2016年03月20日

平成28年春場所 8日目○明瀬山

8日目 ○御嶽海(寄り切り)明瀬山●

立ち合いが良かったのは明瀬山。御嶽海の上体を起こし、両手で抱え込む形になる。しかし御嶽海はこれによりもろ差しの形となり、体位を入れ替えて明瀬山を土俵際に追い込む。そのまま寄り切った御嶽海が対明瀬山戦3連勝とし、5勝3敗で後半戦に向かうこととなった。

立ち合いは明瀬山の方が良くてびっくりしたのだが、昨日の臥牙丸ほどの圧力がなかったおかげでなんとか対処することができた。あるいは押されていたら危なかったかもしれないが、抱えるような形になったのが幸いしたか。内容的にはそれほど良いとは言えないかもしれないが、こういう相撲で勝てると成績も良くなってくるだろう。

これで中日を終えて5勝3敗。御嶽海は幕内3場所目にして初めて、白星先行で後半戦に臨むことになった。勝ち越しはもちろんのこと、2ケタ勝利にもまだ届くペースだ。白星先行だと相手も強くなってくると思うが、早いうちに勝ち越しを決めて1つでも多く白星を増やしたい。

明日の相手は阿夢露。阿夢露とは新入幕だった昨年九州場所で対戦し、その際は御嶽海が勝っている。ただその場所の阿夢露は4勝11敗で、自己最高位だったとはいえ調子はあまり良くなかったと考えた方がいいだろう。今場所は西11枚目でここまで5勝3敗。この位置なら勝ち越す力を持っている。御嶽海はまわしを取られないようにしたい。あとは個人的には今場所まだ出ていない押し出しでの勝利が見たい。軽量なので可能性はあるはず。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 21:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48メンバーを語る その5.奈良未遥

誕生日を迎えたNGTメンバーについて語る、ほぼ1年をかけて完結する自称大型企画。5日ぶりの5回目。

更新のスケジュール(=メンバーの誕生日)は以下の通り。すでに語ったメンバーについては名前をクリックするとその記事に飛びます。

1月15日 加藤美南 
2月6日  日下部愛菜
2月16日 荻野由佳
3月15日 長谷川玲奈
3月20日 奈良未遥 ←今回
4月19日 清司麗菜
4月21日 大滝友梨亜
4月23日 高倉萌香
6月3日  橋真生
6月22日 角ゆりあ
6月24日 北原里英
7月5日  村雲颯香
7月15日 柏木由紀
7月20日 太野彩香
7月28日 中村歩加
8月11日 西村菜那子
8月23日 中井りか
9月17日 山口真帆
10月7日 山田野絵
10月16日 西潟茉莉奈
11月5日 水澤彩佳
11月5日 佐藤杏樹
11月10日 本間日陽
11月23日 菅原りこ
11月27日 宮島亜弥
12月15日 小熊倫実

ということで今回は、本日3月20日に18歳の誕生日を迎えたみはちゃんこと奈良未遥について。

続きを読む
posted by K at 12:37 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

平成28年春場所 7日目●臥牙丸

7日目 ●御嶽海(押し出し)臥牙丸○

立ち合い、199キロの巨体を活かした臥牙丸が思い切り突くと、御嶽海は一気に上体を起こされる。体勢を立て直そうとする御嶽海だが、臥牙丸は休まずに突いてくる。御嶽海はそのまま押し出され、対臥牙丸戦3連敗となった。

あのパワーをまともに受けてしまってはどうしようもない。御嶽海としてはまず当たってから動いていくつもりだったんじゃないかと思うのだが、最初の一発があまりに強すぎてそれをさせてもらえなかったという感じか。こうなると、今の御嶽海だと真っ向勝負ではかなわないのではないかと思ってしまう。臥牙丸のパワーにも負けない体を作るか、もしくは戦術を変えるか、だろうか。正面突破してやろうっていう気持ちは良いと思うんだけども。

明日の相手は明瀬山。明瀬山とは十両時代に2度対戦しており、いずれも御嶽海が勝利している。明瀬山は新十両からおよそ5年、十両と幕下を行ったり来たりしていたが、昨年の名古屋場所から4場所連続で勝ち越し、今場所ついに新入幕を果たした。所要48場所での新入幕は学生相撲出身としては史上4位のスロー出世となる。迎えた今場所は初日から連勝したものの、3日目から5連敗中と元気がない。御嶽海としては相性のいい相手に勝って、白星先行で後半戦に臨みたいところだ。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:19 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

平成28年春場所 6日目○北太樹

6日目 ○御嶽海(寄り切り)北太樹●

昨日はあっという間にやられてしまった御嶽海。立ち合いは北太樹の方がよく、御嶽海は防戦を強いられる。しかし北太樹の上手を切り、いなして一転攻勢に。一気に攻め、もろ差しから寄り切り。連敗せず、4勝2敗とした。

立ち合いは北太樹に攻められたのでどうかと思ったが、回り込んだりして一気に持っていかれるのを防いだ。そしてまわしを切り、いなして自分のペースに持っていったら相手に反撃を許さない速さでの猛攻。今日は速さと力強さ以上に技術が素晴らしかったと思う。御嶽海の良いところが詰まった一番だった。

御嶽海は幕内3場所目だが、この3場所はすべて、序盤5日間を3勝2敗で終えている。勝ち越した先々場所は6日目に勝って白星先行、負け越した先場所は6日目に負けて五分となっていた。今場所は勝って白星先行。このままいけるか。

明日の相手は臥牙丸。3場所連続3度目の対戦だが、ここまではあまり良いところも無く負けている印象がある。御嶽海は押しきれない重い相手が苦手なのかもしれないが、3度目の対戦ということでそろそろ攻略の糸口を見つけたいところだ。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:55 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Maxとき315号」フルバージョンの感想

無事ミリオンを達成したAKBのニューシングル「君はメロディー」。今作には各タイプに姉妹グループおよび乃木坂AKBの曲が収録されているのだが、CDショップのランキングなどを見てみると、どうもNGT48「Maxとき315号」が収録されているType Dがいちばん売れていないみたいだ。

もちろん、NGTは他のグループと比べて格段に活動期間が短く、当然それだけ人気もまだ少ない。そもそも出荷枚数が他のタイプより少ないかもしれないし、いちばん下になるのは想定内だったのだが、NGTを応援している身としてはやはり多くの人に買ってほしい。ということで今回はあらためて「Maxとき315号」の感想。

続きを読む
posted by K at 15:41 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする