2016年03月25日

2016.03.25 巨人3−1ヤクルト

プロ野球2016年の開幕戦、先発は巨人が菅野、ヤクルトが小川。菅野は3回までで47球を費やすものの無失点、対する小川は32球、1人のランナーも出さずに3回まで投げ終える。しかし4回、先頭の長野にソロホームランが飛び出し、巨人が先制する。その後は両エースが踏ん張り、6回まで無得点が続く。7回、ヤクルトは継投に出るが、代わった秋吉からランナーをためると、小林が2点タイムリーで待望の追加点。3−0とする。8回、ヤクルトはこちらも代わったマシソンから山田がタイムリー2ベースで1点を返す。しかしその後はマシソン、そして抑えの澤村が踏ん張り、開幕戦は巨人が勝利。高橋由伸新監督の初戦を勝利で飾った。

昨年から続くいろいろな不祥事で、正直しばらく巨人の記事を書くのをやめようかなと思っていたのだが、自分は巨人以外を応援することはできないし、巨人が勝ったらやっぱり嬉しい。ということで、今年も巨人を追いかけていく。

先発の菅野は7回無失点。球数がかさんでしまったが、得点を与えずにエースの役割を果たした。チャンスで山田に回してしまうこともあったが、そこでよく抑えたと思う。マイコラスの復帰がいつになるか分からない中で、今年もエースとして頑張ってほしい。あと、とにかく昨年散々だったヤクルト戦で勝てたのも大きい。今年は神宮でも勝ちたい。

打線はまず長野に一発が出た。今年は復活を期待したい。そして小林が2点タイムリー。阿部が開幕2軍スタートとなり、小林にとっては大チャンス。ここできっちり結果を出したいところだが、まずは打撃で結果を出した。この調子でいきたい。新外国人2人については、ギャレットは無安打も2四死球、クルーズはあわやホームランの2ベースを放った。クルーズはもちろんのことギャレットも守備もまずまずだし、阿部や岡本がいない以上、しばらくはこの2人をクリーンナップで固定して見てみたい。

由伸新監督は公式戦初采配となったが、初戦は無難に采配できていたと思う。菅野交代のタイミングとかも難しかったと思うが、いい感じだった。まず1個勝てたのは大きい。

明日の先発は巨人が高木、ヤクルトが石川。昨年ルーキーで9勝を挙げた高木が2戦目の先発。昨年はものすごいスタートダッシュを見せたが、今年はどうなるだろうか。対する石川は15年目のベテラン。昨年は13勝を挙げた。巨人は昨年、石川を苦手にしていたが今年は克服できるか。

最後に今年の順位予想。

セリーグ
1.巨人
2.阪神
3.ヤクルト
4.DeNA
5.広島
6.中日

パリーグ
1.ソフトバンク
2.西武
3.日本ハム
4.オリックス
5.楽天
6.ロッテ

ソフトバンク以外は悩んだ。応援しているから巨人は1位にしたけど、ゴタゴタが多すぎて今年はBクラスでも驚かない(最下位はさすがに無いと思うが、今後新事実が出てきたりしたら分からない)。セリーグは監督が代わった3チームに注目したい。パリーグも難しい。なんとなく最下位はなさそうな西武と日ハムを上に、最下位もありそうな3チームを下に予想したが、パリーグは1年でガラッと変わるので読めない。

posted by K at 23:56 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年春場所 10日目〜13日目

しばらく更新できなかったので、4日分を一気に。

10日目 ●御嶽海(寄り切り)徳勝龍○
11日目 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
12日目 ○御嶽海(寄り切り)里山●
13日目 ○御嶽海(寄り切り)妙義龍●

10日目、11日目は重い力士が相手だったが、2日とも早々に組み止められてしまい、自慢の突き押しを出すことができずに寄り切られ連敗。この時点で6勝5敗となる。12日目は一転、幕内最軽量の里山が相手で、御嶽海は里山を潜り込ませないように押していく。最後はもろ差しに近い形になって寄り切り、連敗を止める。13日目は2敗で優勝争いに残っている妙義龍が相手。立ち合いから妙義龍に一気に攻め込まれるが、上手投げで相手を崩して体位を入れ替え、そのまま寄り切り。好調妙義龍に勝利し、御嶽海は2場所ぶりの勝ち越しを決めた。

妙義龍に勝ったのは驚いたが、だいたい事前に予想したような展開になったと思う。御嶽海は幕内3場所目ということでそろそろ情報も揃い始めているころで、おそらく重量級の力士からすれば、組み止めてしまえばそんなに怖くないというのが分かってきたんだと思う。徳勝龍と魁聖にはうまくやられてしまった。一方で、自分と同じくらいの体重までであれば御嶽海の馬力は十分通用する。里山は中に入ろうとしたが、突き押しがちゃんと効いたために中に入れさせずに勝てた。妙義龍は相撲巧者であっという間に体を寄せてきて、完全に相手のペースだったのだが、上手投げで相手を崩すことができた。これは新しい形で、今後に向けても明るい材料かもしれない。

この4日間が2勝2敗だったことにより、8勝5敗と13日目にして勝ち越しを決めた。まだ10勝の可能性も残っているので、残り2日間で貪欲に狙っていってほしい。

明日の相手は千代大龍。幕内で2度対戦し、2連敗中と苦手にしている相手である。個人的にも千代大龍と臥牙丸にはあまりいいところもなく負けている印象がある。ただ、今場所の千代大龍は西8枚目で2勝11敗と絶不調。あと1つ負けると十両転落も覚悟しなければならないところにいる。そんな調子なので、明日は勝って千代大龍への苦手意識を薄れさせたい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:14 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする