2016年03月29日

2016.03.29 巨人6-2DeNA

先発は巨人がポレダ、DeNAがドラフト1位ルーキーの今永。2回、クルーズのソロホームランで巨人が先制。4回にはギャレットの2試合連続となる2ランホームラン、5回には立岡のプロ初となるソロホームランが飛び出し、巨人は一発攻勢で4点を挙げる。巨人の先発ポレダは毎回のようにランナーを出しながらも大事なところを締め、7回無失点の好投。巨人は8回にも坂本の犠牲フライとギャレットのタイムリーで2点を追加。DeNAは9回にルーキーの戸柱、2年目の山下の連続タイムリーで2点を返すが反撃はここまで。巨人が開幕4連勝とした。

先発のポレダは7回無失点。ランナーは毎回のように出したものの、許したヒットは3本。4回以降はノーヒットに抑える好投を見せた。ギャレットとクルーズが加入して、外国人枠の関係でポレダは一軍に入れるか微妙なところだなと思っていたのだが、マイコラス不在、マシソン不安定の中でこのピッチングを見せたのでしばらくは安泰だと思われる。

好調な先発陣の一方で中継ぎはこれで4試合連続失点となった。初戦と3戦目がマシソン、2戦目が戸根、そして今日が田原と打たれた投手が違うのも不安。戸根や田原は勝ちパターンである山口や澤村の負担を軽減する役割があるので、大きくリードした試合をしっかりと締めてほしい。この役割がきっちりこなせるようになれば、いずれは勝ちパターンの一角に入ることもできるだろう。

打線は一発攻勢。ギャレット・クルーズの両助っ人が非常に頼もしい。昨年の助っ人野手が散々だった反動が来ているのか。個人的には3割は打たなくてもいいので、30本、100打点打ってくれるような活躍を期待したい。そして驚いたのが立岡。8年目にして、ついにプロ1号が出た。100本以上のヒットを打った昨年でも出なかったので気長に待つかと思っていたが、今年の4試合目で出るとは。今日は3安打、全打席出塁の大活躍。昨年を上回る活躍に期待。

中継ぎに不安はあるものの4連勝。とくにホームランがすでに7本も出ているのが素晴らしい。昨年は143試合で98本だったが、今年は昨年の分も打ってほしい。明日の先発は巨人が桜井、DeNAがモスコーソ。巨人はここまでヤクルトの原、DeNAの今永とドラ1ルーキー2人を相手にしてきたが、いよいよ巨人のドラ1ルーキーがプロ初登板を迎える。オープン戦はすごく良いともひどいとも言えない出来だったが、最後の登板では西武相手に無失点で抑えた。まだ本調子ではなさそうなDeNA打線を抑えられるか。対するモスコーソは来日3年目。そこそこ抑えられてはいるのだが、まだモスコーソに負けたことはない。桜井に勝利をプレゼントするため、早めに援護したい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:53 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする