2016年05月04日

2016.05.04 巨人1-6広島

2回、広島の先発・野村が自らタイムリーを打って広島が先制。野村はさらに4回にもタイムリーを打ち、自分で自分を援護する。すると5回には松山のタイムリー、鈴木のヒットに立岡のエラーが重なって計3点を追加、5-0とする。巨人は6回、小林のタイムリーで1点を返すが、その直後、安部のタイムリーで再び5点差に。巨人は再三の反撃のチャンスを活かせず敗れ、このカードは1勝1敗となった。

先発の江柄子は5回途中5失点(自責4)。2年ぶりの一軍登板となったが、残念ながら結果を残せなかった。四球が多かったのと、ピッチャーの野村に2本もタイムリーを打たれたのが結構印象が悪い。先発は今絶対的に人数が足りないので5回3失点くらいであれば次の機会も濃厚だと思ったのだが、これだと来週もチャンスがあるかは微妙なところ。

中継ぎでは、江柄子と同じく二軍から昇格したメンドーサが今季初登板で無失点に抑えた。今季の巨人は育成契約も含めて外国人が多く、一軍に上がるのは非常に厳しいのだが、マイコラス・アンダーソンがケガ、クルーズも死球や自打球の影響があり、ポレダ不調ということで、現状一軍にギャレットとマシソンしかいなくなり出番が回ってきた。クルーズやポレダが戻ってくるまでにアピールしたい。

打線は広島を上回る11安打を打ちながら1点というものすごい効率の悪さ。スタメン野手全員安打で1点って逆に難しいんじゃないか。良かったところとしては、辻にプロ初ヒットが出たこと。クルーズが一軍におらず、片岡もまだ本調子ではない今、辻はチャンス。さらに出場機会を増やしていきたい。

もちろん勝ちたかったところだが、相手が好調の野村だったし、こっちは久々の一軍だった江柄子だったのでまあ想定内というか、昨日勝っといてよかった。明日勝ってカード勝ち越しは決めたい。

明日の先発は巨人が菅野、広島が九里。4月の自責点0という驚異の成績を残した菅野。前回124球を投げたからか、今回は中6日での登板。中継ぎも打線も不調な中でチームを引っ張るピッチングに期待。対する九里とは今季初対戦。九里にとっても今季初先発となる。前回登板は1アウトしか取れずに降板した先発・岡田の後を受けて、5回2/3を投げ2安打無失点に抑えるという好投を見せた。今日はチャンスは作れていた。あとはチャンスで打つだけ。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 23:48 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする