2015年12月25日

2015紅白歌合戦の曲目・曲順が発表

今年も残るところあと1週間を切ったが、大晦日に行われる紅白歌合戦の曲目・曲順が発表された。

http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/

AKB関連をピックアップすると、

乃木坂46 5番目(紅組3番目):君の名は希望 対戦相手:三山ひろし
NMB48 25番目(紅組13番目・後半トップ):365日の紙飛行機 対戦相手:三代目J Soul Brothers
AKB48 33番目(紅組17番目・後半9番目):AKB48 紅白2015 SP 〜10周年記念メドレー〜 対戦相手:EXILE

AKB関連のトップで登場するのは乃木坂。どの曲を歌うのか注目だったが、「君の名は希望」だったか。個人的には「何度目の青空か?」を歌ってほしかったところだが、乃木坂の楽曲のクオリティーの高さを示すには最高の選曲だと思う。

NMBは後半のトップバッターという大役になったが、選曲がまさかの「365日の紙飛行機」。これはもちろん、AKBの楽曲であってNMBの曲ではない。たしかにセンターはNMBのさや姉だけど、こういう選曲にしてしまうとSKEやHKTじゃなくてNMBが選ばれた理由が、「さや姉がいるから」ただそれだけなんじゃないかと思ってしまう。AKBにもNMBにもメリットが少ないというか無い気がしてならない。

そしてそのAKBは嵐とEXILEに挟まれてメドレーを披露。何の曲をやるかは書いていないが、10周年記念とあるので今年の曲じゃなくて過去の曲になりそう。なお、今年はプリンセス天功演出のイリュージョンをやるらしい。あの『Mステ』のイリュージョンが業界でウケが良かったんだろうか。またたかみなはAKB48としては最後の音楽番組出演となると書いてある。来年のシングルは卒業生として参加するということか。

この他、藤あや子の「曼珠沙華」に乃木坂から生駒、生田、桜井、白石、橋本、西野の6人が出演し、チャイナドレスで舞を披露するとのこと。藤あや子は17番目(紅組9番目)で登場する。


AKBは前日にレコード大賞もある。3年ぶりの大賞なるか、こっちにも注目。
posted by K at 22:39 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

「NGT48 Mobile」がスタート

本日、NGT48の公式モバイルサイト「NGT48 Mobile」がオープン、サービスをスタートした。

NGT48 Mobile
https://ngt48.com/

自分はauのスマホを使っているのでとくに問題も無く登録できたのだが、どうもガラケーだと見られなかったり登録できなかったりするらしい。ちなみにパソコンだと登録はできないかもしれないが閲覧は可能で、フォトログも最新のものだけは見られるようだ。会員限定コンテンツではイベントのレポートなどが見られる。またメンバーの手書きコメントも見ることができる。

いちばん楽しみにしていたフォトログだが、今のところは「フォト」ログというだけあって写真の方がメインで、文章は少なめかな。ブログというよりはツイッターとかインスタグラムに近い気がする。

すでにきたりえ・ゆきりんの2人を除く24人が投稿しており、あいにゃーなんかはすでに3回も投稿しているが、短い自己紹介の文でも個性は出るなと思った。まうまうやがたねえのように自撮りの写真にシンプルな挨拶のメンバーもいれば、おかっぱやあやにゃんみたいにいきなり変顔を投稿する子もいるし、みはちゃんやのえピーのようにツーショットを乗せる子もいる。角ちゃんにいたっては自己紹介せずにハッピーセット(角ちゃん、つぐみん、りったんの3人)の紹介をしている。やっぱり自分から発信するとより個性が出やすいと思う。NGTの公式ツイッターは非常に優秀だけど、基本的には広報の役割なのでタイアップとかイベント出演とかのオフィシャルな情報が主になる。フォトログではそれ以外の部分、たとえば今日はレッスンしてたとか、オフだったので○○ちゃんと一緒にいたとか、そういうプライベートな部分を見せていってほしいなと思う。ファンはそういうのみんな大好きだから。

NGTは新潟のリーディングバンクである第四銀行の広告キャラクターに決定し、来年からテレビとラジオでCMが放送されるなど勢いが止まらない。この勢いを劇場公演につなげて、公演でさらに勢いを加速させてほしい。

タグ:NGT48
posted by K at 20:35 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

NGT48劇場の概要が発表される

来年1月10日に初日公演を迎えるNGT48。その劇場グランドオープンについての詳細が発表された。

NGT48劇場グランドオープン、及び、NGT48 Mobileリリースに関するお知らせ

詳しくは上のリンクをチェックしてもらうとして、大事そうな部分をピックアップすると、

・NGT48劇場収容人数:295名
劇場の非常に重要な部分である収容人数。他のグループの収容人数は、
AKB:250名 SKE:299名 NMB:238名 HKT:300名
らしいので、比較的大きいSKEとHKTとほぼ同じくらい。他のグループのある都市と比べて人口が少ない新潟だが、この劇場を毎日満員とすることができるだろうか。最初は厳しいかもしれないが、地元にしっかり根付いていってほしい。

・公演日:2016年1月10日(日) 開場15時00分/開演16時00分
延期なし。工事の方もレッスンの方も順調ということだろう、というか工事はもうほぼ終わってるか。開演時間はたぶん初めて出た情報だと思うが、初日が日曜日ということもあってか午後4時とやや早めの時間帯になった。ちなみに翌日が成人の日で、NGTにも新成人がいるのでAKBグループの成人式に出るため、っていうのも影響してるんじゃないかと思われる。

・チケット料金 一般男性・一般女性(18歳以上):2100円(税込) 18歳未満:1100円(税込) 未就学児:無料
自分は公演を見に行かない人間なので公演の値段とか気にしたことなかったのだが、AKBの公演って結構安いんだな。チームAの新公演は値上げされるらしいが、それでも男で3900円だからAKBの人気を考えれば高いとは思わない。NGTの知名度ならこのくらいがちょうどいいのかな。きたりえとゆきりん以外は一応研究生だし。ちなみに他のグループとちょっと違うのが、18歳以上が男女で同料金になっているところ。他のグループは女性は男性より1000円安い(高校生以下と同額)。握手会とか見て女性の動員も見込めると考えたのかな。

・eチケットの導入、チケット代金事前決済の導入
これはAKBグループ初の試み。ちょっとこういうのに詳しくないのでいろいろ言えないのだが、説明を読む限りでは入場がよりスムーズになるんじゃないかと思う。良いと思ったものはどんどん導入していけばいいと思う。この方式がNGTでうまくいけば他のグループにも適用されるのだろう。

・県内枠/県外枠の設置
こちらもNGTが初めてとなる試み。新潟県は県自体が広く、同じ県内でも劇場まで2時間くらいかかる場所もある。ましてや他の県だと、隣り合っている県でもものすごい遠くなる。そのため、他グループが設けている「遠方枠」というのを設けない代わりに、「県外枠」を設置し、同時に「県内枠」も併設するということだ。これはいいことだと思う。おそらく他のグループと同じようにした場合、自分が住んでる長野県は遠方枠には入らないのだが、実際住んでるところから劇場まで行くより、たぶん隣でもない秋葉原行った方が近いし早い。なので、新潟県以外は全部遠方、という思い切った判断はとてもいいことだと思う。県内枠を作ったのも地元密着を掲げるNGTならでは。

・「NGT48 Mobile」が2015年12月21日(月)リリース
個人的に一番の大きなニュース。チケットの先行予約や劇場公演の特別応募枠、そして会員限定のオリジナルコンテンツを閲覧することができる。この「会員限定のオリジナルコンテンツ」にメンバーのブログが含まれているらしい。これまでは公式ツイッターやラジオがメンバーのキャラを知る貴重な情報源だったが、ブログが始まるとメンバー自身の文章で発信することができるので、これまでの数倍キャラが把握しやすくなるはずだし、これまで知らなかった新たな個性を発見することもできるようになるだろう。非常に楽しみだ。
タグ:NGT48
posted by K at 00:35 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

藤田奈那「右足エビデンス」とAKB48「君は今までどこにいた?」のショートMVが公開

来週発売される藤田奈那のソロデビューシングル「右足エビデンス」と、そのカップリングに収録されるAKB48「君は今までどこにいた?」のMVが公開された。


藤田奈那「右足エビデンス」作曲:菅井達司 編曲:佐々木裕



何でも出来そうであるがゆえにどんな曲になるのか分からなかったなぁなの曲だが、これはダンスナンバーということでいいのかな。クールなダンスナンバーは確かになぁなのイメージに1番近いかもしれない。予想よりバキバキだったけど。作曲の菅井さんは前田敦子「I'm free」「独り占め」の作曲を担当。調べた限りでは他のアーティストへは楽曲提供をしておらず、AKBのソロ曲だけを3曲作曲しているという珍しい作家さんだ。

MVは曲の雰囲気に合わせて、バックダンサーを従えたなぁなが夜の街中やEXILEが踊っていそうな場所で踊る映像。曲だけ聴くよりもMV込みで聴いた方がより良い。サビの振付か何かで右足を出す場面はあるものの、MVではそれほど右足は目立っていない。


AKB48「君は今までどこにいた?」作曲:田靡達也 編曲:若田部誠
歌唱メンバー(15名):中西智代梨、西野未姫、木アゆりあ、佐藤妃星、飯野雅、横山由依、相笠萌、阿部芽唯、上西恵、横島亜衿、野村奈央、近藤萌恵里、小嶋菜月、渡辺美優紀、福岡聖菜



じゃんけん大会で2位〜16位になったメンバーによるカップリング曲で、センターは2位の中西智代梨。アンダーガールズの王道というような直球アイドルポップ。それでもちょりはバラエティ班でそういう王道のイメージはないので逆に新鮮かもしれない。作曲の田靡(たなびき)さんは過去にチームサプライズ「キミが思ってるより…」、SKE「フラフープでGO!GO!GO!」の作曲を担当。今回の曲も合わせてすべて王道アイドルポップなので、この路線が得意なんだろう。

MVはおそらく、テレビ番組のエンディングで歌っているという設定。ちょりが番組キャラクターのぷーこの中に入っているが、転んで頭が取れてしまう。ショートバージョンなので全編通すとどうなのか分からないが、これを見る限りではしっかりちょりにスポットが当たっていていいと思う。


藤田奈那「右足エビデンス」は12月23日発売。

右足エビデンス(AKB48じゃんけんシングル) - 藤田奈那
右足エビデンス(AKB48じゃんけんシングル) - 藤田奈那

右足エビデンス(AKB48じゃんけんシングル)【多売特典(生写真予定)付】 - 藤田奈那
右足エビデンス(AKB48じゃんけんシングル)【多売特典(生写真予定)付】 - 藤田奈那

posted by K at 01:07 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

宮澤佐江が卒業を発表

SKE48とSNH48を兼任する宮澤佐江が、本日放送された「FNS歌謡祭 THE LIVE」で卒業を発表した。

本人のコメントとしては、約10年間活動をしてきた中で、最近はこのグループから一歩外に出た自分を考えるのが楽しい、ワクワクすると感じるようになったので、自分で足を踏み出す時期なのではないか、とのこと。

今日のFNS歌謡祭でAKBグループの重大発表があると新聞などに書いてあったのでいろいろ考えていて、誰かの卒業発表というのも予想はしていたのだが、でもしそうな人が浮かばなかったので(こじはるは今年はしないって言ってたし)、別のことなんだろうと思っていたのだが、佐江だったとは。まあ佐江自身は今年の生誕祭で「アイドルとしては最後」って言っていたそうだし、ファンもそう遠い先のことではないと思っていたんじゃないかと思うが、テレビでの発表はやっぱり驚いた。AKBのイベントの中継とかではなく、純粋なテレビ番組での卒業発表は紅白で発表した優子以来かな。ラジオならオールナイトニッポンで発表した玲奈の例もあるけど、あれはまあ自分たちの番組だし。

佐江はAKBの2期生としてAKBに入り、当初から中心メンバーとして活躍。メジャーデビューシングル「会いたかった」から「ギンガムチェック」まではじゃんけん選抜を除くすべてのシングルで選抜入りを果たし、総選挙でも第2回では9位に入るなど常連の1人だった。しかし2012年にSNHへと移籍。いろいろな都合からSNHとしてはなかなか活動ができず、一度はAKBとの兼任が発表されるもそれを辞退する。しかし昨年の大組閣にてSKE48との兼任、そしてチームSリーダー就任。その後はSKEを引っ張る存在として存在感を発揮し、今年の総選挙では過去最高となる8位に入った。先週発売の「唇にBe My Baby」、さらに来年3月発売予定のニューシングルでもAKBの選抜に入っている。

佐江はファンの人気はもちろんだけど、とにかくメンバーからの人気が高い。ほんとに誰からも好かれ、多くのメンバーから憧れられている。その明るくて前向きな性格と姿勢は手本とすべきもので、後輩メンバーたちにはぜひ佐江のようなメンバーを目指してほしいなと思っている。個人的にはもえきゅんとかが近いタイプなんじゃないかと思っているので頑張ってほしい。

2期生は佐江の他に、AKBにいる香菜とNMBにいる梅ちゃんの3人が残っていたが、これでいよいよ2人ということになる。2期は最近まで結構残っていたイメージだが、この2,3年で一気に減ったな。

佐江はSKEではチームSのリーダー(AKBでいうキャプテン)を務めており、SKE全体でもリーダーのような役割をしている。これから誰がSKEを引っ張っていくのだろうか。ちゅりだっていつ卒業してもおかしくないしなあ。珠理奈も向いてるとは思うけど、珠理奈にその役割をさせるならセンターは別の子にした方がいいだろう。リーダーもセンターもだと負担がかかりすぎちゃうし。

卒業日は未定。佐江をどうやって送り出すかは気になるところだ。長くAKBにいたメンバーが他のグループに移籍して、そのグループで卒業するというのは過去になかったので、SKEでの卒業コンサートはやると思うのだがその他にAKBでもやるかどうか。普通に考えたらSKEでのセレモニーだけになりそうだけど、AKBでもやってもいいくらいの貢献度はあるし。今後たとえばさしこが卒業する時などの参考にもなりそう。

どっちにしても結構先のことじゃないかと思うので(たかみなと同じくらい?)、しばらくはアイドルの佐江を楽しめるだろう。

それにしても今日はAKBで西山怜那が卒業を発表、さらにHKTでは梅本泉が卒業を発表。3つのグループで同じ日に卒業者が出るっていうのは初めてではないだろうか。大変な1日だった。


posted by K at 01:19 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする