2015年11月20日

平成27年九州場所 13日目○阿夢露

13日目 ○御嶽海(寄り切り)阿夢露●

勝ち越しのためには1敗もできなくなった御嶽海。立ち合いは下から押していき、今日は相手を突き放すことに成功する。そこから中に入り、一気に前に出て押し出し。連敗を3で止め、踏みとどまった。

今日はいい相撲ができた。昨日は千代大龍に引き落としで敗れたので、ちょっと前に出るのをためらってしまうのではないかと心配していたのだが、最後まで前に出続けることができた。

勝ち越しに向けてまだ厳しい状況が続くのは変わらないが、今日の6勝目は非常に大きい。御嶽海は幕尻まで4枚半あるが、仮に残り2日間負けたとしても6勝9敗となり、3つの負け越しとなるため、幕内残留が確実となった。5勝10敗だと5つの負け越しで、幕内残留が微妙となるところだったので大きい1勝だ。

明日の相手は佐田の海。佐田の海は現在28歳。父親は元小結の佐田の海で、父と同じしこ名を名乗っている。コツコツと番付を上げ、7年かけて新十両に。その後ケガで幕下に落ち、再び十両に上がるまでに2年を要した。昨年の夏場所で新入幕を果たし、史上8組目の親子幕内力士となった。そこからは十両に落ちることなく、今年は幕内上位に定着しかかっているが、今場所は西前頭5枚目でここまで4勝9敗と、すでに負け越しが決まっている。体格はそれほど大きくなく、相撲も正攻法なのでやりやすい相手だとは思うが、今場所が自己最高位だった今日の阿夢露と違い、佐田の海は幕内上位で1年近く取り続けている実力者。全力でぶつかっていってほしい。

最後に、北の湖理事長が亡くなったニュース。最近は体調が不安定だったのは知っていたし、今日貧血で病院に搬送されたというニュースも見ていたのだが、それでもあまりに急のことでびっくりした。相撲を見始めたときにはすでに理事長で、現役時代なんて当然知らないのだが、強すぎて憎らしいと言われる日本人力士なんてたぶんもう出てこないんじゃないかと思う。ご冥福をお祈りします。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:09 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする