2016年05月13日

2016.05.13 巨人3-2ヤクルト

2回、村田のソロホームランで巨人が1点を先制。その後は巨人・菅野、ヤクルト・成瀬の両先発による投手戦となり、8回まで1-0が続く。菅野が完封をかけて上がった9回、四球で出たランナーが巨人のミスで3塁までいくと、坂口のタイムリーで同点に。試合は延長戦に突入する。そして12回、巨人・田原のフィルダースチョイスによってヤクルトが1点を勝ち越し。これで試合が決まったかと思われたが、その裏、巨人は2アウトからランナーを2人ため、最後は坂本が逆転サヨナラ2点タイムリー。巨人が劇的なサヨナラ勝ちでカードの初戦を制した。

ミスで同点にされる。打てばサヨナラの満塁のチャンスを逃す。ミスで勝ち越される。あっさり2アウト。完全に負け試合の流れだったんだけど、どうして勝ったんだろうか。よく分からん…。

先発の菅野は9回1失点(自責0)。完封勝ちになるはずがまさかの勝ち負けつかずという結果に。小林の送球は不運もあるけど、やっぱりしっかりしてほしかったなあ。ただ、そもそも最初に出したランナーがこの試合で初めて出した四球だったということで、四球は怖いというのを改めて感じた。しかし菅野を責められるはずはない。今日もナイスピッチングだった。

中継ぎは澤村、マシソンは問題なかったが、山口がランナーをため、田原がとんでもないミスで勝ち越しを許した。田原は誰もいないセカンドに投げてしまったというのは、野手との連携が取れてなかったということだろうなあ。打者との勝負自体は勝っていたのでもったいないミスだった。結果勝ったから良かったけどここはしっかり反省してほしい。

打線は最後の最後に意地を見せた。結局打点を挙げたのが好調な村田と坂本だけというのは改善はしてないのだが、今日の勝ちで勢いがついていることを祈る。あとクルーズが戻ってきたのは朗報。

まあなんにせよ、菅野の試合で勝ったのは良かった。絶対落とせない試合だったから。明日の先発は巨人が今村、ヤクルトが山中。前回、1イニングに8失点という大炎上をした今村。ただ、その後の3イニングは無失点で抑えており、そっちの今村であればそこそこの期待はできるか。対する山中とは今季初対戦。山中はここまで3試合投げ、2勝1敗、防御率4.05。前回登板で完封勝利を挙げている。そこから中10日での登板となるが、このブランクがどう出るか。
posted by K at 23:50 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする