2015年11月16日

平成27年九州場所 9日目○北太樹

9日目 ○御嶽海(押し出し)北太樹●

立ち合いはいつものように当たっていった御嶽海だったが、今日は突き放すのではなく差す形に。ここで北太樹が引くが、これに乗じて一気に押し出し。御嶽海が連敗を止め、再び勝ち星を先行させた。

いつもとは違う形になったが、良い内容だった。偶然左を差す形になったようだが、一気に前に出たのが良かったと思う。自分の相撲の形でなくても、自分から仕掛けて相手のペースにさせなかったのが勝因だろう。

明日の相手は宝富士。宝富士は現在28歳。大学相撲で個人タイトル6冠を獲得して角界入りし、10場所で新十両に。さらに十両も一度も負け越すことなく4場所で通過し、新入幕を果たした。最近は幕内上位に定着しかかっており、2場所前の名古屋場所で新三役となったが、そこから2場所連続で4勝11敗となり、今場所は西前頭8枚目。番付を落とした分、ここまでは6勝3敗と好調だ。左四つが得意ということで、まわしを取られないように気をつけたい。ちなみに、宝富士はマツコ・デラックスに似ているとして有名。そんなに似てるかなと思ったのだが、2人の顔を並べた画像を見たら、うん、そっくりだった。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:51 | Comment(1) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成27年九州場所 8日目●千代鳳

8日目 ●御嶽海(寄り倒し)千代鳳○

立ち合いは五分だったが、突き放せなかった御嶽海は叩きに行く。しかし千代鳳はこれにしっかりと対応、
前傾姿勢を崩さずに、御嶽海のまわしを取る。そのまま千代鳳が寄っていき、御嶽海は土俵際で投げを打とうとするが、寄り倒しで千代鳳に軍配。御嶽海は4勝4敗で後半戦を迎えることとなった。

千代鳳は前に対戦したことがあるからというのもあるかもしれないが、御嶽海対策というのを各力士がしっかりとっているように見える。御嶽海はとにかく突き放して押していくスタイルなので、相手としてはその相撲をさせないように体をくっつけようとしているように見える。自分も本来は突き押しのスタイルである臥牙丸や千代鳳がそういう相撲をしているのは、しっかり考えてきているんだと思う。御嶽海としてはそうさせたくないところなんだけど、相手のペースになってしまうのは経験の差か。

中日が終わって4勝4敗。最初の2日間を見たときはこれは幕内でも行けるのかと思ったが、さすがにそんなに甘くない。それでもよく頑張ってる方だと思う。新入幕で今までとは違う疲れもあると思うが、残り7日間、なんとか勝ち越しを目指してほしい。ちなみに、あと2つ勝てば来場所の幕内残留がほぼ確実となるので、まずはそこを目指してもいいと思う。

明日の相手は北太樹。北太樹(きたたいき)は今年33歳のベテラン力士。初土俵から9年以上をかけて新十両に昇進。2010年以降は今年の初場所を除いてずっと幕内で取り続けている。今場所は東前頭15枚目と結構ギリギリの位置で、ここまでは4勝4敗。左四つが得意ということでまわしを取りに来ると思われる。御嶽海はとにかく突き放したい。再び白星を先行させられるか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 00:32 | Comment(1) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする