2015年10月16日

クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦 巨人0-2ヤクルト

ヤクルトの2勝1敗で迎えた第3戦。先発は巨人が菅野、ヤクルトが館山。両チームランナーを出しながらもあと1本が出ず、5回までは0-0が続く。6回、ヤクルトが満塁からダブルプレーの間に1点を挙げ、均衡を破る。さらにその後、今浪のタイムリーで1点を追加する。巨人は9回、ノーアウト1,2塁のチャンスを作ったが、続く長野が痛恨のダブルプレー。2試合連続の無得点に終わり、ヤクルトが2連勝。3勝1敗とし、日本シリーズ進出に王手をかけた。

先発の菅野は6回2失点。今季の神宮での防御率が6.89の菅野としてはかなり頑張った。2失点なら普通は勝っていてもおかしくない。全く悪くないとまでは言えないが、今日の敗因は菅野ではない。

打線は2試合連続無得点。そりゃあ勝てるわけない。今日は打順を変えてくるかと思ったのだが、井端と小林を村田と加藤に代えた以外は昨日と同じ打線だった。それでも今日は坂本・阿部がともに3打席出塁したのだが、長野がまさかの2ダブルプレー。というか、5番以降に1本もヒットが出なかった。この3試合のチーム打率はシーズンの打率を下回っている。今すぐ目を覚ましてくれ。

ついに後がなくなった。ヤクルトは残り3試合で1つ勝つか引き分けならその時点で日本シリーズ進出が決まる。巨人がここから逆転するには3連勝しかなくなった。その事実だけでも厳しいのだが、試合内容を見るとより絶望感が増す。シーズン中のように1イニングだけでも集中打が出ればと思うのだが、打ててない選手が多すぎる。明日爆発して目覚めるというわずかな可能性に賭けるしかないか。

明日の予想先発は巨人が中4日でポレダ、ヤクルトが石山。阪神キラーのポレダはヤクルト戦も抑えている。神宮では2試合投げて防御率2.35。1stステージでも好投しており、その勢いを続けてほしいところ。対する石山とは今季3試合対戦。石山から見て1勝0敗で石山に負けをつけることができていないものの、防御率は4.40で巨人打線は打っている。明日勝つには早々に打ち崩して逃げ切りたいところだ。

なお、パリーグの方はソフトバンクがロッテに3連勝し、一気に日本シリーズ進出を決めた。強すぎる。巨人が勝ち上がると「ON対決」として盛り上がったあの2000年以来の顔合わせとなるが、ヤクルトが勝ち上がった場合、なんと初の顔合わせとなる。これは意外。どっちもリーグ優勝は何度もしているが、強い時期が被っていなかったということか。

posted by K at 23:28 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田原総一朗「ド〜なる?!ド〜する?!AKB48」公演 セットリスト

本日初日を迎えた、著名人考案公演第3弾、田原総一朗「ド〜なる?!ド〜する?!AKB48」公演。
セットリストは以下の通り。曲名の後のカッコはその曲の初出の公演やシングル。


01.希望的リフレイン(38thシングル)
02.風は吹いている(23rdシングル)
03.制服が邪魔をする(A3rd「誰かのために」)
04.フライングゲット(22ndシングル)
自己紹介MC
05.愛しさのアクセル(A6th「目撃者」):谷口めぐ
06.Bird(A3rd「誰かのために」):村山彩希・岡田奈々・藤田奈那
07.純愛のクレッシェンド(A4th「ただいま恋愛中」):飯野雅・篠崎彩奈・宮崎美穂
08.Bye Bye Bye(ひまわり2nd「夢を死なせるわけにいかない」):石田晴香・鈴木まりや・前田亜美
09.1994年の雷鳴(チームサプライズ「重力シンパシー」):濱咲友菜・高城亜樹・内山奈月・野澤玲奈・田名部生来
10.思い出のほとんど(4thアルバム):川本紗矢・谷口めぐ
MC(次の曲まで生テレビ)
11.ファースト・ラビット(4thアルバム)
12.軽蔑していた愛情(A4th「ただいま恋愛中」)
13.ハロウィン・ナイト(41stシングル)
MC
14.僕たちは戦わない(40thシングル)

EN1.目撃者(A6th「目撃者」)
EN2.桜の花びらたち(A1st「PARTYが始まるよ」)
MC
EN3.Pioneer(A6th「目撃者」)


アンコールを含めて全17曲。事前に田原さん本人が言っていた通り、すべての曲の元のメンバーにたかみなが入っている。なので当然K公演、B公演からは1曲も入っていないのが特徴か。またA公演でもA2nd「会いたかった」とA5th「恋愛禁止条例」からは1曲も入っていない。その分A6th「目撃者」から3曲が入っている。

著名人公演が発表された時、一番不安だったのがこの田原さんの公演だった。でもたかみなが関わった曲でセットリストを組むというコンセプトによってわりと統一感のあるセットリストになったんじゃないかと思う。たかみなのソロ曲・ユニット曲はカッコイイ系、クール系の曲が多く、さらに全体曲でも似たようなタイプの曲が多く入った。個人的にはもう1,2曲くらい、「希望的リフレイン」みたいな王道のアイドル曲があった方が好みなんだけど、まあこれもアリだと思う。

選曲も割と面白い。「リフレイン」「フラゲ」「ファーストラビット」あたりは定番だけど、「風は吹いている」「Bye Bye Bye」「目撃者」といったところはコンサートではほとんどやらないのでレア。他にも「軽蔑していた愛情」みたいにメッセージ性の強い曲が多いのは、ジャーナリストである田原さんならではの選曲と言えると思う。

メンバーはわりとベテランが多めだったが、その分クールな曲もこなせていたので良かった。あと、小朝公演もテル公演もユニット曲が無いメンバーがいたので、今回は全員にユニットがあったのも良かった。

あと最大の特徴はユニット曲後のMCか。「朝まで生テレビ」風の討論形式になっていたが、なかなか面白かった。あの役はみゃおにしかできない。

ということで田原公演も無事初日を迎え、残る著名人公演はあと1つとなった。マー君けっこうハードル上がってると思うが大丈夫なんだろうか。今のところ今月27日までは公演スケジュールが決まっているので、始まるのは早くても28日となる。新チームの初日まであと1ヶ月ちょっとしかないので、10月中には始まるんじゃないかと思うが、楽しみに待ちたいと思う。

posted by K at 21:52 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする