除いて小朝公演とテル公演で埋まっており、残る2人の公演開始時期はまだ未定となっている。こうなってくると、前半と後半で2公演ずつ分けるのかなと思う。しばらくは2つの公演(+チーム8)で回すことになりそうだ。

posted by K at 01:25 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする