2016年07月01日

2016.06.30 巨人1-3中日

初回、坂本のホームランで巨人が先制。しかしその直後、福田のタイムリーで中日が同点とする。その後は巨人・大竹、中日・若松がともに譲らない好投を見せ、8回まで1-1が続く。9回、2アウト2,3塁から巨人の2番手、澤村が2者連続のワイルドピッチで2人を返し中日が勝ち越し。若松が完投し、このカードは中日が勝ち越した。

先発の大竹は8回1失点(自責0)。被安打3、無四球と素晴らしいピッチングだった。唯一の失点もエラーからピンチが広がってのものだし、大竹に関しては今日は言うことなし。この調子で今後もお願いしたい。

今季初黒星となった澤村だが打たれたわけではなくほぼ自滅。2者連続ワイルドピッチはちょっとどうしようもない。ただまあ勝ち越しの2点目の方は實松に捕ってほしかった気もする。

打線はわずか2安打。初回の坂本のホームランと2回の村田のヒットだけで3回以降はノーヒット。この3連戦で13安打、うち8安打が昨日だったので負けた2試合でわずか5安打しかしていない。この前のDeNA戦は何だったのか。

これで3カード連続負け越し。どんどん借金が増えていく…。次の2連戦は連勝しないといけない。

明日は休みで土曜日からは秋田でヤクルトとの2連戦。土曜日はおそらく菅野で、日曜日をマイコラスと内海のどっちに投げさせるかというところだろう。とにかく前回崩れた菅野が調子を戻しているかどうか。菅野が崩れたら優勝どころかAクラスも一気に厳しくなる。土曜日は注目だろう。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 00:06 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする