2015年10月03日

10月3日 巨人7-5DeNA

2回、亀井のタイムリーで巨人が先制。3回には片岡、長野のタイムリーなどで3点を追加し、4-0とする。しかし4回、DeNAは梶谷の2ランホームラン、倉本のタイムリーで3点を返し、1点差とする。5回、寺内のタイムリーで巨人が1点を追加。6回にはアンダーソンのタイムリーでさらに1点を追加する。しかしその裏、筒香のホームランで2点差に。8回には加藤の犠牲フライで巨人が再び3点差とするが、その裏、筒香の2打席連続ホームランでDeNAがまたも2点差となる。しかし最後は宮國が抑え、巨人が連勝。DeNAとの今季最終戦を勝利で飾った。

先発の大竹は4回途中3失点。ここで好投すればCSの先発枠に入ることになったと思うのだが、これではちょっと無理か。3回までに4点の援護をもらったが、4回に急に崩れた。大竹は結局、安定感のないシーズンだった。今季もまだ登板はあるかもしれないが、来年はしっかり立て直してほしい。

そして4回途中で先発が降板したが、そこからリリーフがよくつないだ。特に頑張ったのは京介と宮國。京介は大竹の後を受け2回と1/3を投げ、2年ぶりの勝ち星を手にした。また宮國は筒香のホームランで2点差となった8回途中から最後まで投げ切った。今季、中継ぎではこの2人が大きく成長してくれたのが大きかった。CSでも頼んだ。

打線は相手に追いつかれそうになるたびに得点を重ねた。序盤で点を取れたのが良かったと思う。打線には調子を上げてもらわないといけないが、兆しは見えたんじゃないだろうか。

さて、DeNAは今日が最終戦で、今季限りでの辞任が発表された中畑監督にとっても最終戦となった。采配とかはあまりよくわからないが、DeNAが球団を持って、中畑監督になってからチームは確実に良い方に変わったと思う。今季は最下位となったが、前半戦は首位を走る快進撃を見せた。来年以降はまた強力なライバルとなるかもしれない。とにかく中畑監督、お疲れさまでした。

そして巨人は明日がレギュラーシーズンの最終戦。優勝を決めたヤクルトとの試合となる。勝っていい形でシーズンを終え、CSに備えたい。明日の先発は巨人が内海、ヤクルトが山中。絶対菅野を持ってくると思ってたのだが、CS1stステージの初戦に出ると考えると中5日になっちゃうから避けたのかな。そして内海は8月19日以来となる1軍登板。今日大竹が打たれたことで、明日好投すればCSの先発枠に内海が入る可能性もあるか。とにかく、今季まったくといっていいほど戦力となれなかった内海が最後に意地を見せられるか。対する山中とは最終戦にして今季初対戦。今季はここまで8試合の登板にとどまったものの、登板した試合の内容は非常によく、6勝1敗、防御率2.49。山中も先発枠に入るかどうか当落線上の選手であり、もちろんCSで対戦する可能性もある。珍しいアンダースローの投手なので、しっかり見極めたいところだ。

最後に、原監督の去就が未定となっていることについて。個人的には来年も原監督にやってもらいたいと思うのだが、1次政権と合わせて12年、2次政権だけで10年という長期政権になっており、優勝を逃した今季は区切りとしてはいいのかもしれない。去就が決まるのはシーズン後ということで、ここから日本一になったら続投の可能性もあるんじゃないかと思う。とにかく、はっきりするまで待ちたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:38 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする