2016年05月21日

NGT48応援日記 Vol.011

・「涙は句読点」感想文企画の結果発表
先週行われていた「涙は句読点」の感想文企画が終了し、結果が発表された。
最優秀賞 本間日陽
特別賞  西村菜那子
2人に共通してるのは、本のどこが良かったのかをちゃんと書いているというところと、自分の10年間についても触れているところだろうか。2人とも頭の良いメンバーという印象があるけど、やっぱり書き方も上手だった。ひなたんには6月15日の日刊スポーツ新潟版で自分がやりたいアピール企画ができる権利が与えられ、またななこにも副賞が贈られることになった。ひなたんは貴重な機会だし、ぜひ良い企画を考えてもらいたい。2人ともおめでとう。

・『SHR』第18回の感想
メンバーは前回に続いてもふちゃん(村雲颯香)、のえピー(山田野絵)、あやにゃん(宮島亜弥)。たぶん、というか間違いなく2本録りなので、今回も声がカスカスでありながら、番組を引っかき回し、クイズにはちゃんと正解するできる子山田。食べ物もあんじゅもれいにゃーもいないので優等生のもふちゃん。新潟出身だけど全然クイズできないあやにゃん、という感じだった。それにしても合コンが趣味のゆるキャラってなんだよ…。ササダンゴンのブログ見たらカオスじゃないか。

・『ラジあく』第33回の感想
メンバーはおぎゆか(荻野由佳)、りったん(菅原りこ)、おーたき(大滝友梨亜)。この回の主役はりったんだろう。「潟荻」などの天然発言はいつも通りだが、なんとカップラーメンを食べたことなかったという衝撃のお嬢様っぷりが発覚。「大事に大事に育ててね」って本人が言ってるし(違)、大事に育てられたんだろうなとは思っていたけどそんなレベルだとは…。ご両親も「りったん最高!りったん大好き!」って言ってたのかな(違)。あとヘリウムガス吸ってもおーたきさん以外声変わらないっていうほとんど放送事故みたいなことになってて面白かった。今度のえピーにやらせてみてほしい。



・「今日の♪れいにゃー」まとめ
スマホを水没させ、しばらくフォトログなどが更新できなくなったれいにゃーのために公式ツイッターで始まった「今日の♪れいにゃー」。スマホが復活してコーナーも終わったようなのでまとめ。昨日の『ひぐらしのなく頃に』を見て、NGTのメンバーよく知らないけど、北条沙都子役の子が気になったという方、沙都子を演じているのはこんな子です。

















思い浮かんだ言葉は、そうだね、「楽屋番長」だね。人前でも別におとなしいわけではないけど。

posted by K at 23:50 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.05.21 巨人4-6中日

2回、堂上のホームランで中日が1点を先制。しかしその直後、大田のホームランで巨人が同点とする。その後しばらく試合は動かなかったが、7回、クルーズのホームランで巨人が勝ち越しに成功する。しかしその裏、中日はノーアウト満塁から野本の犠牲フライでまず同点。さらに押し出し四球、大島のタイムリー、ビシエドの犠牲フライでこの回一挙4点を挙げる。巨人は8回、重信のプロ初ヒットとなるタイムリー3ベース、坂本のタイムリーで2点を返し1点差とするが、その裏、藤井のタイムリーで中日がダメ押しの1点を追加。中日が勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の今村は6回1失点。前回8失点した相手を今回は抑えた。とくにビシエド、ナニータの強力な4番5番を無安打に抑えたのが大きかった。心配はいらなそうだ。

7回に味方が勝ち越したので今村は勝利投手の権利を持っていたのだが、今日は中継ぎが崩壊。まあいちばん悪かったのは田原だけども、田原の残したランナーを返してしまった山口も、そして追い上げムードの中で失点した宮國も(これはエラーもあったけど)悪かった。7回まで抑えればあとはマシソン、澤村とつなぐんだけど、もう1人の候補がことごとく不安がある。もう1人ほしい。

打線はここ最近では頑張った方ではあるが、4点は決して多い点数ではない。まあ、重信に1本出たのは良かったと思う。

前回東京ドームで3連敗しているため、今回はナゴヤドームとはいえ勝ち越したい。明日は絶対勝ちたいところだ。明日の先発は巨人が高木、中日が吉見。前回、7回2失点で久々に勝った高木。その調子で明日も抑えたい。対する吉見とは今季2度目の対戦。前回は7回無失点と完璧に抑えられたが、試合自体は0-0のスコアレスドローだった。その後の吉見はそれほど好調ではなさそうだが、明日こそ爆発なるか。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 22:19 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年夏場所 14日目○臥牙丸

14日目 ○御嶽海(肩透かし)臥牙丸●

立ち合い、ややふわっと立った両者。臥牙丸が御嶽海の両腕を極めて前に出るが、御嶽海はここをこらえる。さらに仕掛けようとした臥牙丸に対し御嶽海は肩透かし。これが見事に決まり、対臥牙丸戦初勝利を挙げるとともに、今場所も10勝に到達した。

臥牙丸に勝つには立ち合いで思いっきり当たって突き放すしかないと思っていたので、ふわっと立っていきなり両腕を極められたときダメだと思ったのだが、まずそこから寄られた時に土俵から出されずに耐えたのが成長したところだと思う。肩透かしは見事だった。自分の形ではなかったけれども対応力が素晴らしかった。

これで御嶽海自身が目標としていた2ケタ、10勝に到達。内容も素晴らしいし、自己最高位でここまでやるとは思わなかった。でもまだ今場所は終わっていない。まだ三賞の可能性もあるし、良い気分で終わるためにも、千秋楽も勝ちたい。

千秋楽の相手は大翔丸。通算5度目の対戦で、千代鳳と並んでいちばん多く当たっている相手である。ここまでは3勝1敗で御嶽海がリードしているが、初めて幕内で当たった先場所は大翔丸が掬い投げで勝っている。先場所新入幕で勝ち越した大翔丸は、今場所東13枚目でここまで9勝5敗。2場所連続の勝ち越しを決めている。御嶽海は今場所もろ差しになって勝つ相撲も何番か見せているが、千秋楽は本来の相撲である突き押しで勝ってほしい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:45 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』第1話の感想

NGT48にとって初のドラマとなる『ひぐらしのなく頃に』の第1話がBSスカパー!で放送された。

このドラマを見ている人はいろんな人がいるはずで、自分みたいにNGTのファンもいれば主演の稲葉くんのファンもいるだろうし、もちろん『ひぐらし』のファンもいるだろう。もしくはいずれのファンでもないけど見たという人もいるかもしれない。どの立場で見たかによって感想は変わるだろう。で、NGTのファンでなおかつ『ひぐらし』を知らない自分の感想としては、面白かった。単純にドラマとして面白かったし、続きが気になった。

キャラクターに関しては見た目や性格が原作と違う部分もあるかもしれない(とくに見た目)。原作のファンの人にとっては納得しがたい部分かもしれないが、原作を知らない身としてはこれが「元」になるのでそこは気にならなかった。NGTが好きで見たんだからかわいくないなんて絶対思わないし。

いちばん不安だった演技は、まあうまいとは言わないけど思っていたより頑張ってた。NGTのメンバー以外は主演の稲葉くんを始め実績十分の役者さんたちばかりなので浮くんじゃないかと思ってたけど、まずまずだった。たとえるなら、『マジすか』シリーズに入ってもなんとかなるくらいの演技力はある(あれはアクションもあるからまた別だけど)。

主題歌の「君はどこにいる?」も結構ハマってたと思う。話の舞台になってる夏の夕方感が出てたというか。

主演の4人以外のNGTメンバーもエキストラで出演。今回は祭りの場面でセリフがあったのえピーを始め結構な人数が出ていた。クレジットによるとほとんどのメンバーが出ていたが、出てなかったのはおぎゆか、ゆきりん、あんじゅ、あやにゃん、あと1話で出番のなかった謎の少女役のおかっぱ。ゆきりんはともかく他のメンバーはどこかで出番があると思われる。

とにかく1話は面白かったので今後も期待。1話は再放送も何度もやるし、またGYAO!でも配信されているので、見てない人はぜひ。ただPG12なので怖いものやグロいものが極端に苦手な人はちょっと注意。自分はそれほどでもなかったけど、1話もなかなかゾクッとするシーンもあった。

GYAO!の配信ページ
http://gyao.yahoo.co.jp/player/03000/v00509/v0000000000000003070/
posted by K at 01:49 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.05.20 巨人2-0中日

どちらもランナーを出すものの、あと1本が出ない展開。巨人・菅野、中日・バルデス両先発の好投により、なんと9回まで両チーム得点がないまま試合は延長戦に突入する。そして迎えた11回、巨人は1アウト2,3塁のチャンスを作ると、ここで中日の3番手・福谷が痛恨のワイルドピッチ。巨人が待望の1点を挙げる。さらに大田のタイムリーで追加点を挙げ、このリードを澤村が守って巨人が初戦を制した。

先発の菅野は8回無失点。今日は珍しく四球を2つ出すなど菅野としては絶好調というわけではなかったかもしれないが、それでもさすがの無失点。余裕で勝利投手になるはずだったのに、またしても勝てなかった。今日は9回までに3回、ランナーが3塁に進んだのに無得点で菅野もいいかげんイライラしたんじゃないかと思うが、今日もほんとによく投げてくれた。菅野が無失点に抑えてくれたからこそ勝てた。

中継ぎはマシソン、澤村が抑えた。マシソンが2イニング投げて勝利投手。ほんとは菅野にあげてほしいところだが、まあ今日はマシソンも澤村もナイスピッチングだった。最近の勝ち試合はこの2人で締めているが、山口はここに入れるにはまだ不安ということなんだろうか。2人に負担がかかり過ぎないようにしたいところではある。

打線はチャンスをつぶしまくったが最後の最後に得点を挙げた。今日は不調の立岡を外してルーキーの重信がプロ初スタメン、さらに亀井を外して大田を入れ、ギャレットを4番から6番に下げてクルーズ、村田の打順を上げるなど打線を入れ替えたのだが、どうにも結果が出ない。大田も最後にタイムリーを打ったけどどうしても「さっき(9回)打てよ」という言葉が思い浮かんでしまって…。あと小林の不振も結構深刻で、キャッチャーとしては頑張ってるけどなんとか2割は維持してほしいところ。

菅野に勝ちがつかないのがどうにももどかしいが、とにかく試合を取ったのは良かった。中日にはこの前東京ドームで3連敗しているので、この3連戦最低でも勝ち越したいところだ。明日の先発は巨人が今村、中日がジョーダン。今村の中日戦というとなんといっても前回の対戦。ビシエドに2ホームランを浴びるなど、まさかの1イニング8失点を喫した。その後3イニングを無失点に抑えており傷は少なくなっているかもしれないが、とりあえず注意して臨みたい。対するジョーダンとは初対戦。新外国人のジョーダンはここまで6試合に投げ2勝0敗、防御率2.56。安定したピッチングを見せている。そろそろ打つだろう…と淡い期待を寄せておく。

タグ:野球 巨人 中日
posted by K at 00:44 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする