2016年06月05日

2016.06.05 巨人2-6日本ハム

初回、大田の先頭打者ホームランで巨人が1点を先制。しかし3回、田中の逆転タイムリーと大谷の犠牲フライで日本ハムが3点を挙げ逆転する。その後は自己最速の163キロを記録した大谷の好投などで両チームとも点が入らなかったが、8回、中田の2ランと陽のソロホームランで日本ハムが3点を挙げ突き放した。巨人は9回にエラーで1点を返すが、交流戦初黒星。連勝は6でストップした。

先発の高木は8回6失点。今日に関しては高木が悪いというより首脳陣が引っ張りすぎたと思う。7回終わったところですでに109球投げていたので、そこで代えていれば試合の展開も違っていたかもしれない(大谷が最後まで投げなかったかもしれないし)。ただ、高木が8回投げたことでリリーフが休めたのは良かった。そういう意味で高木はよく頑張った。

打線は2点、うち1点は相手のエラーなので自力で取ったのは大田のホームランのみ。大田はこれで今季3号だけど、これでシーズン自己最多を更新したことになる。ここにきて出番が増え始めてるし、シーズン10本を目指してほしい。まあ今は1番打者なのでもうちょっと打率を上げてほしいところもあるけど。

連勝ストップとなったが、中継ぎは戸根以外休めたし、明日も試合が無いので澤村とマシソンを3日休ませることができた。今日の負けは無駄な負けではなかったと思う。相手も大谷だったし。

最初の2カードで5勝1敗。良い入り方ができた。残り4カードすべて1勝2敗でも5割になる計算なのでだいぶ楽になったけど、交流戦5割だと終わった時にトータルで借金1になってることに気付いたので、5割じゃなくて10勝をまず目標にしたい。

火曜日からはビジターでの6連戦。ここを3勝3敗で行ければ理想的だが、最悪2勝4敗では切り抜けたい。そのためには、できれば最初の西武戦は勝ち越したいところだ。パリーグの球場では阿部をDHに専念させられるし、巨人にとっても悪くはない。あとは強力な西武打線に、内海と大竹が今週並のピッチングを見せてくれれば。

posted by K at 21:48 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする