2015年10月05日

巨人・福田に野球賭博行為の疑いで謹慎処分

巨人は今日、福田聡志投手が野球賭博行為を行っていた疑いがあることが明らかになったとして、福田を謹慎処分とし、コミッショナーに告発したと発表した。また、福田に野球賭博を持ちかけた人物を紹介した笠原将生投手も謹慎処分とした。

詳しい記事は以下のリンクから。
【巨人】福田、野球賭博行為の疑いで謹慎処分 笠原の知り合いから紹介

簡単にまとめると、笠原の知り合いであるAという人物から野球賭博を誘われ、今年の高校野球で賭けをした。そこで損をした福田はAから「プロ野球で取り返せばいい」と言われ、プロ野球とメジャーの試合でも同様に賭けをした。そしてその試合の中には巨人戦も含まれていた。この時点で、金銭のやり取りは一度もしていない。その後賭けをやめようと思った福田はAとの連絡をしなくなったが、Aが借金を取り立てようとジャイアンツ球場を訪れ、問題が発覚した。

今の時点での登場人物は福田、笠原、そしてAの3人。この話だと笠原は野球賭博には参加しておらず、野球賭博をしたのは福田とAだけとなっている。

野球賭博っていうのはそれ自体がいけないことのはずなので、誰がやってもダメなのだが、それを当事者であるプロ野球選手がやるっていうのは一番ダメだろう。福田は今季一軍の試合には出ていないので、「八百長」には当たらないかもしれないが、巨人の試合も対象だったんなら株で言うインサイダー取引みたいなもんだろうし。他の選手が一生懸命頑張っているときに試合を勝つか負けるか予想して楽しんでた(かどうか分からないが)っていうのは気持ち的にも許しがたいものがある。

今のところ、福田も笠原も謹慎処分にとどまっているが、これはおそらくまだ全貌が判明していないからで、今後調査が進めば、球団か、あるいはNPBから正式な処分が下されることになるだろう。福田はたぶん現時点でもアウト。現金のやり取りはしていないが、しようとしていた時点でダメだろう。良くて1年くらい活動禁止、ひょっとしたら解雇や永久追放となる可能性もある。笠原の方は本人は野球賭博をしていないと言っているので、それを信じるなら福田ほど重くはならないと思うが、問題はAが野球賭博しているのを知っていながら福田に紹介したのかどうか。もし知っていたならそれはやはり許されることではないと思うし、知らずに紹介していたとしても笠原本人にも誘いがあったのだから、その時点で球団とかに報告しなければいけなかったはず。2人とも、今より重い処分になることはほぼ間違いないと思われる。

野球は2020年の東京五輪復帰を目指している途中。また今シーズンもこれからCSに向かっていくという大事な時期だ。それなのにプロ野球で、しかも巨人でこんなことがあったのが残念でならない。この件はしっかりと調査して、そしてその上でこれ以上広がらないことを祈る。巨人の選手でも他球団の選手でも、どうかこれ以上、この件にかかわっている人がいませんように。

posted by K at 23:04 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする