2015年11月17日

平成27年九州場所 10日目●宝富士

10日目 ●御嶽海(送り出し)宝富士○

立ち合いから激しくぶつかった両者。御嶽海は今日も押していこうとするが、宝富士がいなしたのにうまくはまってしまい、自分の勢いのまま土俵の外に出てしまった。連勝はならず、5勝5敗で終盤を迎えることとなった。

うまいことやられてしまった。今場所は組み止められて負ける相撲が多いのだが、今日のような負け方の方が実力差を感じる。さすがにほんの2場所前に三役だっただけある。

連勝、連敗、連勝、連敗ときていたが、ここで法則が崩れた。残り5日間はどうなるかまったくわからない。明日の相手は旭秀鵬。旭秀鵬はモンゴル出身の27歳。4年半ほどで新十両となり、十両はわずか2場所で通過。その後は十両と幕内を行ったり来たりしていたが、昨年の夏場所からは十両に落ちることなく幕内に定着している。今場所は西前頭7枚目で、ここまで6勝4敗。御嶽海にとってはこれまででもっとも番付の高い相手との対戦となる。相手の得意は右四つなので、まわしを取らせないようにしたい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:55 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

平成27年九州場所 9日目○北太樹

9日目 ○御嶽海(押し出し)北太樹●

立ち合いはいつものように当たっていった御嶽海だったが、今日は突き放すのではなく差す形に。ここで北太樹が引くが、これに乗じて一気に押し出し。御嶽海が連敗を止め、再び勝ち星を先行させた。

いつもとは違う形になったが、良い内容だった。偶然左を差す形になったようだが、一気に前に出たのが良かったと思う。自分の相撲の形でなくても、自分から仕掛けて相手のペースにさせなかったのが勝因だろう。

明日の相手は宝富士。宝富士は現在28歳。大学相撲で個人タイトル6冠を獲得して角界入りし、10場所で新十両に。さらに十両も一度も負け越すことなく4場所で通過し、新入幕を果たした。最近は幕内上位に定着しかかっており、2場所前の名古屋場所で新三役となったが、そこから2場所連続で4勝11敗となり、今場所は西前頭8枚目。番付を落とした分、ここまでは6勝3敗と好調だ。左四つが得意ということで、まわしを取られないように気をつけたい。ちなみに、宝富士はマツコ・デラックスに似ているとして有名。そんなに似てるかなと思ったのだが、2人の顔を並べた画像を見たら、うん、そっくりだった。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:51 | Comment(1) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成27年九州場所 8日目●千代鳳

8日目 ●御嶽海(寄り倒し)千代鳳○

立ち合いは五分だったが、突き放せなかった御嶽海は叩きに行く。しかし千代鳳はこれにしっかりと対応、
前傾姿勢を崩さずに、御嶽海のまわしを取る。そのまま千代鳳が寄っていき、御嶽海は土俵際で投げを打とうとするが、寄り倒しで千代鳳に軍配。御嶽海は4勝4敗で後半戦を迎えることとなった。

千代鳳は前に対戦したことがあるからというのもあるかもしれないが、御嶽海対策というのを各力士がしっかりとっているように見える。御嶽海はとにかく突き放して押していくスタイルなので、相手としてはその相撲をさせないように体をくっつけようとしているように見える。自分も本来は突き押しのスタイルである臥牙丸や千代鳳がそういう相撲をしているのは、しっかり考えてきているんだと思う。御嶽海としてはそうさせたくないところなんだけど、相手のペースになってしまうのは経験の差か。

中日が終わって4勝4敗。最初の2日間を見たときはこれは幕内でも行けるのかと思ったが、さすがにそんなに甘くない。それでもよく頑張ってる方だと思う。新入幕で今までとは違う疲れもあると思うが、残り7日間、なんとか勝ち越しを目指してほしい。ちなみに、あと2つ勝てば来場所の幕内残留がほぼ確実となるので、まずはそこを目指してもいいと思う。

明日の相手は北太樹。北太樹(きたたいき)は今年33歳のベテラン力士。初土俵から9年以上をかけて新十両に昇進。2010年以降は今年の初場所を除いてずっと幕内で取り続けている。今場所は東前頭15枚目と結構ギリギリの位置で、ここまでは4勝4敗。左四つが得意ということでまわしを取りに来ると思われる。御嶽海はとにかく突き放したい。再び白星を先行させられるか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 00:32 | Comment(1) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

AKB48の新チーム公演の日程が変更

来週、21日から順次始まる予定だったAKB48の新チームの公演が、チームKを除いて延期となることが発表され、延期後の日程と演目が発表された。

チームA
初日:2016年2月10日(水)
演目:新公演

チームK
初日:2015年11月30日(月)
演目:「最終ベルが鳴る」公演

チームB
初日:2015年12月22日(火)
演目:「ただいま恋愛中」公演

チーム4
初日:2015年12月3日(木)
演目:「夢を死なせるわけにいかない」公演


注目はなんといってもチームA。次の公演が、「目撃者」以来となる新公演となることが発表された。とはいえ、初日の予定日が来年の2月10日ということで、おそらくまだできていないと思われる。ここから伸びる可能性も十分にある、というか多分伸びる。ただ、さすがにある程度のめどは立っているんじゃないかと思う。チームAの公演をずっとやらないわけにもいかないし。

ちなみに、新チームAのメンバーでオリジナルのポジションを持っているメンバー(=7期までのメンバー)はしーちゃん、こじはる、たかみな、あーみん、みゃお、そしてNMBのチームNでもらったまーちゅん、みるるんの7人。たかみなはおそらく2月にはいないので、16人公演とした場合、最低でも10人が、自分がオリジナルとなる公演をもらえることになる。兼任のさくらたんは元のチームより先に兼任先のチームで新公演をもらうことに。

それにしても、チームAより早く始まる予定だったチームSとチームHの公演はどうなったんだろうか。これより早く始まるんだろうか。

他のチームはBがちょっと遅くなるが、Kと4は1ヶ月以内に始まることになった。演目だと、「最終ベルが鳴る」はチームHと被っているが、チームが増えるのに公演の数が増えないのでしょうがない。あとはBが「ただいま恋愛中」なのはちょっと驚いた。「ただいま恋愛中」はもともとAの公演で、4以外のチームが他のチームの公演をやるのは初めてとなる。これも新公演ができないことによるものだろう。そして4がやる「夢を死なせるわけにいかない」は、これまでなぜかどこのチームもやってこなかった不遇の公演。ただし、公演の曲には「となりのバナナ」や「ロックだよ、人生は・・・」のように人気の曲もある。

新チームが始まるということで著名人公演はどうなるんだろうか。全チーム始まるなら終わりでもいいと思うけど、チームAがまだ3ヶ月先となると続けるのもありか。それとも、選抜じゃないAのメンバーは人の少ないBや4のヘルプに入ったりするんだろうか。

延期はもうよくあることなので気にしない。演目が決まったので少し前進したと考える。Kが始まるまであと2週間ほど、楽しみに待とう。
タグ:AKB48
posted by K at 00:23 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

平成27年九州場所 7日目●臥牙丸

7日目 ●御嶽海(極め倒し)臥牙丸○

幕内4番目の巨漢力士、臥牙丸との一番。立ち合いで当たると、今日は御嶽海がいなし、叩きに行く。しかし臥牙丸はこれに落ちない。すると臥牙丸が関節を極めて一気に押し出そうとする。御嶽海はこれを残し、逆にもろ差しで押し返すが、臥牙丸が再び極め、最後は粘る御嶽海を極め倒し。御嶽海は連勝が止まった。

極め倒し、というなかなか珍しい決まり手で決まった相撲だったが、なかなか見どころの多い一番だった。御嶽海は立ち合いの後すぐに引いて引き落とし、あるいは叩き込みを狙いにいったが、これは悪くなかったと思う。臥牙丸のパワーをまともに受けたら危ないのでいい対処だったと思うが、正直ここで決めたかった。その後極められたのは臥牙丸が大きく、御嶽海が小さいのでしょうがない。腕とか肘とか痛めていないか心配だが、病院に行ったとかそういうニュースは無いのでたぶん大丈夫だろう。

2連勝、2連敗、2連勝ときて今日が負け。となると明日は、と思ってしまうが、ここで勝って、白星先行で後半戦に向かいたい。明日の相手は千代鳳。千代鳳とは御嶽海が新十両だった名古屋場所で対戦しており、その際はすでに幕内復帰を決めていた千代鳳が御嶽海に勝っている。ただ、その際は御嶽海は口を切っていたので、御嶽海もその時よりは良い状態で当たれるだろう。千代鳳は先場所幕内に返り咲いたが、6勝9敗で負け越し。今場所は西前頭15枚目で、初日から5連勝と好調だったがここ2日は連敗で、ここまで5勝2敗。千代鳳は突き押しが持ち味なので比較的やりやすい相手だろう。2場所前のリベンジを果たしてほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 21:42 | Comment(3) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする