2016年06月09日

2016.06.09 巨人4-7西武

初回、阿部のタイムリーで巨人が先制。巨人は3回、5回にそれぞれ長野のタイムリーで1点ずつを追加し、3-0とリードする。しかし6回、栗山と浅村のタイムリーで西武が2点を返し1点差とすると、7回には金子のタイムリーで同点、秋山のタイムリーで勝ち越し、そしてメヒアの3ランによって一気に巨人を突き放す。巨人は8回、亀井のタイムリーで1点を返すが、続く満塁のチャンスを活かせず。西武がこのカードを勝ち越した。

先発の大竹は6回2失点。5回までは2安打無失点に抑えていたが、6回に捕まった。それでも6回を投げ切ってリードを保ったまま降板したし、今日の大竹はしっかり仕事をしたと思う。

中継ぎは山口と西村が打たれた。まあきっかけになった大田の守備も良くなかったのは確かだけど、それでも5失点はなあ。もうちょっと踏ん張ってほしかったところではある。

打線は4得点。全部タイムリーだったので点の取り方は良い感じだが、その後の続くチャンスで点が取れなかった。それでも中軸で点を取ったっていうのは良い傾向。これをなんとか明日以降も続けてほしい。大田は今日攻撃も守備も散々だったが、なんだか今年は昨年に比べて色々と荒くなったような気がする。せっかく使われているので結果を出してほしいところだけど。

今日は勝てたかもしれない試合だっただけにもったいないが、昨日勝っておいて良かった。1勝2敗で1つの負け越しにとどめられた。負け方としてもあまり良い負け方ではないけど、明日からのソフトバンク戦は切り替えていきたい。

明日の先発は巨人が菅野、ソフトバンクが東浜。現在37勝15敗で貯金22、勝率が驚異の.712という最強ソフトバンク相手に菅野が挑む。ソフトバンク打線は打率は日本ハムや西武より低いものの、得点はリーグトップ。しっかり点を取ってくる。菅野はもちろんだが、守備陣も気を引き締めて臨んでもらいたい。対する東浜は今季7試合に先発し、4勝0敗、防御率2.34。今季が4年目だが、すでに自己最多の勝ち星を挙げている。こっちは菅野だから、とにかく先制点を取りたい。そうして菅野に少しでも楽に投げさせたい。

posted by K at 23:32 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする