2015年10月12日

クライマックスシリーズ1stステージ第3戦 巨人3-1阪神

勝った方がヤクルトの待つファイナルステージに進出する第3戦。先発は巨人がポレダ、阪神が能見。初回、阿部の犠牲フライで巨人が先制する。ポレダは4回までパーフェクトに抑える好投。5回にはノーアウト1,2塁のピンチを迎えるが、これも切り抜ける。すると6回、阿部のタイムリーで巨人が追加点を挙げる。さらにこの回能見から代わった岩田がワイルドピッチし、もう1点が巨人に入る。しかし7回、阪神は福留のホームランで1点を返し、ポレダはここで降板する。その後はマシソンが2イニングを完璧に抑えると、9回は澤村がマウンドへ。いきなり2者連続ヒットを打たれピンチとなるが、福留、ゴメス、マートンのクリーンナップを抑えゲームセット。巨人がファイナルステージ進出を決めた。

先発のポレダは7回途中1失点。今日も相性の良さを見せた。打たれたヒットはわずか3本。ソロホームランの1点にとどめた。こういうポストシーズンの試合とかって、外国人投手の方が変にプレッシャーを感じたりしなくていいんだろうか。今日投げたのでファイナルで出番が回ってくるかは分からないが、回ってきた場合はこの調子でお願いしたい。

リリーフではマシソンが2イニングをパーフェクトに抑えた。これはとても大きかった。マシソンは今季苦しんだが、終盤で復調。CSでも好調を維持しているようで、心強い。澤村は危なかったが、危ないながらも抑えるのが澤村なので、失点していなければ問題ないと思う。

打線は今日も苦しんだが、4番の阿部が2打点を挙げた。阿部が打てば勝てる、というのを体現した試合だったんじゃないかと思う。同い年の関本は今日が現役最後の試合で、阿部もそういう年齢になってきているわけだが、まだまだ引っ張っていってもらいたい。

昨年日本シリーズ進出を阻まれた阪神にリベンジを果たし、ヤクルトの待つファイナル進出を決めた。ファイナルステージはあさってから始まる。今季、ヤクルト戦は13勝12敗と勝ち越しているものの、神宮での試合に限定すると3勝8敗。そもそもヤクルトは神宮で44勝22敗と大きく勝ち越しており、巨人以上にホームで強い唯一のチームである。さらに、当然ヤクルトには1勝のアドバンテージがある。ヤクルトが圧倒的に有利なのは間違いない。しかし巨人は挑戦者であり、失うものはない。全力で当たって行ってほしい。初戦に勝てば一気に分からなくなる。

先発は、初戦はおそらく高木勇だと思われる。対ヤクルトの成績も良く、神宮での登板は1試合だけだが、その試合は7回1失点と好投している。終盤に調子を落としたのが不安ではあるが、なんとかいいピッチングをしてほしい。もし高木でないとしたら内海か。今季はシーズン通して調子が上がらず、1軍登板はわずか5試合にとどまったが、最後の試合となったヤクルト戦で5回無失点のピッチングで勝ち投手となった。また内海は経験も豊富で、大事な初戦を任せる可能性はありそうだ。このへんは当日まで調子を見極めて決めてほしい。

ヤクルトの先発は分からないが、初戦に来るとしたら小川と石川のどっちかだろう。エースに託すのなら小川、巨人との相性を考えるなら石川か。右投手と左投手の違いはあるが、最近の巨人はスタメンが固定されているので関係ないか。3戦目以降は館山、山中、石山、杉浦などが先発するものと思われる。

posted by K at 23:26 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする