2015年12月31日

2015年年末企画その3.独断で選ぶAKBレコード大賞2015

2015年最後の記事は、独断で選ぶAKBレコード大賞2015。AKBは例によって本家の受賞はならなかったが、こっちはどの曲が受賞するのか。

対象曲は、今年AKB48と姉妹グループ、そして乃木坂46が出したシングルの表題曲。カップリング曲や、派生ユニット・ソロのシングルは対象にしていない。

対象曲一覧

AKB48
Green Flash
僕たちは戦わない
ハロウィン・ナイト
唇にBe My Baby

SKE48
コケティッシュ渋滞中
前のめり

NMB48
Don't look back!
ドリアン少年
Must be now

HKT48
12秒
しぇからしか!

乃木坂46
命は美しい
太陽ノック
今、話したい誰かがいる

続きを読む
タグ:AKB48
posted by K at 23:32 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年年末企画その2.ネクストブレイクメンバーはブレイクしたのか・後編

ネクストブレイクメンバーの1年を振り返る企画、今回は後編。ネクストネクストブレイクメンバーに挙げた8人の1年を見てみる。

ちなみに、ネクストブレイクメンバーに5名、ネクストネクストブレイクメンバーに8名を挙げた当時の記事はこちら。
ネクストブレイク編
ネクストネクストブレイク編

続きを読む
posted by K at 00:28 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

2015年年末企画その1.ネクストブレイクメンバーはブレイクしたのか・前編

2015年も残すところあと2日ということで、今回は年末特別企画。今年の初め(といっても2月と3月だけど)に、AKBで今年ブレイクしてほしいメンバーを挙げたのだが、果たして彼女たちはブレイクしたのか。今年の活躍を振り返る。まずはネクストブレイクで挙げた5人。

ちなみに、ネクストブレイクメンバーに5名、ネクストネクストブレイクメンバーに8名を挙げた当時の記事はこちら。
ネクストブレイク編
ネクストネクストブレイク編

続きを読む
posted by K at 00:13 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

「繋げ!AKB48劇場の魂を! NGT48今村の東京→新潟 日本縦断354km行脚!」プロジェクトが発足

1月10日の劇場オープンまで2週間を切ったNGT48。その成功を祈願して、あるプロジェクトが発足した。それが「繋げ!AKB48劇場の魂を! NGT48今村の東京→新潟 日本縦断354km行脚!」。その名の通り、NGT48劇場支配人である今村悦朗さんが、AKB48劇場からNGT48劇場までの354kmもの道のりを、自力(徒歩と自転車)で目指すというものである。スタートは12月30日で、オープン前日、1月9日のゴールを予定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151228-00000106-nksports-ent



未だかつてこれほど前面に出てグループのプロモーションをする支配人がいただろうか、と思ったがよく考えたらさしこも支配人か。まあそれはともかく、NGTは新潟では取り上げられる機会も多いと思うが、全国で見れば知名度はゼロに等しいと思うので、話題になることは誰でもなんでもやってみればいいと思う。最初はオープンの迫った時期に支配人がいなくて大丈夫なのか?と思ったが、本人いわくすべての準備が整って「暇」とのことなので大丈夫なんだろう。きたりえやゆきりんもいるし。

ということでこれをやること自体はいいんだけど、とにかく場所と時期が非常に悪い。これをやるのが冬以外なら、あるいは冬でも目指す場所が名古屋とかならまだいいと思うのだが、この時期に豪雪地帯の新潟を目指すというのはとてもきつい。峠越えもしなければいけないみたいだし、天候が悪いとゴールは難しいんじゃないだろうか。無理はしないと言っているし、自転車は電動アシスト自転車らしいし、サポートスタッフも帯同するということなので個人的には健康面はそこまで心配はしていないんだけど、とはいえこのチャレンジに失敗すると幸先は悪いし、もうちょっと成功しやすいチャレンジにすればいいのに…と思ってしまった。でも逆に成功すればメンバーたちを元気づけられると思うし、とにかく体に気をつけて頑張ってほしいと思う。それにしてもアグレッシブな56歳だなあ。

posted by K at 22:46 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

平成28年初場所番付発表、御嶽海は西前頭10枚目

来年1月10日に初日を迎える、平成28年大相撲初場所の番付が発表され、御嶽海は先場所から1枚上がって西前頭10枚目となった。

このあたりの番付なら1つの勝ち越しでも2枚くらい上がることもよくあるのだが、きっちり1枚しか上がらないあたりやっぱりあんまり番付運は良くないな、という気がする。単純計算だと佐田の海、千代鳳とちょうど同じ番付になるのだがこの2人より下になっているし。

ただ、1枚上がったことで下に5枚半ある状態になったので、ひとまず5勝すれば春場所も幕内に残れる位置になった。番付が大きく上がったわけではないので、先場所勝ち越した御嶽海にとって5勝はそう難しいラインではないだろう。

対戦が濃厚な周りの力士を見てみると、東10枚目には2連敗している同い年の千代鳳。上の方には高安、佐田の海、臥牙丸など、下の方には阿夢露、千代大龍、豪風など先場所も当たった力士が多い。一方、御嶽海の半枚下となる東11枚目にはまだ対戦したことのない遠藤。まさか1年経たないうちに御嶽海が遠藤の上の番付になるとは思わなかったが、これはほぼ間違いなく初顔合わせとなりそうだ。他にも少し上には先場所関脇だった妙義龍や実力者の豊ノ島が、下には新入幕となった正代や輝がいる。難敵は多いが、新入幕というプレッシャーはなくなったし、経験も積んだ。御嶽海には来場所も勝ち越し、さらに9勝、10勝と期待したいところだ。

御嶽海以外の番付を見ると、先場所優勝の日馬富士は2年ぶりの東正横綱に。白鵬が2場所連続で東正横綱にならなかったのは7年半ぶりとなる。嘉風は33歳にして新関脇に昇進。所要59場所での新関脇昇進は史上2位のスロー出世となる。ちなみに1位は兄弟子の豪風(68場所)。正代と輝が新入幕で、正代は幕下付け出しの力士を除くと史上3位タイのスピードとなる11場所での新入幕となる。こっちの1位は常幸龍(9場所)、2位は大砂嵐(10場所)、3位タイには琴欧州と阿覧がいる。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:41 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする