2016年06月26日

NGT48応援日記 Vol.018

・「パジャマドライブ」公演のセットリストが一部変更
「パジャマドライブ」公演のセットリストが、24日のきたりえの生誕祭公演から一部変更になった。

【変更前】
EN1.ラブラブNV!
MC・研究生呼びこみ
EN2.君はどこにいる?
(生誕祭がある場合はここで行う)
EN3.Maxとき315号

【変更後】
EN1.ラブラブNV!
MC・研究生呼びこみ
EN2.Maxとき315号
(生誕祭がある場合はここで行う)
EN3.白いシャツ

ということで、「君はどこにいる?」がなくなり、オリジナルの「パジャマドライブ」公演で披露されていた「白いシャツ」が入った。これは、「白いシャツ」を望む声が多かったんじゃないかと思う。個人的には「君どこ」ありの元のセットリストでも不満はなかったんだけど、「パジャドラ」は「白いシャツ」がないと終われないというファンも多いんだと思う。まあでも今回変更があったということは、今後も状況に応じて(たとえば新曲が発表されたりしたら)またセットリストの変更もあるかもしれないので、今後も注目したい。


・研究生公演の演目・初日が発表
今日の公演で、先日発表された研究生公演の演目と初日が発表された。

公演タイトル:「NGT48研究生公演 夏の二次会PARTY」
初日:8月9日(火)



「PARTY」とあることから分かるように、基本は先日までNVでやっていた「PARTYが始まるよ」公演になるようだが(公演ではしっかりと「復活」と書いてあった)、公式ツイッターでセットリストはヒミツと書いてあるのでセットリストは多少変えてくる可能性が高い。研究生が10人しかいない分NVメンバーも入ってくるので、ユニット予想は非常にしづらいが、誰がどこで出てくるかも含めて非常に楽しみ。

初日は8月9日ということであと1ヶ月半。NVで公演をやっていた時からレッスンをやっているので時間の心配はいらないだろう。初日までの間にさらにスキルを高めて、「NVの「PARTY」より研究生の「PARTY」の方が良い」って言われるような公演にしてほしいと思う。

ところでひとつ気になったんだけど、「夏の」ってついてるってことは夏の間しかやらないのだろうか。それとも秋になったら「秋の」に変わるんだろうか。


posted by K at 00:24 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

2016.06.25 巨人6-7DeNA

初回、長野のタイムリーで巨人が先制。しかし2回、巨人のミスによってDeNAが2点を取り逆転。さらにピッチャー・石田のセーフティスクイズによってもう1点を追加する。4回、巨人は村田の2ランで同点とするが、5回、筒香のタイムリーでDeNAが再度勝ち越し。6回、巨人は大田の犠牲フライで同点とすると、さらに橋本の2点タイムリーで勝ち越す。しかしその裏、戸柱の犠牲フライでDeNAが1点差とすると、8回、エリアンのタイムリー、桑原のタイムリーでDeNAが三度勝ち越し。このリードを守ったDeNAが連勝、巨人に代わって2位浮上となった。

先発のマイコラスは5回4失点(自責1)。今季初登板となったが、まあ初登板ならこれくらいかな、という感じだろうか。昨年中盤以降に見せた圧倒的なピッチングと比べてしまうと見劣りするが、まったく別人になったというほどひどくもない。しばらく様子見。

中継ぎではマシソンが逆転を許した。まあマシソンが打たれたら仕方ないという感じだが、勝ちたかった。

打線は食らいついたがあと一歩及ばず。打線は良くなってきているが、その代わり今日はまずい守備があった。打力と守備力を両立させられないものだろうか。あ、村田は1000打点おめでとう。ホームランで決めるあたりやっぱりホームランバッターなんだなと思った。

これで借金3。ここでなんとしても止めたい。4まで行くとズルズルいきそうな気がする。明日の先発は巨人が内海、DeNAがモスコーソ。交流戦で安定していた内海をここに持ってきた。DeNA戦は今季2度目で、前回は6回途中3失点だった。中継ぎは不安定な状態なので、できれば7回を投げ切って直接マシソン、澤村につなぎたい。対するモスコーソとは今季3度目の対戦。過去2度はいずれも巨人は敗れており、とくに前回の対戦では1失点完投を許している。そのころより打線は良くなっているはずなので、内海を援護したい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 22:53 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』第6話の感想

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』最終第6話。「祟殺し編」の後編。

あーもう分かんない、何にも分かんないよ。「鬼隠し編」や「綿流し編」もよく分からないまま終わったけど、推理のしようはあった。でも今回に関しては終わり方も含めてもう何が何だか分からない。まさに圭一と同じパニック状態。初めて前編で死なずに生き残ったと思ったら出番がないまま富竹さんしれっと死んでるし。でもこれは圭一の視点で見てるからまるで違う時空に迷い込んだみたいになってるけど、他の人の視点で見たら圭一完全に頭おかしい人だよなあと思ってしまった。

NGT推しとしては今回もれいにゃー(沙都子)が活躍。沙都子は原作やアニメだともう少し幼い感じなんだけど、それと同じシーンを中3のれいにゃーがやってるのでなんかちょっとセクシー。それはおいといて今回も熱演だった。あとはかなりの存在感を見せたきたりえ(鷹野)。怪しさ満点の良い演技だった。レギュラー以外のメンバーは何度か出てきている綿流しの祭りのシーンだけだったが、もう出すところもなかったのでしょうがないか。

ということでドラマ『ひぐらしのなく頃に』全6話が終了したが、「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」と見てまったく謎が解けないまま終わってしまった。このモヤモヤをどうすればいいのか、と思っていたら、今回の最後に続編の発表があった。「綿流し編」の解答編となる「目明し編」、「鬼隠し編」の解答編となる「罪滅し編」を基に、『ひぐらしのなく頃に解』として11月に全4話が放送されるとのこと。NGTの『ひぐらし』メンバーが今日の公演にもいなかったのでやってくれるんじゃないかと期待していたが、これは素直に嬉しい。でもちょっと待ってくれ、ということは今回の「祟殺し編」の解答編の「皆殺し編」はやらないってことじゃないか。仕方ない、素直にアニメを見るか。

全6話終わっての感想としては非常に面白かった。「NGTのメンバーが主演を務めます!」っていう発表があった当初はすごく叩かれることになるんじゃないかと不安しかなかったのだが、とにかく原作(というよりはアニメ版)に忠実に作ったのが良かったと思う。また、主演の稲葉くんをはじめとするNGT以外のキャストの人たちが素晴らしかったので、NGTのメンバーも演技初挑戦ながら頑張れたんじゃないかと思う。第1話の時点では正直まだ堅い感じがしたが、今日の第6話では演技もかなり上達したように思う。『解』もキャスト・スタッフは変わらないだろうし、期待できる。個人的にはAKBグループが出演するドラマでは『セーラーゾンビ』以来の当たりだった。1ヶ月半楽しませてくれたキャスト・スタッフの皆さんに感謝したい。

本編は今回でひとまず終わりだが、NGTのファンにとっては来週もお楽しみがある。来週は、レギュラーとして出演したかとみな、りかちゃん、れいにゃー、ひなたん、おかっぱ、きたりえの6人が第1話、つまり「鬼隠し編」の前編を見ながらドラマの裏側を語るオーディオコメンタリーが放送される。これは楽しそう。本編ではセリフが無かったおかっぱが喋るのか、期待。

posted by K at 00:47 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

2016.06.24 巨人6-12DeNA

今日からリーグ戦が再開。初回、梶谷のタイムリーでDeNAが先制。2回、桑原の2点タイムリーと梶谷の内野ゴロの間に1点を挙げ3点を追加。さらに3回には戸柱のタイムリーと桑原の満塁ホームランで5点を追加。DeNAは巨人のエース・菅野からなんと3回までに9点を奪いノックアウトする。さらに5回にも巨人のエラーで1点を追加し、この時点で10-0に。巨人はここからようやく反撃を開始し、6回には橋本のホームランと村田の犠牲フライで2点を返すが、その裏、またもエラーでDeNAが1点を追加。7回には石川のホームランで再び10点差となる。巨人は9回、ギャレットのソロホームラン、大田の3ランで4点を返すがその差はあまりにも大きく、初戦はDeNAが制した。

先発の菅野は3回途中9失点。これまでの菅野からはとても信じられないピッチングとなった。ちょっと今日は試合が見れなかったのでどんな感じだったのかは分からないが、まあまったく良いところが無かったんだろうなというのは分かる。ここまで打たれると逆に割り切れる感じはするが、ここまで続けていた防御率0点台が厳しくなってしまったのは残念。

中継ぎも味方の守備にも足を引っ張られつつ失点を重ねたが、矢貫や乾を試せたのは良かったか。ただ乾はこれだけの点差がありながら四球を出しているのでしばらくはこういう試合じゃないと使えないかもしれない。

打線は試合が決まってから反撃。ただ3本ホームランが出たのは良かった。ギャレットも二軍に落ちる前と比べると調子が良くなっている気がする。打線がこの調子を維持できれば勝てるようになると思う。

まさかの試合展開となったが、一応追い上げたし明日につながる負けだった…かもしれない。ただセリーグでは今のところ2位だが借金が2つあるので、まずは5割復帰を目指したい。広島を追うのはそこから。明日の先発は巨人がマイコラス、DeNAが石田。昨年菅野と並んで投手陣の柱となったマイコラスがついに戻ってくる。二軍では3試合、14イニング投げて防御率は3.86。まあ二軍なので参考程度だろう。昨年のピッチングを見せてくれれば言うことはないが、カードの頭を任せられるくらいのピッチングを期待したい。対する石田とは今季2度目の対戦。前回は7回無失点と完璧に抑えられた。ただ石田自身は交流戦では勝てず、しばらく勝利から遠ざかっている。今日の終盤の勢いを序盤から出せるか。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:40 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48メンバーを語る その11.北原里英

誕生日を迎えたNGTメンバーについて語る、ほぼ1年をかけて完結する自称大型企画。2日ぶりの11人目。

更新のスケジュール(=メンバーの誕生日)は以下の通り。すでに語ったメンバーについては名前をクリックするとその記事に飛びます。

1月15日 加藤美南 
2月6日  日下部愛菜
2月16日 荻野由佳
3月15日 長谷川玲奈
3月20日 奈良未遥
4月19日 清司麗菜
4月21日 大滝友梨亜
4月23日 高倉萌香
6月3日  橋真生
6月22日 角ゆりあ
6月24日 北原里英 ←今回
7月5日  村雲颯香
7月15日 柏木由紀
7月20日 太野彩香
7月28日 中村歩加
8月11日 西村菜那子
8月23日 中井りか
9月17日 山口真帆
10月7日 山田野絵
10月16日 西潟茉莉奈
11月5日 水澤彩佳
11月5日 佐藤杏樹
11月10日 本間日陽
11月23日 菅原りこ
11月27日 宮島亜弥
12月15日 小熊倫実

ということで今回は、本日6月24日に25歳の誕生日を迎えたきたりえこと北原里英について。

続きを読む
posted by K at 02:29 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする