2016年06月30日

NGT48応援日記 Vol.019

・NGTメンバーが「AEON」のCMを撮影した模様
がたねぇ(西潟茉莉奈)のフォトログやモバメによると、がたねぇ、まほほん(山口真帆)、みはちゃん(奈良未遥)、あやにゃん(宮島亜弥)の4人(他にもいたかもしれないが写真に写っているのはこの4人)で、「AEON」のCM撮影をしたとのこと。

新たなCMが決まったのは嬉しい限り。ただこの時点ではいったいどのAEONなのかがまだ分からない。日本にはAEONという大きな企業が2つあって、1つは武井咲などがCMキャラクターを務めているショッピングセンターの「イオン」。そしてもう1つは石原さとみがCMキャラクターを務めている英会話教室の「イーオン」。まあこの4人ということはおそらく新潟県限定のCMだと思うし(全国CMならまずきたりえを使うはず)、イーオンが新潟県限定のCMをやるというのも考えにくいのでたぶんイオンの方だと思うのだが、これはまだ情報待ちか。


・『SHR』第20回〜第24回の感想
溜まってしまったのでまとめて感想を。

第20回のメンバーは第19回に続いてがたねぇ、おーたき(大滝友梨亜)、角ちゃん(角ゆりあ)。HIKAKINを知らないのはいいとして、新潟のゆるキャラ・まもりんの「子どもたちとの○○が好き」の○○を埋める問題(正解はおしくらまんじゅう)で真面目に「距離感」と答える角ちゃんが面白かった。面白かったけど角ちゃんまでそっち側に行ったらいよいよハッピーセットが収拾つかなくなるのでは…。逆にがたねぇがHIKAKIN毎日見てるのも意外だった。ネットとか興味ないリア充系の子だと思ってた。おーたきさんは完全にイメージ通りだけど。

第21回、22回のメンバーはまうまう(橋真生)、ななこ(西村菜那子)、みーずん(水澤彩佳)。誕生日直前で「15年も生きてますよ」と言ったまうまうに猛反発する今年19歳のななこと22歳のみーずん。今回はその2人が中静先生相手にかなりグイグイ行ってて面白かった。みーずんの独特のテンションはなかなかクセになるな。まあ一番面白かったのは中静先生の推しメンを当てるときに「結構いい年じゃないかな」って行ったら誰かが即座に「がたねぇ」って言ったところだったけど。

第23回、24回のメンバーはおーたき、あいにゃー(日下部愛菜)、あやにゃん(宮島亜弥)。おーたきががたねぇと並んで最多出演、あとの2人もすでに出演経験があるからか(あと『スマスタ』で共演してるのもあるか)、今まででいちばん中静先生との距離が近かったような気がする。今後がより楽しみ。

posted by K at 00:28 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

2016.06.29 巨人3-2中日

2回、桂とピッチャー・バルデスの連続タイムリーで中日が2点を先制。3回、巨人は實松の今季初ホームランで1点を返す。さらに5回、阿部のタイムリーで同点に追いつく。そして7回には押し出し四球によって巨人が勝ち越し。このリードを守りきった巨人が勝利、このカード1勝1敗とした。

先発の高木は5回2失点。7安打5四死球と荒れに荒れたが2点で抑えた、と見るべきか。まあ抑えたというよりは相手打線に助けられたって言った方が正しい気がする。それにしても最近収まったと思ったけどまた投手に打たれてしまったな。

中継ぎは5投手を使って無失点リレー。宮國とマシソンはランナーを出して危ないところまでいったが、今日はとにかく勝ちたかったので、過程はどうあれ抑えたから良し。

打線はどうにかこうにか3得点。今日は坂本が全打席出塁したのだが長野がブレーキになってしまってなかなか点が取れなかった。でもまあよく3点取ったと思う。

明日の先発は巨人が大竹、中日が若松。大竹は中日戦今季初先発。7試合に投げて6勝1敗という中日キラーっぷりを見せたのが一昨年。昨年は3試合に投げて1勝1敗だった。今日の高木(5回2失点)くらいには抑えてほしいところ。対する若松とは今季2度目の対戦。前回は7回2失点に抑えられ巨人は敗れている。しかし若松自身はここ5試合で1勝4敗とあまり勝てておらず、とくに直近2試合は5回持たずに降板している。広島を追いかけるためにも明日勝ってカード勝ち越しを決めたい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:23 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

2016.06.28 巨人0-5中日

2回、堂上のタイムリーで中日が先制。4回には福田の3ランで3点、6回にはナニータのホームランで1点を追加し、中日が5-0と大きくリードする。反撃したい巨人だったが、中日の先発・大野の前にわずか3安打しかできず、あっさり完封負け。カード初戦は中日が制した。

先発の田口は6回途中5失点。今日打たれた8安打のうち5安打をナニータと福田に打たれたのでほとんどこの2人にやられたような感じ。最近は6回を投げ切れないことも多くなってきている。カードの頭を投げる先発として今が踏ん張りどころかな。

打線はわずか3安打。今日は田口も打たれたからどっちにしろではあるけど、この間の3連戦はなんだったんだというくらい全く手が出なかった。ここまでダメだと逆にスパッと切り替えられたりするだろうか。

明日の先発は巨人が高木、中日がバルデス。高木は中9日での登板。前回はどうしても勝ちたいチーム事情もあり3回1失点での降板となった。休養十分なので期待したいところだが、中日には今季3回投げて3敗、防御率5.94と非常に相性が悪い。大量失点だけはしないようにしてもらいたい。一方のバルデスとは今季3度目の対戦。過去2試合は防御率1.20とかなり抑えられている。投手だけ見ると非常に難しい試合になりそうだが、その予想を覆してほしい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:07 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

平成28年名古屋場所番付発表、御嶽海は東前頭筆頭

7月10日に初日を迎える名古屋場所の番付が発表。御嶽海は自己最高位を大幅に更新する東前頭筆頭となった。

新聞などの事前の予想では西小結という予想がほとんどだったし自分もそうだと思っていたのだが、実際に西小結になったのは高安。これは個人的にはちょっと納得いかない。先場所は高安の方が上位で勝ち越してはいるが、単純な星勘定では御嶽海の方が明らかに上だったし、上位で取ったとはいえ高安も三役との対戦はなかった。これで高安が上っていうのは何をどう判断したのか、説明してもらいたい。

まあ決まってしまったものは仕方ない。三役にはいずれ上がってもらうとしてまずは今場所の対戦相手を見てみよう。東筆頭ということで、今場所は上位総当たりの場所となる。御嶽海は上位に同じ部屋の力士もいないので全員との対戦ができる。単純に上から15人と考えた場合、今場所対戦するのは、

白鵬、鶴竜、日馬富士、稀勢の里、琴奨菊、豪栄道、照ノ富士、魁聖、栃ノ心、琴勇輝、高安、栃煌山、隠岐の海、宝富士、大砂嵐

この15人となる。大関以上とは当然全員初対戦。琴勇輝と隠岐の海とも対戦があれば初めてとなる。とくにこの番付だと序盤から横綱大関との連戦が続くため、ここで1つでも勝てるかどうかというのが大きなポイントだろう。全敗も十分に覚悟しているが、もし2勝くらいできれば勝ち越しも見えてくると思っている。今場所に関しては勝ち越しはできなくていいと思っている。とにかく全力で当たって上位の力を感じてほしい。あとはケガさえしないでくれれば、最悪2勝とかでも仕方ないと思っている。目標はもちろん勝ち越しだろうが、現実的にはまず5勝。これを一つの目安にしたい。

御嶽海以外の注目はやはり稀勢の里か。2場所連続で13勝し、綱取りの夢を名古屋につなげた。先場所よりもほんの少し条件は緩和されたんじゃないかと思うが、なんにしても優勝は絶対条件であり、今場所もまず中日までは全勝でいきたいところだろう。ちなみにこれまでの傾向を見るに、東大関は初日に東前頭筆頭と当たっていることが多い。つまり御嶽海の初日の相手になる可能性がある。御嶽海もいきなりすごい取組になりそうだ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:36 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

2016.06.26 巨人9-4DeNA

2回、ギャレットの3ランで巨人が先制。さらに片岡のタイムリーでこの回4点を挙げる。4回にはギャレットの2打席連続ホームランで1点を追加。さらに5回にはギャレットの3打席連続ホームランとなる3ランが出て、8―0と大量リードする。巨人の先発・内海はこの大量リードを受けて好投を続け、7回まで無失点。すると8回には村田の2試合連続ホームランが出て巨人が9点目を挙げる。しかしその裏、DeNAは石川のタイムリーで1点を返すと、9回にはノーアウト満塁のチャンスを作って完投目前の内海を降ろす。さらに代わった澤村から嶺井のタイムリー内野安打、山下の犠牲フライ、石川のタイムリーで3点を返すが、澤村がここまでで反撃をとどめゲームセット。巨人が3連敗を免れ、再び2位浮上となった。

先発の内海は9回途中4失点。7回までは無失点で間違いなく今季1のピッチングだった。9回はさすがに引っ張りすぎたということだろうか。まあ完投させてあげたかったという気持ちも分かる。前回からちょっと間が空いたのもあるが、これで長いイニングを投げるスタミナがあるのも証明して見せたし、ここからさらに勝ち星を積み重ねていってほしいと思う。

打線はなんといってもギャレット。3ホームラン7打点の大爆発を見せた。3ラン2本っていうのが素晴らしい。これで打率も2割5分を超えて悪くない感じになってきたし、ぜひこの調子を維持してもらいたい。20本まではいってほしい。

9回はちょっとバタバタしたがこれで相手が変わるのでまあ問題ないだろう。しばらく小林がいない状態で戦わなければいけないのがきついところだが、相川や實松といったベテランにカバーしてもらいたい。ほんとは若手が出てくればいちばん良いんだけど。

火曜日からは東京ドームに戻って中日との3連戦。中日は現在4連敗中と元気がない。ここは勝ち越したい。先発は順番は分からないが田口、大竹、高木かな。

タグ:巨人 DeNA 野球
posted by K at 22:14 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする