2015年09月27日

9月26日 巨人4-3ヤクルト

初回、山田の3ランホームランでヤクルトがいきなり3点を先制する。巨人は2回、長野の2ランホームランで1点差と迫ると、4回には岡本のタイムリーで同点に。そして5回には阿部のタイムリーで勝ち越しに成功した。巨人は6回以降、リリーフ陣が必死に抑え、1点差でヤクルトに勝利。5連勝でヤクルトとのゲーム差を1とした。

先発の高木勇は5回3失点。初回にいきなり3点を失うという非常に苦しい立ち上がりだったが、そこからよく粘った。ただ、ここにきて高木はかなり調子が悪い。9月に入ってからは5回が最長で、不安定になっている。この状態のままだとCSもちょっと不安だ。

一方、ここにきて調子を取り戻しているのがリリーフ陣。山口、マシソンともに復調しつつある。この調子を維持してくれれば、先発が6回まで頑張ればいいのでだいぶ楽になる。なんとかこのままいってほしい。

打線は今回も石山を攻略。さらに今回はロマンから勝ち越した。ヤクルトの中継ぎから打てたのは大きい。それにしても岡本はすごいな。今日も同点タイムリーを放った。高卒1年目が、これだけ緊張感のあるような試合で打てるとは、来年も楽しみだ。ついでに言うと、ヒーローインタビューもすでに高木よりうまいと思う(まあこれは高木の問題だけど)。

負けた瞬間にヤクルトにマジックが点灯するという状況が続く中で勝ち続けている。明日も勝つしかない。明日の先発は巨人が菅野、ヤクルトが石川。巨人は予想通り、中4日で菅野を出した。菅野は今季ヤクルト戦で0勝3敗、防御率6.89と散々な成績だが、この3戦はいずれも神宮での試合。昨年までの成績を見ると菅野が苦手なのはヤクルトというより神宮なので、これまでの成績はあてにならない、はず。中4日できついかもしれないが、エースとしてなんとか頑張ってほしい。対するヤクルトも石川を中4日で出してきた。これはもちろん、巨人が石川を苦手としているからだ。勝敗は石川から見て3勝2敗とそれほどでもないが、防御率は2.67と巨人打線をしっかり抑えている。ただしこれも神宮での試合が大きく反映されており、東京ドームでの試合だけみると0勝2敗、防御率4.09と変わる。これは巨人にとってはいいデータだ。明日勝って、ゲーム差なしに迫りたい。

posted by K at 00:26 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする