2015年10月15日

名取稚菜が卒業を発表

AKB48の名取稚菜が、本日の公演で卒業を発表した。

およそ4ヶ月前、自身の生誕祭で「まだ卒業しない」と言っていたわかにゃんだったが、そこから数ヶ月の間にいったいどんな心境の変化があったんだろうか。それとも卒業しないと言いつつも、卒業についてはずっと考えていたのだろうか。

卒業の理由としては、小さいころから芸能界で仕事をしてきたが、その分この世界しか知らず、20歳になってもっと広い視野を持たなければいけないんじゃないかと思い始めたと。そして視野を広くして大人の女性になるためにAKBを卒業することにしたと、要約するとそういうことらしい。わかにゃんが子役をやっていたって今日初めて知った。この世界しか知らないから視野を広げたいってことは、芸能界も辞めちゃうのかな。そのへんは今後本人から発言があるかもしれない。

わかにゃんはとにかく優しいという印象が強い。いつでも控えめで他の人のことを考えているような、そんなイメージがある。わかにゃんのこと嫌いな人なんてメンバーにもファンにもいないんじゃないだろうか。その控えめな性格が仇になってか、選抜にはほとんど入れなかったが、唯一「鈴懸なんちゃら」で選抜入り。じゃんけん大会で6位になったことによる選抜で、まさしく自分の力でつかみ取ったものだった。

わかにゃんは11期だが、わかにゃんの卒業によってついに11期はなっつん1人となってしまう。今年の初めには5人いたのだが、そこから1年足らずでまさか4人もいなくなってしまうとは、本人たちを含め誰も想像していなかったと思う。残されたなっつんは寂しいだろうが、最後の11期として頑張ってほしい。なっつんなら大丈夫だ。

それからわかにゃんは新チーム4の予定だったのだが、チーム4はわかにゃんを含めて今21人しかいない。わかにゃんがチーム4初日の前に卒業するとしたら20人になるが、そのうちうは、なぎさ、みおの3人は兼任で頻繁には出られなさそう。そしてドラフト2期のえりいはすぐに出られるか微妙(小朝公演のヘビロテやハロナイを見るとまだ厳しそうな気がする)で、この4人を除くともう16人になってしまう。こじまこや朱里は選抜に入る可能性もあるし、チーム4の公演はちゃんと回るんだろうか。

わかにゃんの卒業時期は未定だが、今発表したということはチーム4の初日の前に卒業しちゃうんじゃないかという気がする。チーム4の初日は11月21日の予定なので、わかにゃんを公演で見れるのはあと1ヶ月くらいと思っておいた方がいいかもしれない。進学とかそういうことではなさそうなので、しばらくいてくれる可能性もあるけど。

それにしても、著名人公演で卒業発表はないだろうと思っていたので驚いた。こうなるとあと1ヶ月くらいもまだ気が抜けないのか。今年はもう卒業発表は見たくないなあ。

posted by K at 23:36 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦 巨人0-4ヤクルト

1勝1敗で迎えた第2戦、先発は巨人が中4日のマイコラス、ヤクルトが小川。4回、畠山の犠牲フライでヤクルトが先制。さらに続く雄平の打球を阿部がフィルダースチョイスし、さらに1点が入る。6回には満塁からバレンティンが2点タイムリーを打ち4-0、マイコラスをKOする。小川は巨人打線に連打を許さず、8回を無失点。9回をバーネットが抑え、ヤクルトがシリーズ初勝利。アドバンテージと合わせて2勝1敗と一歩リードした。

先発のマイコラスは6回途中4失点。マイコラスが4失点はちょっと予想外だった。中4日の影響か、単にヤクルト打線が良かったのか。しかも、ちょっと打たれた相手が悪い。昨日ノーヒットだった山田とバレンティンが点につながるヒット。畠山も打点を挙げ、川端はここまで打率5割超。今日で打線が目覚めたということにならなければいいが。

打線は小川の前に1点も取れず。チャンスが全くないわけではなく、2回には満塁のチャンスもあったが、打順が下位だったのもあり無得点に終わった。阿部が好調なのはいいんだけど、その阿部の前にランナーを出せないのが痛い。今日は9回の第4打席以外は阿部が先頭打者となっていた。打順の組み替えを考えた方がいいかもしれない。あとはまあ、立岡が走塁をどうにかすることかな。せっかくヒット2本打ったのに、どっちも走塁でアウトになってしまったし。

マイコラスで負けたのは非常に痛い。残り4試合で1敗しかできない、しかも残りもすべて神宮というのはかなり厳しい。まあシーズン優勝っていうのはそれくらい大きいものだししょうがない。とにかく明日は絶対勝たなければいけない。明日の予想先発は巨人が菅野、ヤクルトが館山。ここで非常に不安な菅野。菅野はとにかくヤクルトとの、というか、神宮との相性が悪く、プロに入ってからまだ1度も神宮で勝っていない。この大事な試合で初勝利をつかむことができるか。対するは館山だが、今季復活した館山には意外と相性がいい。2試合で館山から見て0勝1敗、防御率7.84となっている。ただ最後の顔合わせが8月4日と少し前で、その後は比較的安定したピッチングをしているだけにあまり参考にはならないかもしれない。

posted by K at 21:36 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする