2015年11月12日

平成27年九州場所 5日目○豊響

5日目 ○御嶽海(押し出し)豊響●

先場所敗れた豊響との一番。押し相撲の両者は立ち合いから突っ張り。最初は五分だったが、徐々に下から押す御嶽海が有利な体勢に。先場所は叩きを食らったが、今日は最後まで攻め切り押し出し。御嶽海が先場所のリベンジを果たした。

豊響相手には先場所も押し込む場面があったが、前回は惜しくも叩きを食らった。今日はその反省がしっかりと活かされた形になったんじゃないかと思う。組まれなければ本当に強い。

序盤戦が終わって3勝2敗。上々の滑り出しだと思う。これを3回続ければ9勝6敗、勝ち越しだ。まあそんな簡単に行かないのは分かっているが、勝ち越しは十分に期待できる序盤戦だったと思う。この5日間を見て分かったのは、

・自分の相撲ができれば高安レベルの相手にも勝てる
・組まれたら勝つのが非常に厳しい

この2つ。四つ相撲は今後の課題だけど、1日2日でどうなるものでもないので、今場所は組まれたらしょうがない。組ませないことに全力を出して、自分の相撲に持っていきたい。

明日の相手は玉鷲。玉鷲はモンゴル出身で現在30歳。モンゴル出身というと照ノ富士や逸ノ城のようにスピード出世の力士が多いのだが、玉鷲はコツコツと力をつけて番付を上げてきた。今年の春場所に、外国出身力士としては最もスロー記録となる所要66場所での新三役昇進を果たしている。先場所は4勝11敗と大きく負け越し、今場所は東前頭9枚目。ここまでは3勝2敗としている。玉鷲はとにかく押し相撲なので、御嶽海としては比較的戦いやすい相手なんじゃないかと思う。体格は玉鷲の方が大きいが、今日見せたような相撲を見せてほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:39 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする