2015年12月02日

『NGT48のみんな神対応!!ラジオあくしゅ会!!』9回目の感想

出演メンバー:大滝友梨亜(おーたき)、太野彩香(アヤカニ)、山田野絵(のえピー)、本間日陽(ひなたん)、小熊倫実(つぐみん)

今回は、11月23日に新潟ふるさと村で行われた公開収録の模様を放送。前回の公開収録は違う時間帯に1時間で放送していたが、今回は収録時間が1時間だったので、いつもの枠で25分の放送。なので単純に考えると半分以上カットされていることになる。出演者も前の公開収録では10人だったが、今回は5人に。まあ25分で10人もいたら一言しかしゃべれない人が出てきそうだしこれくらいがちょうどいいだろう。のえピーが『ラジあく』初登場。これでゆきりんを除く25人のメンバー全員が登場したことになる。後のメンバーは2回目で、前回の公開収録を含めるとつぐみん以外は3回目。

今回はいつもと同じくモジャさんが仕切りだったのもあって、いい意味でいつもの番組と変わらない感じだった。いつもの雰囲気にお客さんが加わって盛り上がっていたように思う。

各メンバーの印象

大滝…今回の最年長。だからかは分からないがフリーダム度は抑え目だった。モジャさんがいたので仕切っていたわけではないものの、それでもお姉さんっぽさはちょっと出ていた。振られたモノマネもしっかりやるし。

アヤカニ…今回はキャラが濃いメンバーが他にいたので、わりと常識的な立ち位置にいた。ゆるキャラがいなかったのが良かったのだろう。

のえピー…唯一の初登場。元気でよく喋るし目立っていた。元気過ぎてちょっと空回ってるんじゃないかと思うところもAKBグループのバラエティ班っぽい。

ひなたん…今回唯一と言ってもいい正統派。他がなかなかぶっ飛んでるので、ひなたんが喋ると非常に安心する。お母さんのことをちゃんと「母」って言うところとかしっかりしてるなと思う。

つぐみん…一言ですべてを持っていくNGTの最終兵器。ド天然なので何をしゃべっても面白い。これはおそらく中1で最年少のつぐみんだからこそだと思う。年上の子がやるとイタい子になりかねないし。この特権を存分に活かしてほしい。

ちなみにのえピーが出たことで、1回目からやっていた手首のサイズが出そろったので紹介。

14.5cm 小熊 村雲 西村
14.0cm 橋 奈良 大滝 清司 水澤 日下部 長谷川
13.5cm 北原 佐藤 菅原 太野 高倉
13.4cm 中村
13.0cm 西潟 加藤 本間 宮島 角 山口
12.5cm 中井
12.0cm 
11.5cm 
11.0cm 荻野

初回に測ったおぎゆかがダントツの細さ。たぶん他のメンバーは見ただけじゃ違いがよく分からないと思うが、これだけ違うとおぎゆかは明らかに細いだろう。全体的な細さとか頭の小ささはやっぱりレモンちゃんに似てるなと思う。あとはもうほとんど同じような感じ。アヤカニはその回の中で一番太くて泣いていたが、こうして見ると実に平均的。一緒に出たまほほんとりかちゃんが細かった。

これでゆきりん以外全員出たので、次回からは放送内容もちょっと変わってきそう。キャラも大体分かってきたのでより面白くなることに期待したい。
posted by K at 23:50 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする