2015年11月14日

平成27年九州場所 7日目●臥牙丸

7日目 ●御嶽海(極め倒し)臥牙丸○

幕内4番目の巨漢力士、臥牙丸との一番。立ち合いで当たると、今日は御嶽海がいなし、叩きに行く。しかし臥牙丸はこれに落ちない。すると臥牙丸が関節を極めて一気に押し出そうとする。御嶽海はこれを残し、逆にもろ差しで押し返すが、臥牙丸が再び極め、最後は粘る御嶽海を極め倒し。御嶽海は連勝が止まった。

極め倒し、というなかなか珍しい決まり手で決まった相撲だったが、なかなか見どころの多い一番だった。御嶽海は立ち合いの後すぐに引いて引き落とし、あるいは叩き込みを狙いにいったが、これは悪くなかったと思う。臥牙丸のパワーをまともに受けたら危ないのでいい対処だったと思うが、正直ここで決めたかった。その後極められたのは臥牙丸が大きく、御嶽海が小さいのでしょうがない。腕とか肘とか痛めていないか心配だが、病院に行ったとかそういうニュースは無いのでたぶん大丈夫だろう。

2連勝、2連敗、2連勝ときて今日が負け。となると明日は、と思ってしまうが、ここで勝って、白星先行で後半戦に向かいたい。明日の相手は千代鳳。千代鳳とは御嶽海が新十両だった名古屋場所で対戦しており、その際はすでに幕内復帰を決めていた千代鳳が御嶽海に勝っている。ただ、その際は御嶽海は口を切っていたので、御嶽海もその時よりは良い状態で当たれるだろう。千代鳳は先場所幕内に返り咲いたが、6勝9敗で負け越し。今場所は西前頭15枚目で、初日から5連勝と好調だったがここ2日は連敗で、ここまで5勝2敗。千代鳳は突き押しが持ち味なので比較的やりやすい相手だろう。2場所前のリベンジを果たしてほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 21:42 | Comment(3) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする