2016年05月09日

平成28年夏場所 2日目○大砂嵐

2日目 ○御嶽海(送り出し)大砂嵐●

怪力が自慢の大砂嵐との対戦。勝負は一瞬で終わった。御嶽海は立ち合いで左に動くと、思い切り当たりに来た大砂嵐の勢いを利用してそのまま送り出し。2連勝とした。

もちろん立ち合い当たってほしかったのはある。怒る解説の親方の気持ちも分かる。ただ一方で、今大砂嵐に勝つならこういう形だろうなとは取組が組まれた時点からなんとなく思っていた(実際にやるかは別として)。どういう考えで変化するにいたったのかは本人にしか分からないので推測だけど、真っ向勝負だと大砂嵐には勝てないと思ってしまったのではないだろうか。大砂嵐だからこそ変化したのだろうし、たぶん今場所はもうやらないと思う。真っ向勝負で勝てるようにさらに力を磨くしかない。それにしても、御嶽海が変化するたびに言ってるけど御嶽海は変化がうまい。幕内まで来ると変化に対応する力士も多いんだけど、今のところ変化した一番は全勝じゃないだろうか。普段ちゃんと立ち合いで当たっていて、忘れたころに変化するから決まるんだろう。まあ、やっぱりあんまりやらないでほしいけど。

なんにせよ、実力者相手に2連勝。良いスタートを切ったのは間違いない。常に白星を先行させていきたい。明日の相手は蒼国来。過去の対戦は1勝1敗だが、御嶽海の1勝は立ち合いの変化が決まったもので、ちゃんとした相撲になった昨年九州場所では豪快な吊り出しで敗れている。蒼国来は先場所、自己最高位となる西4枚目まで番付を上げたが、場所の途中で休場もあり、5勝8敗2休。今場所は東9枚目で、ここまで2連敗となっている。蒼国来はまわしを取って力を発揮するタイプなので、とにかくまわしを取られてはいけない。明日は思い切り当たってほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:21 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする