2015年10月09日

田原総一朗公演の初日・出演メンバーが決定

現在開催中の著名人考案公演。その3つ目となる田原総一朗公演の初日と、初日出演メンバーが発表された。



大体予想通り、『朝生』っぽく田原さんから発表された内容は以下の通り。

田原総一朗『ド〜なる?!ド〜する?!AKB48』公演
初日:10月16日(金)
出演メンバー:谷口めぐ(センター)、川本紗矢(センター)、前田亜美、宮崎美穂、石田晴香、篠崎彩奈、鈴木まりや、高城亜樹、藤田奈那、内山奈月、田名部生来、飯野雅、岡田奈々、野澤玲奈、村山彩希、濱咲友菜


さややとめぐがセンターって、田原さんはこの2人のことを本当に知っているんだろうかと思うのだが、まあ突っ込むのはやめておこう。

メンバーのうち、数人が小朝公演およびテル公演と被っている。具体的には、

小朝公演:高城亜樹、岡田奈々、飯野雅(アンダー)、村山彩希(アンダー)
テル公演:川本紗矢、野澤玲奈

このメンバーたちは2公演をかけ持つのだろうか。あるいはこの2公演は終わりになるのだろうか。ここはちょっと今後のスケジュールに注目したい。

メンバーはベテランが多い。これまでに出ていなかった7期までのメンバーは、選抜を除くとだいたい選ばれた。田原さんがファンになったのはちょっと前っぽいので、そのころからいたメンバーから選んだんじゃないかなと思う。あとは濱ちゃんでおどろいたのだが、田原さんが滋賀県出身なので、たなみんと同じく同郷ということで選んだみたいだ。ただテル公演の小栗ちゃんと違って住んでるのが滋賀なので、公演にはあまり出られなさそうだ。

公演は、たかみなが卒業することを受けて、「AKB48の新しい時代を作る」をテーマとしたらしい。そしてセットリストは、田原さんの推しメンでもあるたかみなに所縁のある曲を中心としたものになるらしい。ということは基本的にはA公演の曲から選ばれることになるのかな。シングルやノースリーブスの曲も入ってくるかもしれない。ちなみに、過去の公演でたかみながやったユニット曲は以下の通り。

A1st『PARTYが始まるよ』…「スカート、ひらり」、「星の温度」
A2nd『会いたかった』…「ガラスのI LOVE YOU」
A3rd『誰かのために』…「Bird」
A4th『ただいま恋愛中』…「純愛のクレッシェンド」
A5th『恋愛禁止条例』…「恋愛禁止条例」
A6th『目撃者』…「愛しさのアクセル」
ひまわり1st『僕の太陽』…「ヒグラシノコイ」
ひまわり2nd『夢を死なせるわけにいかない』…「Bye Bye Bye」

こうやって見ると、たしかにたかみなのユニット曲だけで中盤はなんとかなりそう。それくらい良い曲が多いと思う。どんなセットリストになるか注目だ。


さて、これで残すはマー君の公演のみ。小朝公演、テル公演ともに評判がいいのでハードルも上がっているが、マー君は誰を選び、どんなセットリストにするのだろうか。ちなみに、現時点でアンダー含めてどの公演にも出ていないメンバーは以下の通り(兼任除く)。

チームA:入山杏奈、小嶋陽菜、島崎遥香、高橋みなみ、横山由依
チームK:島田晴香、永尾まりや、武藤十夢
チームB:岩佐美咲、梅田綾乃、柏木由紀、小林香菜、竹内美宥、福岡聖菜、渡辺麻友
チーム4:大川莉央、佐藤妃星、高橋朱里

こうして見ると選抜メンバーは出ないんだろうなっていうのが分かるんだけど、9期が意外と出てない。ここまでこまりこだけだ。このメンバーたちもおそらくマー君の公演に出るか、田原公演のアンダーで出るんじゃないかと思うのだが、たとえばりおりんはケガが完治したのかまだ分からないし、うめたんとせいちゃんは舞台をやっていたりするので、出ないメンバーもいるかもしれない。とにかくマー君公演の詳細も早く知りたいところだ。

posted by K at 23:33 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『NGT48のみんな神対応!!ラジオあくしゅ会!!』2回目の感想

出演メンバー:北原里英・佐藤杏樹・橋真生

前回は、一応喋る機会が多いとはいえ、ラジオ初心者のメンバー3人だったのでワチャワチャ感が強かったが、今回は大ベテランのきたりえがいたこともあり、よりちゃんとしたラジオっぽくなってた。きたりえはANNでも進行を担当することが多いのでそういうのもうまいし、ちゃんとあんじゅとまうまうに話を振っていたと思う。

あんじゅは13歳なのに非常に堂々としていた。まあ見た目も13歳には見えないんだけど。しゃべりはちょっと早口だったけど、モジャさんに無茶ぶりするような度胸があるし、慣れてくればMC要員になれると思う。わりとksgk感があるので、個人的には涼花となつみかんを足して2で割ったような印象だった。

まうまうもあんじゅと同じ中2だが、予想していたよりしっかり喋れていた。でも質問で好きな動物とか聞いちゃうのがかわいい。このまま正統派な感じでいってほしい。

あと気になったのが「シュガちゃん」のアクセント。自分は「山ちゃん」とか「シュワちゃん」と同じアクセントだと思ってたのだが、今日聞いた感じだと「あまちゃん」とか「田野ちゃん」のアクセントっぽかった。勉強になった。

posted by K at 22:28 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSの先発は誰で行くべきか

いよいよ明日から、クライマックスシリーズの1stステージが始まる。巨人はホーム・東京ドームに阪神を迎え撃つ。巨人はCSやってていいのかという気持ちもあるが、現状関わったのはあの2人だけということで辞退はしないとのことなので、出るからには全力でやるしかない。セリーグはCSは予告先発制ではないので、今日は明日からの先発を考えたい。

まず、明日からの先発の可能性が高い4人の、今季の成績と対阪神戦の成績は以下の通り。

菅野智之
シーズン通算:25試合 10勝11敗 179回 防御率1.91 
対阪神:5試合 2勝1敗 38回 防御率1.18

マイコラス
シーズン通算:21試合 13勝3敗 145回 防御率1.92
対阪神:5試合 3勝0敗 36回 防御率1.50

ポレダ
シーズン通算:24試合 8勝8敗 147回 防御率2.94
対阪神:8試合 5勝2敗 48回 防御率2.44

高木勇人
シーズン通算:26試合 9勝10敗 163回2/3 防御率3.19
対阪神:3試合 2勝0敗 22回 防御率1.64


シーズン通算成績、対阪神成績ともに、菅野とマイコラスは一歩抜けている。この2人を使うのは間違いないだろう。というか、使わないで負けたらものすごく悔いが残ると思うので絶対使ってほしい。3戦までもつれた場合のもう1人はポレダと高木で迷うところ。ただ、個人的にはポレダを推したい。理由は、ポレダはシーズン通して阪神戦に出ているのに対して、高木の3試合はいずれもシーズン序盤の高木が好調だった時期で、最後に阪神戦に登板したのが5月3日とかなり前だからだ。要するに、この成績はあまり信用できないということである。なので、3人目はポレダということにする。

3人が出てくる順番だが、これは2ndステージのことも考えておく必要がある。1stステージを勝ち上がった場合、2ndステージはもう来週の水曜日には始まる。となると、2ndステージに早めに出したい投手を1戦目に先発させる必要がある。そこで今度は、さっきの4人のヤクルト戦の成績と、そのうち神宮(2ndステージの球場)での成績を見てみる。

菅野
対ヤクルト:4試合 0勝4敗 20回2/3 防御率6.10
うち神宮:3試合 0勝3敗 15回2/3 防御率6.89

マイコラス
対ヤクルト:3試合 3勝0敗 21回 防御率1.71
うち神宮:1試合 1勝0敗 6回 防御率4.50

ポレダ
対ヤクルト:5試合 1勝2敗 33回2/3 防御率2.67
うち神宮:2試合 0勝1敗 15回1/3 防御率2.35

高木
対ヤクルト:5試合 3勝1敗 32回 防御率1.97
うち神宮:1試合 1勝0敗 7回 防御率1.29

とにかく目につくのは菅野の相性の悪さ。神宮で投げなければ今季も勝ち越せていたんじゃないかと思うくらい、神宮でのヤクルト戦は相性が悪い。しかし、後の3人はそれほど悪くない。これなら、神宮でも十分戦えそうに見える。

話を阪神戦に戻すと、初戦はヤクルトとの相性もいいマイコラスに任せたい。初戦に投げれば、中5日で2ndステージの第3戦に間に合うし、中4日なら第2戦に投げられることになるからだ。第2戦は菅野。これは初戦に勝っても負けても菅野で行くべきと考えた。初戦に勝った場合は、菅野で決めてポレダをヤクルト戦に回すため、初戦に負けた場合はなんとしても勝たなければいけないので菅野にしか任せられない、という理由で、どっちにしろ菅野は勝つものとして考えている。そしてどちらかが負けて第3戦となった場合は相性のいいポレダを出す。これでいいと思う。

ちなみに、2ndステージに進んだ場合の先発も考えた。これは1stステージが2戦で終わった場合と3戦までもつれた場合の2パターンある。

1stステージが2戦の場合
高木→ポレダ→マイコラス(中5日)→内海or田口or大竹→菅野(中6日)→高木(中4日)

1stステージが3戦の場合
高木→内海or田口or大竹→マイコラス(中5日)→菅野(中5日)→ポレダ(中5日)→高木(中4日)

中4日をなるべくやりたくないのでこういう形になったが、中4日もありならマイコラスを2戦目に持ってきてもいいと思う。そうすれば第6戦まで行った時に中3日だからブルペン待機も可能だと思うし。菅野は相性が悪いので、なるべく間隔をあけて万全で出られるようにした。また5枠目はおそらくこの3人の誰かになると思う。最終戦でヤクルトに勝った内海が一番可能性高いかな。

とここまで書いてきたが、結局どうなるかは原監督次第。サンスポだと初戦は菅野有力みたいなことも書いてあるので予想が外れる可能性もあるが、巨人としてはまず2位として、1位への挑戦権を得なければいけないので、それに最善を尽くすべきなのかもしれない。明日のスタメン発表に注目。

posted by K at 14:51 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『PORT DE NGT』初回の感想

少し前だが、10月3日、FM PORT『PORT DE NGT』の初回放送があった。

『PORT DE NGT』は関谷"ARARE"明子さんというナビゲーターの方がいる。ARAREさんの本職はラジオの構成をやっているようで、AKBグループとも約10年の付き合いがあるとのこと。調べてみたら『ON8』のライターをやっているらしい。なので喋り慣れているわけではないけども、AKBに詳しくて、ラジオに慣れていないメンバーの扱い方も分かっていると思うので、とてもいい人選だと思う。

初回のゲストはキャプテンのきたりえ。ARAREさんは『ON8』をやっているくらいなので当然きたりえとも顔馴染みであり、2人ともわりと話しやすそうだった。きたりえはさすがにラジオは慣れているだけあって、前日の『ラジオあくしゅ会』の3人と比べて聴きやすさはダントツ。メンバーのみんなにもぜひ学んでほしいと思った。

内容はきたりえがキャプテンなので、NGTの全体的なことやメンバーの印象といったところが主だった。とくにメンバーの印象はこれまであんまり聞けなかったので貴重だったと思う。のえピーを山田呼びしてるとか。今回は数人だったけどいずれ全員について聞きたい。局の特徴なのか番組の特徴なのかは分からないが、『ラジオあくしゅ会』と比べて落ち着いた雰囲気だった。これは棲み分けができていいんじゃないかと思う。ただ、今回は初回で特別な回だったみたいで、次回からは3人登場するみたいなので、番組の雰囲気というのは次回を聞いてから判断した方がいいのかも。

そして次回のメンバーも発表されていて、次回は小熊倫実(つぐみん)、長谷川玲奈(れなぽん)、山田野絵(のえピー)の3人。つぐみん12歳、れなぽん14歳、のえピー16歳(なりたて)ということでなかなか不安なメンバーだが、ここはARAREさんがうまくやってくれるだろう。まあ収録なので危険なことにはならないと思うけど。
posted by K at 13:40 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする