2016年05月20日

平成28年夏場所 13日目○錦木

13日目 ○御嶽海(寄り切り)錦木●

今日も1度目の立ち合いが合わず、2度目の立ち合いに。立ち合いで思いっきり当たった御嶽海は錦木を押しこむとすぐさまもろ差しに。相手が不利な体勢になったところで右下手も取りながら前に出て、落ち着いて寄り切り。連敗はせず、9勝目を挙げた。

今場所は今日のようにもろ差しになって攻めるという相撲が何番かあるのだが、これも御嶽海の得意な形の1つになったと言っていいのだろうか。以前は離れて相撲を取らないと厳しかったのだが、圧力が増しているのだろうか。相手に止められて結果的にこういう形になるのではなく、自分から仕掛けることで有利になっているのかもしれない。なんにせよ幅が広がったのはいいことだと思う。

これで自身の目標とする10勝まであと1つと迫った。あと1つ勝てば来場所上位総当たりとなる可能性も出てくる。また、まだ三賞(敢闘賞)の可能性も残っている。ライバルは遠藤(10勝)、栃ノ心、高安、松鳳山、大翔丸(以上9勝)といったところだが、このうち大翔丸以外は三賞受賞経験があり、11勝すれば初めてということで御嶽海がもらえるチャンスがありそう。ぜひ狙っていってほしい。

そんなわけでできれば勝ちたい明日の相手は臥牙丸。すぐ近くの番付でまだやっていない大栄翔や佐田の海、あるいは同じく好成績を上げている大翔丸などがいる中で、あえて御嶽海の「天敵」ともいえる臥牙丸を当てるあたりなかなかイヤらしい。臥牙丸とは御嶽海が入幕して以降毎場所対戦しているが、ここまでなすすべなく3連敗している。臥牙丸は重いし、今日のようにもろ差しで攻めるのは厳しいのではないだろうか。それとも上体を起こせば臥牙丸でも押しこめるのか。個人的には突き放していってそのまま押し出すか、あるいは引きや叩きでバランスを崩すかじゃないかと思うんだけど、果たしてどう攻めるか。変化はしないでほしいかな。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:50 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする