2016年05月20日

平成28年夏場所 13日目○錦木

13日目 ○御嶽海(寄り切り)錦木●

今日も1度目の立ち合いが合わず、2度目の立ち合いに。立ち合いで思いっきり当たった御嶽海は錦木を押しこむとすぐさまもろ差しに。相手が不利な体勢になったところで右下手も取りながら前に出て、落ち着いて寄り切り。連敗はせず、9勝目を挙げた。

今場所は今日のようにもろ差しになって攻めるという相撲が何番かあるのだが、これも御嶽海の得意な形の1つになったと言っていいのだろうか。以前は離れて相撲を取らないと厳しかったのだが、圧力が増しているのだろうか。相手に止められて結果的にこういう形になるのではなく、自分から仕掛けることで有利になっているのかもしれない。なんにせよ幅が広がったのはいいことだと思う。

これで自身の目標とする10勝まであと1つと迫った。あと1つ勝てば来場所上位総当たりとなる可能性も出てくる。また、まだ三賞(敢闘賞)の可能性も残っている。ライバルは遠藤(10勝)、栃ノ心、高安、松鳳山、大翔丸(以上9勝)といったところだが、このうち大翔丸以外は三賞受賞経験があり、11勝すれば初めてということで御嶽海がもらえるチャンスがありそう。ぜひ狙っていってほしい。

そんなわけでできれば勝ちたい明日の相手は臥牙丸。すぐ近くの番付でまだやっていない大栄翔や佐田の海、あるいは同じく好成績を上げている大翔丸などがいる中で、あえて御嶽海の「天敵」ともいえる臥牙丸を当てるあたりなかなかイヤらしい。臥牙丸とは御嶽海が入幕して以降毎場所対戦しているが、ここまでなすすべなく3連敗している。臥牙丸は重いし、今日のようにもろ差しで攻めるのは厳しいのではないだろうか。それとも上体を起こせば臥牙丸でも押しこめるのか。個人的には突き放していってそのまま押し出すか、あるいは引きや叩きでバランスを崩すかじゃないかと思うんだけど、果たしてどう攻めるか。変化はしないでほしいかな。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:50 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

2016.05.18 巨人0-1DeNA

巨人・田口、DeNA・石田の両先発の好投により、5回まで両チーム無得点が続く。6回、梶谷のホームランによりDeNAが1点を先制。巨人は7回、ノーアウト3塁のチャンスでクルーズが外野フライを打ち、3塁ランナーがタッチアップするが、これがDeNAの桑原の好返球によってアウトに。絶好のチャンスで追いつけなかった巨人はそのまま無得点で試合終了。DeNAが連勝となった。

先発の田口は8回1失点。田口ナイスピッチング。そして田口かわいそう。言うことはこれだけ。やっぱり完投勝利した阪神戦で援護をもらいすぎてしまったのか。

打線は無得点。7回のチャンスがダメだったのは相手の好守もあるし仕方ない面もある。それ以外でチャンスすらほとんど作れなかったのが問題。たしかにDeNA投手陣は好調で、防御率は12球団1だが、チーム防御率は3.11。ということは、1試合平均3点は取れるはずなのに、この2試合で取れた点は1点だけ。そろそろしっかりしてもらわないと。

今日は休みで、明日からはナゴヤドームで中日との3連戦。前回、東京ドームで3連敗した借りを返したい。明日の先発は巨人が菅野、中日がバルデス。菅野には何の心配もしていないが、中日とは今季初対戦。ビシエドやナニータといった強力な助っ人にどう対処するか注目。対するバルデスとは今季2度目の対戦。前回は6回2失点で勝ち投手となっている。菅野の試合は落としてはいけない。3点くらいでいい、とにかく打ってくれ。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 23:30 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年夏場所 12日目●松鳳山

12日目 ●御嶽海(寄り切り)松鳳山○

1度目の立ち合いが不成立となり、2度目の立ち合い。ともに低く当たったが、松鳳山が押し込んで、すぐに左四つの形に。今場所は組んでも健闘している御嶽海だったが、今日は松鳳山の体勢が十分で、万全の寄り切り。松鳳山が勝ち越しを決め、御嶽海は対松鳳山戦3連敗となった。

本人としては1度目の立ち合いうまくいったようなのだが、そこが不成立となってしまったことで動揺したらしい。まあ、組んでしまってはしょうがない。今日は立ち合い(2度目)も松鳳山に押し込まれてしまったし、自分のペースにできなかった。遠藤戦もそうだったけど、突き押しの勝負で負けてしまうとその後がきつい。だからやっぱり組んでからではなくて、組まれないような突き押しを磨くべきなんだろうな。立ち合いで押し勝っていたら展開も変わっていただろうし。

10勝に向けてはまだ1つ余裕があるが、三賞を狙うならもう負けられない。残り3日間はなんとか離れて相撲を取り切りたい。

明日の相手は錦木。錦木とは十両時代に対戦し御嶽海が勝っているが、このときはケガの影響もあって御嶽海が立ち合い変化しており、あまり参考にはならない。錦木は年齢は御嶽海と2つしか違わないが、中卒で角界に入った叩き上げの力士のため初土俵から10年が経っている。昨年ようやく新十両となり、十両でも順調に勝ち越しを重ねて今場所ついに新入幕となった。今場所は東14枚目でここまで5勝7敗とあとがないため錦木も必死で来ると思うが、御嶽海にはここは勝ってほしいと思う。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:09 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

平成28年夏場所 11日目○貴ノ岩

11日目 ○御嶽海(寄り切り)貴ノ岩●

立ち合いで右を差しに来た貴ノ岩。御嶽海は差させないように左を締めつつ寄っていき、土俵際まで行ったところで上手を取って攻めるが、貴ノ岩も下手を取って耐え、土俵中央へ。貴ノ岩が半身で残す形となるが、御嶽海も攻め手がなく動けない。そのまま取組は1分を経過し、長い相撲となる。1分半を過ぎたあたりで御嶽海が足をかけて動き、貴ノ岩がまわしを取りに来たところで逆に御嶽海が右下手を取り、一気に寄り切り。1分42秒の長い相撲の末、御嶽海が幕内で自己最速となる11日目での勝ち越しを決めた。

3日目の蒼国来戦を上回る長い相撲だったが、勝ち越しのプレッシャーもある中でよく勝った。立ち合いからの一気の寄りで決められずに下手を取られた時はヤバいと思ったのだが、相手の体勢にさせなかったことが良かった。最後も自分から仕掛けたことが勝ちにつながったと思う。やっぱり攻める姿勢が大事だ。

遠藤がこの一番のちょっと前に勝ち越したため、平幕勝ち越し第1号は逃したものの(昨日勝っとけば…笑)、自己最高位で幕内自己最速の勝ち越し。内容も良いし充実している。ここからは、来場所の番付を1つでも上げるための戦い、そして三賞(敢闘賞)も狙っていってほしい。目安は11勝あたりだろうか。

明日の相手は松鳳山。過去には十両と幕内で1度ずつ対戦しており、ともに松鳳山が勝っている。松鳳山は御嶽海と対戦したその2場所で13勝、12勝と大活躍し、初場所では西前頭筆頭まで番付を上げた。しかしそこから2場所連続で大きく負け越し、今場所は西11枚目。ここまでは7勝4敗と好調で、明日の取組に勝ち越しが懸かっている。御嶽海としては、とにかく突き放すしかないんじゃないかと思う。相手も突き押しが得意ではあるが(今場所の7勝すべてが押し出しか突き出し)、組まれたら松鳳山の方が強い。押し合いでなんとか上回りたい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:36 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48のアーティスト写真が変更されたので、前のと見比べてみる

ちょっと前だが、5月9日にメンバーのアーティスト写真(アー写とか宣材写真とも言われる)が変更された。NGT48としては、変更前のものが初めてのアー写だったため、初めての変更ということになる。前のものがたぶん昨年の8月くらいに撮られたものだと思われるので、だいたい8ヶ月経ったことになる。そこで、今回は前のアー写と見比べてみたい。

続きを読む
タグ:NGT48
posted by K at 14:01 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする