2015年12月06日

『NGT48のみんな神対応!!ラジオあくしゅ会!!』10回目の感想

出演メンバー:山田野絵(のえピー)、佐藤杏樹(あんじゅ)、小熊倫実(つぐみん)

『ラジあく』はゆきりん以外が全員出演を果たしたので2周目に突入。あんじゅとのえピーは2回目(のえピーはスタジオ収録は初)、つぐみんは早くも3回目。のえピーとつぐみんは前回の公開収録に続いて2週連続出演。

つぐみんが中1、あんじゅが中2、のえピーが高1だけど、誰が年上とかそういうのは無くて、全員子どもといったそんな感じだった。とにかく騒がしい。つぐみんの代わりにあゆたろうが入ってたらたぶん一番うるさいトリオになってたと思う。基本的にはのえピーとあんじゅが喋っていくスタイル。つぐみんはリアクション&相槌&癒し担当。つぐみんはそれでいい。

今回から企画も変更。マイベスト3は幅が広いので、本人が何をチョイスするかによってものすごく面白くなるかもしれない。逆にすごく狭い層を狙うのがおでこ計測。手首は別に細くても太くてもいいだろうけど、おでこが広いとちょっとショックかもなあ。特に今回はモジャさんも測ってるので(8.5cm)、モジャさんより広いとアヤカニじゃなくても下手したら泣くのでは…。

うるさいと言えばうるさかったが、新企画をやるにはちょうどいい3人だったんじゃないかと思う。この3人はわりと使い勝手がいいというか、番組に出しやすい3人かもしれない。勝手に喋ってくれるし。

posted by K at 23:24 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする