2016年03月31日

2016.03.31 巨人6-4DeNA

3回、坂本の内野ゴロの間に巨人が先制。巨人はさらに、5回に長野のタイムリー、7回には相手のワイルドピッチによりそれぞれ1点を追加。3-0とする。巨人の先発・菅野は6回まででわずか73球というサクサク投球で無失点。このまま完封か、と思われた7回、ランナーを2人ためたところで筒香に痛恨の同点3ランを浴び、試合は一瞬でふり出しに戻る。その後は両チーム、チャンスを作りながらもあと1本が出ず、試合は延長戦に突入する。10回、村田のタイムリーで巨人が勝ち越したが、その裏、抑えの澤村がつかまり、荒波のタイムリーでまたしても同点となる。11回、巨人は満塁のチャンスを作り、4試合ぶりの出場となった亀井が勝ち越しの2点タイムリー。最後はマシソンが締め、巨人が2カード連続の勝ち越しを決めた。

先発の菅野は8回3失点。菅野が投げていたのが昔に感じるくらい終盤が大変な試合だったが、菅野としては勝ちを逃したという思いが強いだろう。6回までは完璧に近い内容だっただけに、7回だけが非常に悔やまれる。結局113球投げてしまったし、もったいない試合だった。もちろん好投なんだけど、菅野には求めるハードルが高くなってしまう。

10回に勝ち越したことで今日こそは中継ぎの失点も止まるかと思われたが、澤村がまさかの失点となってしまった。力んでいるのがとてもよく伝わった。まあ今日のピッチングで信頼が揺らぐわけではないし(他にいないし)、切り替えて頑張ってほしい。あとは2試合連続で失点していたマシソンがきっちり抑えたのが今後に向けての明るい材料。

打線は今日は奮起。3度も勝ち越してみせた。ヒーローは決勝点の亀井だったが、今日すごかったのは長野。6打数5安打、うち3本が二塁打という固め打ちを見せた。昨年は不振だったが、一昨年までの長野が戻ってきたか。

2カード連続勝ち越し。良い調子でスタートが切れた。カードが一巡するまでは様子見だと思うが、今のところ由伸監督の采配も堅調だと思う。これなら采配によって崩れることはそうそうないのでは。

明日からは敵地で広島との3連戦。先発は巨人が高木、広島がドラ1ルーキーの岡田。高木は前の試合で7回2失点。上々の滑り出しを見せた。昨年は対広島戦がセリーグのチームの中で最も防御率がよかった。マツダスタジアムとの相性もよかったが、今季もその相性を持続できるか。対するはドラ1ルーキーの岡田。巨人はヤクルト・原、DeNA・今永に続いて早くも3人目のドラ1との対決。阪神の1位は野手の高山なので、残るドラ1投手は中日の小笠原のみとなっている。さて、岡田は150キロを超える速球を投げる右腕とのこと。プロの洗礼を浴びせるのか、こっちが浴びるのか。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:00 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

2016.03.30 巨人3-6DeNA

先制は今日も巨人。4回、立岡の2試合連続となるソロホームランで1点を取ると、さらにギャレットが3試合連続のホームラン。この回2点を挙げる。さらに5回には、先発・桜井が自ら犠牲フライを放ちプロ初打点。リードを3点に広げる。プロ初先発の桜井は4回までランナーを出しつつも無失点に抑え、初勝利の権利を懸けた5回のマウンドへ。しかし、荒波の2点タイムリー、ロマックへの押し出し死球で同点とされ降板。この回は不運な当たりやエラーに近いヒットなどが重なり、桜井にとって不運な形となった。さらに2番手の戸根が宮崎に押し出し死球を与えDeNAが勝ち越す。7回には1アウト2,3塁から、セカンドへの当たりをクルーズがホームに送球するも間に合わずセーフに。さらに続くバッターのところでDeNAがダブルスチールを仕掛けこれが成功、もう1点を追加する。巨人は反撃できず、連勝ストップ。桜井、そして由伸監督にとって初黒星となった。

先発の桜井は5回途中4失点。プロ初登板は勝利目前から一転、負け投手となってしまった。しかし、今日は巨人のエラーは0になっているが、エラーと言ってもいいようなヒットが5回に重なってしまった。これを桜井の自責点にカウントしてしまうのはちょっと可哀想だし、負けがついたのも残念。ただ、桜井のピッチングも4回までは無失点だったが結構危なっかしいところもあったので、このまま一軍でやっていけるかはもう1試合様子見といったところだろうか。

中継ぎ陣は今日も失点。今村と土田が今季初登板で、土田は無失点だったが今村が2失点を喫した。今日の投手関係でよかったと言えるのは土田と、あとは澤村と山口が休めて良かった、くらいか。

野手は5安打だった打撃もだが、守備で桜井の足を引っ張ってしまった。これで投げてるのが菅野だったら、味方のエラーもカバーしないとということになるのだが、プロ初登板のルーキーの、初勝利がかかったイニングであれはいけなかった。しっかり反省してほしい。クルーズのフィルダースチョイスになった場面では、今年から改正されたコリジョンルールがカギとなった。コリジョン(Collision)は「衝突」という意味で、ホームでの走者と捕手の危険な接触を避けるために設けられたルールである。このルールによって捕手はブロックと走路の妨害を禁じられたため、今日の場面でも追いタッチのような形になり、セーフとなった。今後は野手のホームへの送球の正確性と、捕手の捕球とタッチの技術力の向上が必須になりそうだ。逆に攻撃側としては、より大胆に走者をホームへ突っ込ませることができるようになりそうだ。点は入りやすくなるか。

全勝なんてできるとは思っていないが、今日の負けはちょっと嫌な負けだった。なんとか切り替えていきたい。明日の先発は巨人が菅野、DeNAが砂田。菅野中5日は後半戦まではないと思っていたのだが、大丈夫なのだろうか。中5日でいくなら100球で降ろすとか、ちゃんと制限した方がいいと思うのだが。菅野は前の試合では7回無失点に抑えており、調子は悪くないはずなので、嫌な流れを止めるピッチングをしてほしい。対する砂田は今季初登板。昨年はプロ初勝利を挙げるなど3勝。そのうちの1勝は巨人から挙げている。打線はホームランは出ているがつながりもほしいところ。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 22:54 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石田晴香が卒業を発表

AKB48の石田晴香が、本日の公演で卒業を発表した。

本人によると、声優になるのが夢で、いつまでもここ(AKB)に甘えていてはいけないと思い、少し前から卒業を考えていたとのこと。また卒業の日程は不明。

総選挙に立候補していなかったので、ある程度覚悟はしていた。はるきゃんは特別推されているメンバーというわけではなかったが、総選挙では7回中5回ランクインするなど根強い人気のあるメンバーだった。第1回のじゃんけん大会で準優勝、AKB0048の選抜、ぐぐたす選抜センターなど、印象に残る活躍も多かったと思う。昔は言いたいことをいうようなキャラだったが最近はかなり大人になって、公演でも他のメンバーの危なっかしいMCをフォローするくらいにまでなった。AKBですごい成長した子だと思う。

卒業後の夢は声優とのことだが、はるきゃんは0048以外でもすでにアニメの声優を何度かやっているし、ホリプロだし、なにより実力もちゃんとあると思うのできっと大丈夫だろう。AKBグループを卒業して声優になったメンバーだと佐藤亜美菜や秦佐和子などがいるが、2人もはるきゃんと同じ0048のメンバーだった。だから、というわけではないけどはるきゃんもやっていけるはず。ホリプロにも声優さんはいるみたいだし、ホリプロのまま活動していくんじゃないかと思われる。

はるきゃんは5期生で、5期では内田眞由美以来の卒業となる。現在AKBグループには5期が5人いるが、さしこはHKTに、きたりえはNGTに、ちかりなはJKTに移籍しておりAKBに残っているのは2人だけ。はるきゃんが卒業することで、AKB生え抜きの5期はついにみゃお1人となる。まあきたりえは移籍したばかりだし、みゃおは選抜入りで盛り返してるしで、5期が全員いなくなるのはまだ先だと思うが。

チームKではあきちゃ、まりやぎに続く卒業。はるきゃんが卒業すると研究生込みで19人となるので、余裕はあるといえばあるか。まあ今日は島田とかもいなかったのでひらりーがヘルプで入ってたけど。それにやすすが新聞のコラムで16期生を募集することを書いているらしいので(正式発表はまだ)、なんとかなるのかなという気もしてきた。

はるきゃんが卒業発表したことで、総選挙不出馬だった他のメンバーの動向も気になるところ。特に今年初めて不出馬になったメンバーはしばらく注意して見ていた方がいいかもしれない。

posted by K at 21:36 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

2016.03.29 巨人6-2DeNA

先発は巨人がポレダ、DeNAがドラフト1位ルーキーの今永。2回、クルーズのソロホームランで巨人が先制。4回にはギャレットの2試合連続となる2ランホームラン、5回には立岡のプロ初となるソロホームランが飛び出し、巨人は一発攻勢で4点を挙げる。巨人の先発ポレダは毎回のようにランナーを出しながらも大事なところを締め、7回無失点の好投。巨人は8回にも坂本の犠牲フライとギャレットのタイムリーで2点を追加。DeNAは9回にルーキーの戸柱、2年目の山下の連続タイムリーで2点を返すが反撃はここまで。巨人が開幕4連勝とした。

先発のポレダは7回無失点。ランナーは毎回のように出したものの、許したヒットは3本。4回以降はノーヒットに抑える好投を見せた。ギャレットとクルーズが加入して、外国人枠の関係でポレダは一軍に入れるか微妙なところだなと思っていたのだが、マイコラス不在、マシソン不安定の中でこのピッチングを見せたのでしばらくは安泰だと思われる。

好調な先発陣の一方で中継ぎはこれで4試合連続失点となった。初戦と3戦目がマシソン、2戦目が戸根、そして今日が田原と打たれた投手が違うのも不安。戸根や田原は勝ちパターンである山口や澤村の負担を軽減する役割があるので、大きくリードした試合をしっかりと締めてほしい。この役割がきっちりこなせるようになれば、いずれは勝ちパターンの一角に入ることもできるだろう。

打線は一発攻勢。ギャレット・クルーズの両助っ人が非常に頼もしい。昨年の助っ人野手が散々だった反動が来ているのか。個人的には3割は打たなくてもいいので、30本、100打点打ってくれるような活躍を期待したい。そして驚いたのが立岡。8年目にして、ついにプロ1号が出た。100本以上のヒットを打った昨年でも出なかったので気長に待つかと思っていたが、今年の4試合目で出るとは。今日は3安打、全打席出塁の大活躍。昨年を上回る活躍に期待。

中継ぎに不安はあるものの4連勝。とくにホームランがすでに7本も出ているのが素晴らしい。昨年は143試合で98本だったが、今年は昨年の分も打ってほしい。明日の先発は巨人が桜井、DeNAがモスコーソ。巨人はここまでヤクルトの原、DeNAの今永とドラ1ルーキー2人を相手にしてきたが、いよいよ巨人のドラ1ルーキーがプロ初登板を迎える。オープン戦はすごく良いともひどいとも言えない出来だったが、最後の登板では西武相手に無失点で抑えた。まだ本調子ではなさそうなDeNA打線を抑えられるか。対するモスコーソは来日3年目。そこそこ抑えられてはいるのだが、まだモスコーソに負けたことはない。桜井に勝利をプレゼントするため、早めに援護したい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:53 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

2016.03.27 巨人3-2ヤクルト

この日も先制は巨人。3回、クルーズのタイムリーでヤクルトの先発・ルーキーの原から1点を挙げる。しかし6回、ヤクルトは山田のソロホームランで同点とすると、8回には畠山のタイムリーでヤクルトが勝ち越しに成功する。巨人はその裏、坂本がヒットで出塁すると、続く4番・ギャレットに来日第1号の2ランホームランが飛び出し逆転。最後は澤村が締め、巨人が開幕3連勝となった。

先発の田口は6回1失点。開幕3戦目に抜擢されたが、しっかりその役割を果たした。打撃の良さも昨年から変わっていないが、援護をもらえないのも昨年と変わらず。まあこのピッチングを続けていればすぐ勝てると思う。

打線は両助っ人が大活躍。クルーズはこの3連戦で打率.600と絶好のスタートを切ったし、ギャレットにも3戦目でホームランが出た。坂本も悪くないし、1ヶ月くらいはこのクリーンナップ固定でも良いと思う。

開幕カード3連勝で絶好のスタートを切った。この調子でどんどんいきたい。火曜日からは横浜でDeNAとの3連戦。先発はポレダとルーキーの桜井はおそらく濃厚。あと1つはまだ分からない。オープン戦では内海がよく投げていたが炎上も多く、由伸監督が誰を選ぶか注目だ。さすがに菅野中5日はまだ無いんじゃないかと思う。

posted by K at 11:06 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする