2016年06月25日

2016.06.25 巨人6-7DeNA

初回、長野のタイムリーで巨人が先制。しかし2回、巨人のミスによってDeNAが2点を取り逆転。さらにピッチャー・石田のセーフティスクイズによってもう1点を追加する。4回、巨人は村田の2ランで同点とするが、5回、筒香のタイムリーでDeNAが再度勝ち越し。6回、巨人は大田の犠牲フライで同点とすると、さらに橋本の2点タイムリーで勝ち越す。しかしその裏、戸柱の犠牲フライでDeNAが1点差とすると、8回、エリアンのタイムリー、桑原のタイムリーでDeNAが三度勝ち越し。このリードを守ったDeNAが連勝、巨人に代わって2位浮上となった。

先発のマイコラスは5回4失点(自責1)。今季初登板となったが、まあ初登板ならこれくらいかな、という感じだろうか。昨年中盤以降に見せた圧倒的なピッチングと比べてしまうと見劣りするが、まったく別人になったというほどひどくもない。しばらく様子見。

中継ぎではマシソンが逆転を許した。まあマシソンが打たれたら仕方ないという感じだが、勝ちたかった。

打線は食らいついたがあと一歩及ばず。打線は良くなってきているが、その代わり今日はまずい守備があった。打力と守備力を両立させられないものだろうか。あ、村田は1000打点おめでとう。ホームランで決めるあたりやっぱりホームランバッターなんだなと思った。

これで借金3。ここでなんとしても止めたい。4まで行くとズルズルいきそうな気がする。明日の先発は巨人が内海、DeNAがモスコーソ。交流戦で安定していた内海をここに持ってきた。DeNA戦は今季2度目で、前回は6回途中3失点だった。中継ぎは不安定な状態なので、できれば7回を投げ切って直接マシソン、澤村につなぎたい。対するモスコーソとは今季3度目の対戦。過去2度はいずれも巨人は敗れており、とくに前回の対戦では1失点完投を許している。そのころより打線は良くなっているはずなので、内海を援護したい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 22:53 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』第6話の感想

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』最終第6話。「祟殺し編」の後編。

あーもう分かんない、何にも分かんないよ。「鬼隠し編」や「綿流し編」もよく分からないまま終わったけど、推理のしようはあった。でも今回に関しては終わり方も含めてもう何が何だか分からない。まさに圭一と同じパニック状態。初めて前編で死なずに生き残ったと思ったら出番がないまま富竹さんしれっと死んでるし。でもこれは圭一の視点で見てるからまるで違う時空に迷い込んだみたいになってるけど、他の人の視点で見たら圭一完全に頭おかしい人だよなあと思ってしまった。

NGT推しとしては今回もれいにゃー(沙都子)が活躍。沙都子は原作やアニメだともう少し幼い感じなんだけど、それと同じシーンを中3のれいにゃーがやってるのでなんかちょっとセクシー。それはおいといて今回も熱演だった。あとはかなりの存在感を見せたきたりえ(鷹野)。怪しさ満点の良い演技だった。レギュラー以外のメンバーは何度か出てきている綿流しの祭りのシーンだけだったが、もう出すところもなかったのでしょうがないか。

ということでドラマ『ひぐらしのなく頃に』全6話が終了したが、「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」と見てまったく謎が解けないまま終わってしまった。このモヤモヤをどうすればいいのか、と思っていたら、今回の最後に続編の発表があった。「綿流し編」の解答編となる「目明し編」、「鬼隠し編」の解答編となる「罪滅し編」を基に、『ひぐらしのなく頃に解』として11月に全4話が放送されるとのこと。NGTの『ひぐらし』メンバーが今日の公演にもいなかったのでやってくれるんじゃないかと期待していたが、これは素直に嬉しい。でもちょっと待ってくれ、ということは今回の「祟殺し編」の解答編の「皆殺し編」はやらないってことじゃないか。仕方ない、素直にアニメを見るか。

全6話終わっての感想としては非常に面白かった。「NGTのメンバーが主演を務めます!」っていう発表があった当初はすごく叩かれることになるんじゃないかと不安しかなかったのだが、とにかく原作(というよりはアニメ版)に忠実に作ったのが良かったと思う。また、主演の稲葉くんをはじめとするNGT以外のキャストの人たちが素晴らしかったので、NGTのメンバーも演技初挑戦ながら頑張れたんじゃないかと思う。第1話の時点では正直まだ堅い感じがしたが、今日の第6話では演技もかなり上達したように思う。『解』もキャスト・スタッフは変わらないだろうし、期待できる。個人的にはAKBグループが出演するドラマでは『セーラーゾンビ』以来の当たりだった。1ヶ月半楽しませてくれたキャスト・スタッフの皆さんに感謝したい。

本編は今回でひとまず終わりだが、NGTのファンにとっては来週もお楽しみがある。来週は、レギュラーとして出演したかとみな、りかちゃん、れいにゃー、ひなたん、おかっぱ、きたりえの6人が第1話、つまり「鬼隠し編」の前編を見ながらドラマの裏側を語るオーディオコメンタリーが放送される。これは楽しそう。本編ではセリフが無かったおかっぱが喋るのか、期待。

posted by K at 00:47 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする