2016年03月19日

平成28年春場所 7日目●臥牙丸

7日目 ●御嶽海(押し出し)臥牙丸○

立ち合い、199キロの巨体を活かした臥牙丸が思い切り突くと、御嶽海は一気に上体を起こされる。体勢を立て直そうとする御嶽海だが、臥牙丸は休まずに突いてくる。御嶽海はそのまま押し出され、対臥牙丸戦3連敗となった。

あのパワーをまともに受けてしまってはどうしようもない。御嶽海としてはまず当たってから動いていくつもりだったんじゃないかと思うのだが、最初の一発があまりに強すぎてそれをさせてもらえなかったという感じか。こうなると、今の御嶽海だと真っ向勝負ではかなわないのではないかと思ってしまう。臥牙丸のパワーにも負けない体を作るか、もしくは戦術を変えるか、だろうか。正面突破してやろうっていう気持ちは良いと思うんだけども。

明日の相手は明瀬山。明瀬山とは十両時代に2度対戦しており、いずれも御嶽海が勝利している。明瀬山は新十両からおよそ5年、十両と幕下を行ったり来たりしていたが、昨年の名古屋場所から4場所連続で勝ち越し、今場所ついに新入幕を果たした。所要48場所での新入幕は学生相撲出身としては史上4位のスロー出世となる。迎えた今場所は初日から連勝したものの、3日目から5連敗中と元気がない。御嶽海としては相性のいい相手に勝って、白星先行で後半戦に臨みたいところだ。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:19 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする