2016年03月11日

高橋みなみプロデュース公演第8弾「愛しのにゃんにゃんお誕生日おめでとう公演」セットリスト

公演のコンセプトと同じく今更感が激しいが、第7弾までやってこれだけやらないというわけにもいかないので、たかみなプロデュース公演の大トリとなった「愛しのにゃんにゃんお誕生日おめでとう公演」のセットリスト。

高橋みなみプロデュース「愛しのにゃんにゃんお誕生日おめでとう公演」
出演メンバー:高橋みなみ・小嶋陽菜・峯岸みなみ・向井地美音・伊豆田莉奈・篠崎彩奈・西野未姫

セットリスト
00.overture(こじはるおじさんver.)/こじはるおじさん
01.Relax!/ノースリーブス
02.君しか/01と同じ
03.唇触れず…/01と同じ
MC/01と同じ
小嶋陽菜生誕祭
後輩メンバーによる余興/向井地美音、伊豆田莉奈・篠崎彩奈、西野未姫
お祝いメッセージ(VTR)/おぎやはぎ、児嶋一哉(アンジャッシュ)、ふなっしー、篠田麻里子、こじはるおじさん
04.カラオケ大会
 夜風の仕業/小嶋陽菜
 回遊魚のキャパシティ/小嶋陽菜、(以下バックダンサー)峯岸みなみ、向井地美音、篠崎彩奈
 Jane Doe/小嶋陽菜
 Green Flash/全員
MC/全員
05.LOVE修行/全員

EN1.純愛のクレッシェンド/ノースリーブス
MC/全員+ゲスト:永野
EN2.ハート型ウイルス/ノースリーブス、(以下盛り上げ)向井地美音、篠崎彩奈、伊豆田莉奈、西野未姫、永野
MC(高橋みなみへの手紙・花束贈呈)
EN3.お手上げララバイ/高橋みなみ+バックダンサー(本物)


後輩メンバーも参加したものの基本的にはノースリーブス3人によるイベントみたいなものだったので、非常にまったりとした良い雰囲気の公演だったと思う。いちごちゃんず公演でも思ったけど、同期ならではの良さがあったと思う。

出演メンバーは少なかったが、こじはる生誕祭ということもありビデオメッセージを含めたゲストは豊富だった。今忙しいであろう永野とかもよく連れてこれたなと思う。

そしてこじはるの誕生日を祝う公演だったはずが、最後はたかみなにこじはるが手紙を読み、さらにソロ曲を歌わせてあげるというドッキリも。こじはるのたかみなに対する態度はツンデレの王道だなと思った。

さて全公演を見ての感想としては、たかみなよく頑張ったなと。まったくテイストが違う8公演を作り、参加するというのはものすごく大変な労力だっただろう。不満がある部分も無いわけではなかったが、1回限りの公演なのでそれくらいは大目に見たい。

個人的に1番良かったのはいちごちゃんず公演。いちごちゃんずが好きなのもあるけど、ファンまで含めた一体感が素晴らしかった。あとはお蔵入り公演もわりと好きだった。自分はどうも普通に歌って踊って、普通にMCをする公演が好きみたいなのでこんな感じだが、これは人によって全く違うと思う。カオスが一番好きな人も多いだろうし。

さっき1回限りの公演だから良いということを書いたが、こういう特別公演はときどきやってもいいと思った。ファンからセットリストを募集したりするのもいいんじゃないだろうか。個人的に見てみたいのは、NMBやNGTまで含めた完全なダンス選抜の公演(セットリストも最高難度なもの)と、あと歌唱力選抜も見たい。歌唱力選抜だとあまり動かなくて地味になりそうではあるけど。

とにかくたかみなと関わったすべてのみなさん、お疲れさまでした。
posted by K at 23:30 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年春場所初日・2日目の対戦相手が決定

あさってから始まる平成28年春場所。その初日と2日目の取組が発表された。世間の注目は琴奨菊の綱取りだろうが、その琴奨菊は初日は高安、2日目は嘉風との対戦が組まれた。まず序盤の取りこぼしを防げるかが注目となるだろう。

さて、2場所ぶりの勝ち越しを目指す御嶽海は、初日は大翔丸、2日目は大栄翔との対戦が組まれた。2人とも十両から上がってきた力士で、とくに大翔丸は新入幕となる。ついでに2人とも追手風部屋所属である。

御嶽海はどちらとも対戦経験がある。大翔丸とは過去3度対戦し3勝0敗。非常に相性のいい相手だ。ただ、大翔丸はこの2場所で12勝、10勝と大勝で一気に上がってきており、その勢いには注意したい。

一方、大栄翔とは1度対戦し0勝1敗。唯一の対戦は御嶽海が新十両優勝を果たした昨年の名古屋場所で、その場所で新入幕を決めた大栄翔が勝利した。しかし、御嶽海はその場所で口を切って力を出し切れない状態だったため、本人にも苦手意識は無いと思う。

御嶽海、大翔丸、大栄翔はいずれも20代前半、かつ突き押しが持ち味の力士。さらに体格も大体同じ。御嶽海としては負けたくない相手だろう。ここで連勝して良いスタートを切りたい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:31 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする