2015年09月26日

平成27年秋場所 14日目○英乃海

14日目 ○御嶽海(寄り切り)英乃海●

御嶽海にとって初めての幕内での相撲となった今日。立ち合いから踏み込んで英乃海を突き放すと、そこからまわしを取りつつ一気に寄り切り、英乃海を圧倒。先場所に並ぶ11勝目を挙げた。

初めての幕内で、どんな相撲を見せてくれるかと期待していたが、その期待に応える素晴らしい相撲だった。個人的には今場所一番だったんじゃないかと思う。英乃海は今日の一番で負け越しが決まり、来場所は十両に落ちることが濃厚だが、それでも今場所6勝している力士。その力士をこれだけ圧倒できたと考えると、幕内でもやっていけると思う。

十両の優勝争いでは、1敗だった松鳳山が勝ち、十両優勝を決めた。松鳳山にとっては初めての十両優勝となる。すでに優勝が決まっていたのも御嶽海にとってはプレッシャーが少し減って良かったのかもしれない。

優勝が決まったことで、次の話題は昇進争いに。御嶽海は今日が終わって11勝3敗。西十両5枚目なので十分幕内に上がれる星である。現時点では松鳳山と豊響に次いで優先度は3番目となるが、明日貴ノ岩と輝が勝っても御嶽海を上回ることはないので、優先度は良ければ2番目、悪くても3番目となる。それに対して、幕内から落ちる星になっているのがすでに鏡桜、英乃海、青狼と3人いるため、少なくとも枠は3つある。つまり、御嶽海の新入幕はほぼ確実となった。番付が発表されるのは10月末なのでそれまでは分からないとはいえ、ほぼ間違いないだろう。来月末の吉報を待ちたい。

というわけで、優勝争いも新入幕争いもほぼ終わってしまったが、秋場所はあと1日残っている。勝てば先場所を上回る12勝。来場所の番付をより上げるためにも、いい形で場所を終えるためにも勝って終わりたい。

明日の相手は明瀬山。明瀬山との対戦は2度目で、1度目は先場所の初日。このときは寄り切りで御嶽海が勝っている。明瀬山は今場所西十両10枚目で、ここまで9勝5敗と好調。明日勝つと、来場所は30歳にして自己最高位を更新する可能性が高くなる。御嶽海としてはとにかく1度勝っている相手なので、やりにくさは無いんじゃないかと思う。今日の相撲ができればきっと勝てるはずだ。それにしても、十両も見るようになってから気づいたが、改めて明瀬山ってすごい体してるなと思う。一回取組をスーパースローで見てみたい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:18 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする