2016年05月12日

平成28年夏場所 5日目●高安

5日目 ●御嶽海(突き落とし)高安○

立ち合いで激しく当たった両者。互いに押し相撲が持ち味であり押し合いを見せるが、徐々に押し勝ったのは御嶽海。高安が引いたところで土俵際まで押し込んだが、高安の回り込みながらの突き落としがギリギリで決まり、高安の勝ち。御嶽海は連勝とはならなかった。

激しい押し合いの相撲だった。最後は逆転の突き落としが決まって負けてしまったものの、相撲の内容自体は御嶽海が上回っていたと思う。今場所好調の高安相手にここまでできるのだからやはり力はついている。

序盤の5日間が終わって3勝2敗。自己最高位で、上位常連の相手との取組が続いてこの成績は上々。勝ち越しも十分狙えるだろう。ちなみに御嶽海、入幕してから4場所目だが、4場所とも序盤5日間は3勝2敗となっている。そして6日目に勝った2場所は最終的に勝ち越し、6日目に負けた1場所は負け越している。明日は非常に大事な一番となりそうだ。

そしてその大事な明日の相手は千代鳳。入幕後すべての場所で対戦しており、御嶽海にとっては最多、通算5度目の対戦となる。ここまでの対戦成績は2勝2敗で、ここ2回の対戦は御嶽海が連勝している。内容は非常に良いので、今の調子を維持したい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:41 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする