2015年10月24日

2015日本シリーズ第1戦

【第1戦】ヤフオク!ドーム
ソフトバンク(0勝)4-2ヤクルト(0勝)

長いプロ野球史の中で初めてとなった、ソフトバンクとヤクルトによる日本シリーズ(前身球団も含む)。初戦の先発はソフトバンクが武田、ヤクルトが石川。両チームとも初回にチャンスを作るが、ここは両先発が踏ん張る。試合が動いたのは4回。松田のソロホームランでソフトバンクが先制する。するとここからソフトバンク打線が止まらない。松田のホームランを含めて6連打となり、高谷、川島のタイムリーで2点を追加。3-0とする。6回には明石のタイムリーでソフトバンクが追加点を挙げる。ソフトバンクの先発武田は2回から7回までノーヒットに抑える素晴らしいピッチングで、完封を目指して9回のマウンドへ。しかしこのままやられるわけにはいかないヤクルトは、畠山の2ランホームランで2点を返し2点差に。しかし反撃はここまで。武田が完投したソフトバンクが先勝となった。

地元福岡での開幕戦となったソフトバンクは打線が実力を発揮。今日打席に立った11人全員がヒットを打って15安打。15安打で4点というのは効率が悪いが、良い滑り出しとなったのは間違いないだろう。また投げては武田が2失点完投。とくに2回から7回までは、6イニングを打者18人で抑えるというほぼ完璧なピッチングを見せた。最後に2失点こそしたが、中継ぎを使わずに終わらせたのは良かったのではないだろうか。

一方、ヤクルトは打線がわずか4安打と沈黙。投手も、先発の石川が8安打を打たれて4回で降板するという残念な結果となった。ただ、ヒットを打たれながらも残りイニングを1失点にとどめた中継ぎ陣と、9回に一発を打って明日につなげた畠山は良かったと思う。特に畠山のホームランは、無抵抗で終わっていたらソフトバンクがこのシリーズ一気に行きかねないと思ったので大きかったと思う。

まずはソフトバンクが先勝。ソフトバンクはこのまま連勝して神宮へ行きたい。一方ヤクルトは明日負けると神宮で日本一を決めることができなくなるので、明日勝って五分で神宮へ戻りたいところだ。予想先発はソフトバンクがバンデンハーク、ヤクルトが小川。

posted by K at 22:22 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする