2016年06月04日

2016.06.04 巨人5-4日本ハム

初回、陽のタイムリーで日本ハムが先制。さらに巨人先発・今村のワイルドピッチ、田中のタイムリーで2点を追加し、いきなり3点を挙げる。しかしその裏、巨人は長野の内野ゴロで1点を返すと、さらにクルーズが逆転3ランを打ち、試合をひっくり返す。日本ハムは3回、中田のホームランで同点に。6回、阿部のホームランで巨人が勝ち越し。このリードを宮國、今季初登板の西村、そして山口が抑え、巨人が6連勝。このカードの勝ち越しを決めた。

先発の今村は4回4失点。まあ今日はなかなか酷かった。むしろよく4点でとどまったなと思うくらいで、8失点の時より短い4回で代えられたのも仕方ない。今村もこれだけ長くローテーションを守るのが初めてなのでそろそろ疲れも出てくる頃なんだろうが、ここで踏ん張らないと今他の投手がどんどん復活してきているのでローテーションの座が危うい。頑張ってほしい。

今日は宮國に尽きる。今村の後をうけて登板し、3イニングをパーフェクトピッチング。今季初勝利を挙げた。まさに宮國で勝った試合だと思う。マシソンと澤村を使いたくない中でよく3イニング投げてくれた。また、西村がおよそ1年2ヶ月ぶりの一軍登板。いきなりノーアウト満塁のピンチを作ったがそこから無失点に抑えるという澤村みたいなことをやってのけた。今日みたいなのを毎回やられると困るが、西村が帰ってきたのは非常に明るい話題だ。

打線は5得点。ちょっとずつ良くなってきたのだろうか。今日はクルーズと阿部にホームランが出たが、一発が出るとチームに活気が出るような気がする。元々長打を打てるメンバーは多いんだから、積極的に狙っていっても良いと思う。あと今日は足を使う攻撃が出たのも良かったと思う。

これで6連勝。交流戦も負けなしの5連勝。これで仮に明日負けて、かつ残りのカード全部1勝2敗でも5割になるので相当楽になった。こうなったら5割と言わず交流戦優勝も狙っていきたい。明日の先発は巨人が高木、日本ハムが大谷。前回好投でチームの連敗を止めた高木。そこから連勝が続いている。今年は良い時と悪い時がはっきりしているが、明日も好投を期待したい。対する大谷は今季10試合に登板し3勝4敗、防御率2.84。この大谷も今季は良い時と悪い時で結構差がある印象。ただ今季の大谷は打者の方がすごく、ここまで89打数で7本塁打、打率は.360を記録している。打順が何番かも含めて注目だ。

posted by K at 20:41 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』第3話の感想

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』第3話。「綿流し編」の前編。

今回も細かな違いはあるものの(詩音と会うまでの導入部分とか)、基本的にはアニメ版とほぼ変わらない作りになっていた。今回は新たに魅音の双子の妹・詩音が登場したほか、1シーンだけだけど謎の少女も登場。また鷹野さんの存在感も増した(死んじゃったけど)。「鬼隠し編」では分かっていなかった雛見沢の秘密も少し明かされたりして、また続きが気になる面白さだった。今回も怖いけど、今回はどっちかというと怪談話を聞いてるような怖さだった。

NGT推しの観点としては魅音・詩音をりかちゃんが一人二役でやっているのでほぼりかちゃん出ずっぱりな回だった。性格の違う2人を演じ分けるというのも大変だと思うが、結構頑張っていたと思う。しかし今回はNGT好きだとこんがらがりそうなシーンもあったな。りかちゃんがやってるのは魅音・詩音だけど、『ひぐらし』には梨花ちゃん(演じるのはひなたん)がいるので、圭一が詩音に「俺は梨花ちゃんの演舞が見ていたかっただけなんだ!」って言ってるシーンは「お前が話してるのもりかちゃんだぞ!」って思ってなんか面白かった。

出番が大きく増えたきたりえ(鷹野)は怪しさ全開。今回は見ている側の不安を煽る大事な役だったけど、やっぱり経験の分だけ他のNGTメンバーよりもちょっと上手いなと思った。焼死体になっちゃったけど。かば焼k(ry

「鬼隠し編」では出番のなかったおかっぱ(謎の少女)も一瞬だけ登場。存在感はあったけど、これ、セリフあるんだろうか。

エキストラではメイドさん(風店員)役で前回に続いてもふちゃんとアヤカニ、そして今回はがたねぇとおーたきも登場。がたねぇとおーたきはセリフあり。田舎なのにレベルの高い店だ。そしてヤンキーに詰め寄る謎のホッケー部役でおぎゆか、あんじゅ、あやにゃんも登場(セリフなし)。ダントツで年下なのにまったくそう見えないあんじゅの存在感。そして妙に顔色の悪いあやにゃん。この3人は今回もあったお祭りのシーンで出てこなかったので今回が初登場。これでおそらく出ないであろうゆきりん以外は全員出たか。

次回は後編。次回もりかちゃん(梨花ちゃんではない)が中心となりそう。

posted by K at 13:35 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.06.03 巨人5-4日本ハム

初回、長野のタイムリーで巨人が1点を先制。5回には坂本の3ラン、村田のタイムリーで4点を追加し、5-0とする。巨人の先発・菅野は6回まで無失点に抑えるピッチングを見せ、このまま快勝かと思われたが、7回、西川のタイムリーで日本ハムが1点を返すと、投手が代わった8回には、レアードの3ランが出て1点差まで迫られる。そして9回には澤村が2アウト満塁の大ピンチを作るが、最後は谷口をレフトフライに打ち取りゲームセット。辛うじて逃げ切った巨人が5連勝、貯金を3とした。

先発の菅野は7回1失点。5-0となった時は菅野自身も今日は勝てると思っただろうし、まあ実際勝ったんだけど、ここまでヒヤヒヤするとは思ってなかっただろう。菅野自身の調子は普通くらいだったと思うが、球数がちょっと多くなったために7回での降板となり、こういうことになったんだと思う。0点台なのでこれでも防御率が上がって0.61となったが、同じく0点台だった岩貞が今日8失点を喫したため、防御率が2.01まで悪化。これによりセリーグの防御率ランキングでは2位の今永(1.66)に1点以上の差をつけて独走となった。

中継ぎは3失点。田原が2人ランナーを出して、代わったマシソンがホームランを打たれた。マシソンと澤村は4試合連続で投げていたし、今日の点差であれば使いたくなかったという継投なのは分かるが、結局2人とも使うことになってしまったのでこれは継投ミスだった。まあ、マシソンも澤村も1点差からよく抑えたと思う。澤村はまた菅野の勝ちを消すのかと思ってしまったが、最終的に抑えたのでセーフ。5連投でよく耐えた。

打線は中盤までに5点を奪った。阿部は守備につかないと思っていたのだが今日はファーストでスタメン。まあファーストができるならいいのか。今日は坂本、長野、村田と打つべき人が打ったので良かったと思う。あとは3安打ずつでチャンスメイクした大田とクルーズも良かった。

これで5連勝。7連敗のダメージをかなり軽減できたと思う。当然交流戦も暫定首位。苦手のソフトバンク・ロッテと当たる前にできるだけ勝っておきたい。あとそろそろマシソンと澤村を休ませる大勝がほしい。明日の先発は巨人が今村、日本ハムがメンドーサ。前回は7回4失点で負け投手となった今村。明日もできれば7回くらいまで投げてほしいところ。対するメンドーサは今季10試合に投げて4勝3敗、防御率3.20。現在3連勝中と調子が良いが、日曜日に大谷が先発してくるはずなので、明日勝って勝ち越しを決めておきたいところ。

posted by K at 00:42 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする