2015年11月22日

平成27年九州場所 千秋楽○誉富士

千秋楽 ○御嶽海(押し出し)誉富士●

御嶽海はここまで7勝7敗。勝てば勝ち越し、負ければ負け越しという一番。押し相撲同士の対戦となった今日も下から押していく。圧力は御嶽海の方が上で、誉富士を押し込む。そのままハズ押しのような形になり、土俵際で粘る誉富士を押し続け、最後は押し出し。御嶽海は終盤3連勝で、新入幕の場所を8勝7敗の勝ち越しで終えた。

千秋楽も素晴らしい相撲だった。相手は自分よりも重い相手だったが、最後まで引くことなく、押しきった。今日のような相撲こそ、御嶽海がこれから極めていくべき相撲だと思う。現時点でも幕内で通用するレベルにはあるけど、この形になったら三役、さらには大関、横綱にも勝てるというレベルにまで磨いていってほしい。

3連敗で5勝7敗になった時、正直負け越すと思っていた。相撲内容も落ちてきているように見えたし、1個くらいは勝てるとしても6勝9敗くらいで終わるんじゃないかと思っていた。でも、御嶽海は全くあきらめていなかった。最後の3日間は相撲内容も非常によく、自分の相撲を貫き通して見事勝ち越した。勝ち越したのももちろん見事だが、最後まで突き押しを貫いたのは立派だった。

最終的には勝ち越したが、これまでと比べて非常に苦戦したのも間違いない。十両と幕内では力の差があることを思い知らされた。とくに組まれてしまうとほとんど勝負にならない。これは今後の課題だろうが、今はまだ、突き押しを磨くだけでもいいんじゃないかと思う。突き押しを極めれば、きっと組ませない相撲ができるようになると思うし。

勝ち越したことで来場所はさらに番付が上がる。おそらく9枚目から10枚目あたりになるだろう。今場所は周りの力士に7勝〜9勝の力士が多かったので、来場所も今場所と同じ相手とやることが多いのではないかと思われる。勝った人には連勝し、負けた人にはリベンジしたい。また新しく当たりそうな力士としては、三賞9回、金星4つの実力者である豊ノ島や、今場所関脇で大敗した妙義龍、さらには御嶽海が対戦したいと言っていた遠藤も近い番付となりそう。そして十両からは、十両優勝を果たした正代も近いところまで上がってきそう。今場所以上に実力者がひしめく来場所が早くも楽しみだ。

なお、優勝争いは前日まで1敗だった日馬富士、2敗だった白鵬と松鳳山が全員敗れるというまさかの結果となり、日馬富士が2年ぶりの優勝を果たした。正直日馬富士は五分かなとは思っていたが、誰かどうか勝つと思っていたので、まさか全員負けるとは。予想外の千秋楽ではあったが、久々に3横綱がそろったし、また地元の松鳳山が大健闘したりと盛り上がった場所だったんじゃないかと思う。相撲人気も復活してきているし、来年こそは日本出身力士の優勝を見たいところだ。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:59 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする