2015年10月24日

2015日本シリーズ第1戦

【第1戦】ヤフオク!ドーム
ソフトバンク(0勝)4-2ヤクルト(0勝)

長いプロ野球史の中で初めてとなった、ソフトバンクとヤクルトによる日本シリーズ(前身球団も含む)。初戦の先発はソフトバンクが武田、ヤクルトが石川。両チームとも初回にチャンスを作るが、ここは両先発が踏ん張る。試合が動いたのは4回。松田のソロホームランでソフトバンクが先制する。するとここからソフトバンク打線が止まらない。松田のホームランを含めて6連打となり、高谷、川島のタイムリーで2点を追加。3-0とする。6回には明石のタイムリーでソフトバンクが追加点を挙げる。ソフトバンクの先発武田は2回から7回までノーヒットに抑える素晴らしいピッチングで、完封を目指して9回のマウンドへ。しかしこのままやられるわけにはいかないヤクルトは、畠山の2ランホームランで2点を返し2点差に。しかし反撃はここまで。武田が完投したソフトバンクが先勝となった。

地元福岡での開幕戦となったソフトバンクは打線が実力を発揮。今日打席に立った11人全員がヒットを打って15安打。15安打で4点というのは効率が悪いが、良い滑り出しとなったのは間違いないだろう。また投げては武田が2失点完投。とくに2回から7回までは、6イニングを打者18人で抑えるというほぼ完璧なピッチングを見せた。最後に2失点こそしたが、中継ぎを使わずに終わらせたのは良かったのではないだろうか。

一方、ヤクルトは打線がわずか4安打と沈黙。投手も、先発の石川が8安打を打たれて4回で降板するという残念な結果となった。ただ、ヒットを打たれながらも残りイニングを1失点にとどめた中継ぎ陣と、9回に一発を打って明日につなげた畠山は良かったと思う。特に畠山のホームランは、無抵抗で終わっていたらソフトバンクがこのシリーズ一気に行きかねないと思ったので大きかったと思う。

まずはソフトバンクが先勝。ソフトバンクはこのまま連勝して神宮へ行きたい。一方ヤクルトは明日負けると神宮で日本一を決めることができなくなるので、明日勝って五分で神宮へ戻りたいところだ。予想先発はソフトバンクがバンデンハーク、ヤクルトが小川。

posted by K at 22:22 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

高橋由伸が巨人監督に就任、現役を引退

原監督の退任に伴い、新監督就任の要請を受けていた高橋由伸が本日、要請を受諾し、新監督に就任することを決めた。これに併せて、現役を引退することも発表された。

まず感じたのは寂しさと、そして怒り。もちろん由伸にではない。球団に対してだ。

今季代打の1番手として素晴らしい成績を残し、来季に向けて準備を始めていたはずの由伸がなぜ引退しなければならないのか。由伸は現役を続ける気でいたのに。

これは巨人の監督は生え抜きでなければならないというのが関係していると思われる。有力候補と思われていた人のうち、川相ヘッドコーチは現役の終盤に中日に移籍している。また江川さんはそもそもドラフトでは阪神に指名されている。この2人は生え抜きではないのである。だから由伸に回ってきたのだと思うが、そもそも監督が生え抜きである必要はどこにあるのだろうか。生え抜きじゃないと巨人は強くならないのか。そして百歩譲って生え抜き限定にしたとしても、生え抜きでさらに実績も兼ね備えた斎藤雅樹コーチもいるのに、なぜ現役で来季もバリバリやれる由伸が引退しなければいけないのだろうか。

由伸が監督になれば人気が上がると思っているのなら甘いと思う。たとえば、松井秀喜が監督になるというならお客さんは増えると思う。それは松井と由伸の人気の差ではなくて、松井は今巨人にいないから。今のチームに松井がプラスされるわけだから、松井を見に来るお客さんは増えるだろう。でも由伸はすでに巨人にいる選手で、それが監督になったとしてももともといる状況は変わらない。つまり由伸目当てで来るお客さんは今までも来ているはずなので、そんなに増えることはないと思う。むしろ監督になるとほとんどベンチにいるので、グラウンドに出てくる可能性のある選手よりも見られる機会は減ると思うのだが。キャンプのお客さんは増えるかもしれないけど、キャンプのお客さんを増やすことが目的ではないだろう。

どんなに文句を言おうとも決まってしまったし、決めたのは一応由伸本人なのでそれは尊重するし、由伸監督は全力で応援する。ただ、せめて引退試合と引退セレモニーだけはしっかりやってほしい。できれば公式戦でやってほしいのだが、現役を引退してしまうと厳しいのだろうか。

無理を言って監督にしたからには、全力で由伸をバックアップしてもらいたい。由伸が希望するコーチはなるべくそろえてほしいし、希望しないならとにかく経験豊富で実績のあるコーチで脇を固めてもらいたい。

最後に由伸、本当にありがとう。そして18年の現役生活、お疲れさまでした。これからは由伸監督、よろしくお願いします。

posted by K at 23:32 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『NGT48のみんな神対応!!ラジオあくしゅ会!!』4回目の感想

出演メンバー:奈良未遥(みはちゃん)、宮島亜弥(あやにゃん)、村雲颯香(もふちゃん)

みはちゃんともふちゃんは『PORT』の3回目に続いての出演、あやにゃんは初ラジオ。全員高3だ。

『PORT』とどっちを先に録ったのか分からないが、みはちゃんはなんか『PORT』よりぎこちなかったような気がする。ラジオの雰囲気の差だろうか。あと『PORT』のときはあまり気付かなかったが、テンションが上がったり緊張したりするとかなり声が高くなる。

もふちゃんは冒頭でばかうけ食べたり、かとみなをカトゥーって呼んだり、癒しの一言で「低反発まくら」って言ったり、『PORT』より素が出ていた印象がある。たぶん面白い子だと思う。

あやにゃんはもっとふにゃっとしてるのかなと思っていたが、受け答えはしっかりしていて良かった。たぶん面白いことを言うタイプの子ではないが、NGTはアイドルグループなのでそういう子も絶対に必要。

ここまで『ラジあく』と『PORT』を両方聴いてきて、番組との相性もあるのかなと感じた。『ラジあく』のモジャさんは芸人なのもあってトークにも積極的に入ってくるのに対し、『PORT』のARAREさんはあまり途中で入らないようにしている感じがある。これはそれぞれの個性のようなものなのでどっちが良い悪いということではない。ただメンバーにとってはこっちの方がしゃべりやすい、というのはあるような気がした。今日で言うならみはちゃんは『PORT』の方が、もふちゃんは『ラジあく』の方が向いているかも。これも慣れてくるとまた変わってきそうだ。











posted by K at 22:23 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『PORT DE NGT』3回目の感想

出演メンバー:奈良未遥(みはちゃん)、村雲颯香(もふちゃん)、山口真帆(まほほん)

東北3人組が登場。今までの動画を見ている限り、3人ともトークが上手という印象が無かったので心配だったが、予想していたより良かった。やっぱり割と年長組なので落ち着いて話せていたと思う。あとはたぶん、この3人で出たっていうのが良かったと思う。たぶん出身が近いから普段から仲良しで話しやすかったのだろう。

みはちゃんはとにかくピヨピヨの印象が強かったのだが、結構ちゃんとしていた。今日の3人では、聴く前との印象が一番変わった(良い方に)。

もふちゃんは予想通り一番しっかりしている。優等生キャラだと思うけど、実は大食いとかアイドル好きとか隠れたキャラもあるので、これからもっと素が出てくると面白そう。

まほほんは3人の中で最年長ということもあって、引っ張っていこうと頑張っているのが良かった。ただあんまり向いてないような気はする。変わってはいるけど、頭が悪いわけではなくて自分の世界を持っているんだというのが今回のトークでよく分かった。でも「塩バターフランスと呼んで」はやっぱり変わってる。

明日の第4回のメンバーは西村菜那子(なーちゃん)、太野彩香(アヤカニ)、中井りか(りかちゃん)の3人。この3人はいずれも高3という共通点がある。この中だとなーちゃんがしっかりしていて優等生のイメージがあるので事故る事は無いだろう。アヤカニは実はまだあんまりキャラがつかめていない。関西出身だけどおとなしい、というのは何となく分かる。りかちゃんはザ・女の子というイメージ。喋り方もそういう感じなんだろうか。

posted by K at 18:09 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球ドラフト会議2015 12球団1位指名選手&巨人全指名選手

本日、プロ野球ドラフト会議2015が行われた。各球団の1位指名は誰になったか、そして巨人は誰を指名したのか見ていきたい。


各球団1位指名(○は抽選で当たり、×は抽選で外れたことを示す)

ヤクルト   高山俊×→原樹理
巨人     桜井俊貴
阪神     高山俊○
広島     岡田明丈
中日     高橋純平×→小笠原慎之介○
横浜DeNA   今永昇太

ソフトバンク 高橋純平○
日本ハム   高橋純平×→小笠原慎之介×→上原健太
ロッテ    平沢大河○
西武     多和田真三郎
オリックス  吉田正尚
楽天     平沢大河×→オコエ瑠偉

最初の指名で巨人、広島、DeNA、西武、オリックスの交渉権が確定。中日、ソフトバンク、日本ハムと最多の3球団が競合した高橋純平の交渉権はソフトバンクが、ロッテ、楽天の2球団が競合した平沢大河の交渉権はロッテが獲得。そしてヤクルトと阪神の2球団が競合した高山俊の抽選では、当初ヤクルトの真中監督がガッツポーズをしたため、ヤクルトが交渉権を獲得したと思われたのだが、その後真中監督が勘違いしていたことが判明。金本新監督が引いたくじが当たりだったことが分かり、高山の交渉権は阪神が獲得した。

外れ1位の指名ではヤクルトと楽天が単独指名で交渉権を確定させたが、中日と日本ハムが小笠原慎之介の指名で競合。抽選の結果中日が交渉権を獲得。日本ハムが外れ外れ1位で上原健太を指名し、1巡の指名がすべて終わった。

事前に指名を公言していた球団も多かったので、スポーツ紙の予想も大体当たっていたみたいだが、ロッテと阪神の予想が難しかったようだ。ロッテの平沢指名を当てたのはスポニチだけで、阪神の高山指名は全紙外れだった(ほとんどが高橋純平指名と予想していた)。

その他注目度の高かった高校生選手は、小笠原との2枚看板で東海大相模を優勝に導いた吉田凌がオリックスの5位指名、夏の甲子園準優勝の仙台育英のエース佐藤世那がオリックスの6位指名、石川雅規2世ともいわれる秋田商の成田翔がロッテの3位指名、センバツ優勝の原動力となった敦賀気比のエース平沼翔太が日本ハムの4位指名(内野手として)、ロッテで監督を務めたこともある山本功児さんを父に持ち、夏の甲子園で3本塁打を記録した山本武白志がDeNAの育成2位指名を受けた。


さてここからは巨人が指名した選手を見ていく。新監督も決まらない中、野球賭博問題の渦中にある巨人は何人、そして誰を指名したのか。


1位 桜井俊貴(さくらい・としき) 大学生 立命館大学 投手

単独1位指名となったのが立命館大学の桜井。甲子園の経験はなし。大学2年の春からエースとなると、3年春には11試合に投げて6勝0敗、防御率0.92という成績でMVPを獲得。4年秋には6試合に投げ、防御率1.14と安定感を見せている。直球は最速150キロで、その他チェンジアップ、カーブ、スライダーを投げる右腕。即戦力で先発としての指名だろう。巨人が投手を1位指名するのは菅野以来3年ぶり。菅野のようなエースになってほしい。


2位 重信慎之助(しげのぶ・しんのすけ) 大学生 早稲田大学 外野手

早稲田大学の外野手。早稲田大学と言えば創設者は大隈重信。その名前である「重信」を苗字に持つという、名前でも注目の選手だ。173cm、67kgと小柄で、50メートルは5秒8という俊足を誇る(オコエより速い)。高校時代には早稲田実業で2年のときに甲子園出場。3試合で打率.750という大当たりを見せた。大学に入ってから外野手に転向。3年秋にはすべて単打ながら12試合で19安打、打率.404を記録。4年秋も打率.409を記録している。ちょっとパワー不足が心配ではあるが、俊足は大きな魅力。ライバルも多いがぜひレギュラー争いに割って入ってほしい。


3位 與那原大剛(よなはら・ひろたか) 高校生 普天間高校 投手

名前から分かるように、沖縄・普天間高校の投手。190cm、89kgの大型右腕。甲子園経験はないが、そのトルネード気味のフォームと、最速148キロの直球の魅力から日本ハムを除く11球団のスカウトが注目していた。巨人には沖縄出身の先輩である宮國、平良といった投手がいるので馴染みやすいのではないかと思う。


4位 宇佐美真吾(うさみ・しんご) 大学生 城西国際大学 捕手

城西国際大学の捕手。甲子園出場はなし。大学に入ってからは1年春からリーグ戦に出場し、1年秋にはいきなりベストナインを受賞。2年春にもベストナインを連続受賞する。魅力は強肩で、二塁到達1.9秒弱の送球を誇る。また打撃力もあり、3年秋には2本塁打を記録している。今年の春に顔面を骨折し春季リーグは欠場したが、秋は復帰しホームランを放っている。4位指名ということを考えると小林のライバルというよりは河野・鬼屋敷のライバルだろうか。巨人の捕手は現状小林が1番手、相川・實松・加藤のベテラントリオが2番手争いをしているので、宇佐美・河野・鬼屋敷の3人が競い合ってこの2番手争いに食い込んでほしいところだ。


5位 山本泰寛(やまもと・やすひろ) 大学生 慶応義塾大学 内野手

慶応大学の内野手。甲子園出場はなし。大学では2年春からレギュラーに定着。打率は高くないものの、一番の売りであるショートの守備を活かして戦力に。またパンチ力もあり、4年秋には3ホームランを放っている。巨人には坂本という絶対的なショートがいるがどうするのだろうか。あくまでショートで挑戦するのか、どこかにコンバートするのか。ちなみにイケメンらしい。


6位 巽大介(たつみ・だいすけ) 高校生 岩倉高校 投手

東京・岩倉高校の投手。甲子園出場経験はないが、最速143キロの直球と切れのあるスライダーで注目されている左腕。高卒左腕ということでまあ時間はかかりそうだが、じっくり育ててほしいところ。


7位 中川皓太(なかがわ・こうた) 大学生 東海大学 投手

東海大学の投手。甲子園出場はなし。大学では1年春から出場機会を得るが、頭角を現すのは3年春。ここで防御率リーグ7位となると、4年春には6勝0敗、防御率0.70で最優秀投手となる。4年秋にも7試合に投げて防御率0.85の成績を残している。巽と同じく左腕だが、こちらは大学生ということで1年目から1軍登板を目指してほしい。


8位 松崎啄也(まつざき・たくや) 社会人 日本製紙石巻 内野手

今回のドラフト唯一の社会人。内野手として指名されているが、チームの選手紹介のところでは捕手となっている。作新学院の高校時代に正捕手として甲子園に出場。本人は3安打したものの初戦敗退している。あんまり詳しい情報が無いが、日本製紙石巻では一塁手として出場し、主砲として活躍しているらしい。阿部みたいなものと思えばいいのだろうか。今の巨人に一番足りないのは長打なので、それを期待できそうな選手だ。


ということで、支配下選手は8人を指名。昨年が4人だったので倍となる。まあこれは野球賭博の影響もあるのだろう。普通に考えると関わっていた3人は解雇されると思うので、その分多めに取ったものと思われる。また巨人に必要なのはどちらかというと野手だと思うのだが、3人がいずれも投手なので投手も取らざるを得なかったのが、こういうドラフトになったんじゃないかと思われる。

ドラフトの情報には疎いので、正直なところ桜井を含めて誰も知らなかったのだが、今の知名度は関係ない。ここから1人でも多く1軍の戦力になってくれることを願う。ちなみにここ数年の巨人のドラフトは、当たりが数人いるか、大当たりが1人いるという状況になっている。昨年の指名組は高木・戸根が1年目から結果を出し、岡本も1軍出場を果たすなど非常に順調。この8人にも期待したい。


さらに、巨人は育成ドラフトでも8人を指名した。

1位 増田大輝 徳島インディゴソックス 内野手
2位 小林大誠 武蔵ヒートベアーズ 捕手
3位 松澤裕介 香川オリーブガイナーズ 外野手
4位 田島洸成 武蔵ヒートベアーズ 内野手
5位 大竹秀義 武蔵ヒートベアーズ 投手
6位 山下篤郎 鎮西高校 投手
7位 矢島陽平 武蔵ヒートベアーズ 投手
8位 長谷川潤 石川ミリオンスターズ 投手

こちらは8人中7人が独立リーグからの指名。とくに武蔵ヒートベアーズからは一挙4人を指名した。育成を多く指名したのは今日発表された3軍を作るためだろう。高校生とかは育成指名だと拒否するケースもあるが、独立リーグの選手たちは基本的にNPBを目指してプレーしているので拒否されないと考えての指名ではないかと思う。巨人は最近は育成からのスターが出てきていないので、まずは支配下を目指して頑張ってほしい。

posted by K at 01:25 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする